お客様の声

ここでは、私が今までに発音レッスンをさせていただいたクライアント様のご感想を紹介します。

◆ 国内外の学会での英語の発表(口頭、ポスター、座長)の発音サポート

◆ TOEIC対策 

◆ リスニング力UP

などのレッスンもご提供しています!

なお、皆様のプライバシー保護のため、全ての方のお名前を伏せさせて頂いています。

 

 

大きな学会の英語発表で賞を取られました!!

◆ 大阪府 医師 40代男性 M先生

私の英語力をキープしていたのは、必要に迫られてやっていた学会発表や論文を読むことでした。英語にスピーキングやリスニングの技術やルールがあるなどとは、全く知りませんでした。

とにかく英語をここまで楽しく興味深く続けられたことが最も大きいと思います。基本的なことを、飽きずにみっちり練習できました。

実は、今まで折に触れて英語の学習をしようとチャレンジしたことがありましたが、結局3日坊主で終わっていました。続けるというのは、簡単なようで、実は最も難しいと思います。

「やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。」有名な山本五十六の言葉です。

私のなかなか直らない発音とイントネーションを、よく根気強く褒めて頂いたと思います。辛抱して待って頂き、ほんまにありがとう。

先生のレッスンでは、ちょっとした疑問、実はそこに重要な学びのきっかけがあるのにやり過ごしてしまう疑問を具体的に根気よく解説してくれたこと、懇切丁寧に教えてもらえたことがとても助かりました。

特に、先生自作のリスニングのルールを纏めたテキストは良くまとまっていて、学ぶべき内容を整理できて良かったです。私の学習の土台になりました。

そして、聞き取り対策としてのディクテーション。先生の解説がないととてもできませんでした。 先生の耳の能力にはいつも敬服します。

また、「ブラックジャックによろしく」の英語版のレッスンは、先生と一緒にやることによって理解がかなり深まりました。自分一人ではとりあえず音読が関の山でした。

もし、学習を始めた頃の私に今の私から学習計画を提示するなら、まず「読む・書く」と「聴く・話す」は別個のものであると認識すること、そしてこれまでやってきたのは「読む書く」のみで、「聴く話す」は基礎からまたこつこつとやらなければ身に付かないことを伝えます。

そして、「自分に合ったトレーナーに見てもらいながらやらないとなかなか続けられないし、効果が上がりません」とアドバイスします。

エドガー・デールの「ラーニングピラミッド(学習の定着率をメソッドごとに分類したピラミッド図)」によると、いかに良いテキストであっても、読書だけでは0.5%の理解にしか届かないのです。

先生のアシストがあってようやく参考書の理解が進み、実践しながら最後までやり遂げられました。

最近では、下の先生たちに発音のノウハウを話すと、しっかり聞いてもらえるようになりました。僕自身の英会話上達の裏付けがあるからだと思います。

先日の国際学会では、賞もいただくことができました。

これからも英語のプレゼンをより完璧にこなせるよう、努力していきます。次回の発表練習も、よろしくお願いします。

 

M先生、嬉しいお言葉をありがとうございます。

私が何も言わなくても「次はこれを音読してみたいのですが」と自ら課題を持ってこられる姿勢には、感動しかありませんでした。

これからのご成長も、楽しみにしています!

 

 

TOEIC L&R 600点台から【855点】に大躍進!

◆ 大阪府 医師 40代男性 S先生

英語力向上のマイルストーンとして TOEIC 800点 を目指したくて、前から英語の発表練習でお世話になっていたエイミさんにTOEICのサポートもお願いしました。

テスト勉強というのは、どうしてもつまらなくて苦痛なものになりがちですが、今回はとても楽しかったです!!

>>>S先生の TOEIC奮闘記 はこちらです!

 

英語の難しさにがっくりきている人におすすめしたい!

◆ 千葉県 福祉職 50代女性 チャイさん

前に別の発音トレーナーさんの元で発音を習ったことがあり、基礎は持っていましたが、「気を抜くとカタカナ発音に戻ってしまう」「自主練が孤独で続かない」「少しのミスが怖い」といった問題がありました。

エイミさんにお願いしてみて、自習が効果的に続けられるようになり、「これで英語の発音が自分のものになった!」という自信がつきました。

以前の私と同じように「英語難しい、しんどい、自分のできなさにガッカリ」と減点方式で自己評価しがちな人は、エイミさんのモチベーションを上げてくれるレッスン、おすすめです。

>>>チャイさんの詳しいお声はこちらです!

 

 

大手英会話学校に通っていましたが、発音は未知の世界でした。

◆ 大阪府 医師 40代男性 I先生

以前大手の英会話学校に通っていたこともありましたが、英語の発音に関して習ったことはなく、今まで全く無知でした。

自分にとっては未知の世界で、毎回のレッスンが新鮮で楽しかったです。

特に、英語は日本語より母音の数が多く、「あ」が英語では3種類もあることを知った時は衝撃を受けました。

また、英語は日本語よりオーバーリアクション気味に話す必要がありパワーを消費することなど、知れて良かったです。

そういった話はなかなか他では教えてくれないと思いました。

先生ご自身の海外での体験談で、苦労された経験など、貴重なお話をたくさん聞けたのは非常に勉強になり良かったです。

また、発表直前には、どう発音すれば良いのかわからなかった薬剤名の読み方を一緒に調べてもらえてとても助かりました。普通に検索しても出てこない時、あのような調べ方があるとは思いつかず、1人ではまず無理でした。

 

I先生、お仕事も大変な中、「自分の武器を身に付けたい」と地道に英語も頑張られる姿、本当に素晴らしいです!

慣れてこられたら、英語も省エネで話せるようになりますので、引き続き頑張っていきましょう!

 

 

海外での発表直前、必要な英語をピンポイントで練習できました!

◆ 兵庫県 医師 40代女性 K先生

個人レッスンでは、普段意識せずに行なっている声のし方についての確認や、そうだったのか!ということが多く、勉強になりました。

たとえば、自分の専門分野の単語の発音はわかっていると思っていましたが、知っていたのはイギリス発音で、「アメリカ発音の方は知らなかった」とか、

hurt」と「heart」を同じ発音だと思っていたのですが、実は違う音だったとか、

オンライン英会話でどこの国の先生を選んだらいいのか悩む時にはこういう部分で決めれば良い、とか…。

こんな風に「今自分が知りたいこと」をピンポイントで教えてくれるところはなかなかありません。必要な英語をすぐに発音できるようになって良かったです。

海外での初めての発表の直前で、切羽詰まってお願いしたものの、楽しい時間でした。

本当にありがとうございました。

 

K先生、海外英語発表デビューのサポートをさせて頂き、本当にありがとうございました。

「神戸の人なんだー、と身近に感じて」とのお言葉も嬉しかったです。もしどこかで私を発見されましたら、ぜひお声がけください^^

 

 

これまで英語が聞き取れなかった理由が、理解できました!

◆ 兵庫県 医師 30代男性 O先生

英語は、はっきり発音しない音がたくさんある、というのは衝撃的でした。これまで知らずにいたので、理解できて本当に良かったです。

こういうことが分かりだすと、これまでどうして英語が聞き取れなかったのかがよく理解できますね。

自分がこうだろう」と思っているように発音されてないのだから、聞き取れないのは当たり前なのですね。

これまでリスニング練習のやり方がわからず困っていましたが、これで悩みが晴れました。地道に発音練習を続けることにします。

発表まで時間がない中でしたが、質疑応答まで一通りすべて練習でき、助かりました。また次回もよろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

 

 

大嫌いだった「自分の声を聞く」練習が楽しくなった!

◆ 大阪府 医師 40代男性  T先生

今回、発音トレーニングを受けて、二点大きく改善したことがありました。

唇の形を気にすることと、語尾を下げることです。

私は、喉で発声することだけにこだわりすぎていました。

「唇の形に注意することも、同じくらい大切ですよ」とアドバイスをいただいた後、LやNの後に舌を移動するのが忙しく感じていたことが解消されました。

「アヒル口がホームポジションである」と意識していれば、必要以上に口を大きく開ける必要がなく、次に続く音に対応しやすいのですね。

日本語を滑舌よく喋るように母音ごとに口を動かしていてはだめなのだとよく分かりました。

そしてFとVは、唇にどう息を当てるかという、息の当て方を考える必要があったことがわかりました。

「英語はアヒル口が基本の形」としっかり意識できたこと、そしてFとVの改善、これらのことが大きな収穫でした。

次に、語尾を下げて読むということについて書きます。

これによって、私の問題であった「最初の読み出しは腹式発声ができていても、徐々に声が高くなり、最後には胸発声に戻ってしまう」という現象が解消され、リズムも取りやすくなりました。

ウェーブを描くように発音していく と理解してやっていたつもりでしたが、実践できてなく、全く理解不足であったことを痛感しました。

2ヶ月前の自分の声を今聞くと、本当に恥ずかしいです。

なぜ、これまでスムーズに音読できなかったのか? あるいはネイティブっぽく音読できなかったのか?がよくわかりました。

自分の声を聞く作業は、面倒なだけでなく苦痛なので、自分一人ではなかなか続けられなかったです。60日間、有り難うございました。

 

T先生は、本当に別人のように素敵な声になられました^^ 

「僕はいい声じゃないので…。」と最初におっしゃられていましたが、全然そんなことありませんでしたね。そうなんです。

イイ声は、作れる!!

 

 

日本語でも滑舌が悪かった悩みが、英語の発音学習で同時に改善!

◆ 東京都 50代男性 S様

仕事での英語関係のことは英語のできる部下に任せっきりで、その面ではずっと肩身の狭い思いをしていました。

妻からは「今さらあなたに英語は無理でしょ」と言われ、自分でも正直そう思っていました。

そして私は英語の前に日本語の滑舌もとても悪く、「こんな自分が英語で会話するなんて無理だ」と。でも、エイミさんだけは「今さら無理なんてことは絶対にありません」「英語の発音練習をすれば、日本語の滑舌も良くなって、ご家族の方からも喜ばれますよ」といつも励ましてくれました。

最初は、英語の発音練習でなぜ日本語の滑舌も良くなるのかと疑問に思ったのですが、教えていただいているうちに、「とにかく私は舌の筋肉が足りていないんだ」とよく解りました。

先生から「舌は筋肉のかたまりなんです」と言われた時、最初はポカーンでした(笑)。舌の筋肉が足りていないから滑舌が悪い、だから筋トレしよう、だったんですね。

そして、いつも私のレベルに合わせたトレーニングにしていただいたおかげで、確かに前より日本語も英語も言葉が伝わりやすくなってきたように感じます。

「一人一人のレベルに合わせる」、言うは易しですが、やるのはほんとに大変ですよ。

いつも本当にありがとうございます。

先生は時々とても厳しいですが(笑)、私に怠けさせないための愛情ゆえと分かるので、先生の熱血レッスンでここまで続けてこれました。

本当にありがとうございました。

 

 

60代でも遅くない。ネイティブの英語も段々聞き取れるように!

◆ 大阪府 会社経営 60代男性 A様

ひとつひとつのこと、とても丁寧に教えてもらってると感じます。

毎回、テキストに発音記号を記入していただいたり、リンキングの箇所もカタカナにして分かりやすくしていただいたり、非常に理解しやすく、助かります。

発音が上手く出来ない時、こちらは自分にうんざりしてしまうのですが、必ず励まして繰り返し指導してもらえて、有り難かったです。

さらに私に役立つ資料の提供や、それらの指導。「そこまでしてもらっていいんですか」という感じです。

正直なところ、「もう年だし、そんなに真剣に頑張らんでもいいだろう」と思っていたのですが、先生がこれだけ一所懸命に動いてくれているのだから出来る限りのことはやらないとと、前向きな気持ちに変われました。

もはや神戸に足を向けて寝られません。

最近はテレビなどで英語が出てきたら、意識して耳を傾けたらわかる時があり、嬉しいです

今度の海外出張、頑張ります。出来の悪い生徒ですが、今後もよろしくお願い致します。

 

 

>発音個別レッスンは、お申込み多数のため受付を一旦停止中です。ご興味を持っていただけましたら、ページ下のメルマガにご登録の上、案内をお待ちいただければと思います!

 

 

 

投稿日:2019年9月24日 更新日:

執筆者:

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  7. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  8. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  9. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  10. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 日本の「ソーシャルディスタンス」使い方は正しい? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【3】
  13. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  14. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  15. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  16. 「オーバーシュート」は通じる?「感染爆発」英語でどう言う?
  17. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  18. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  19. 「集団免疫」英語でどう言う? 発音&聞き取りが難しめなので解説します
  20. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。