★このサイトに出てくるひとたち 5人★

 

エイミと4人のドクターたちが、英語を頑張る日本人医師のために発音解説をしています!

 

エイミ

英語を発音から教えている人。

得意分野は、医学・統計学の英語を 話す聞く ための指導をすること。

実は学生時代は英語が大嫌いだった。

もしも高校生の時の自分に「将来は英語の先生になるよ」と伝えられたら、「なんでそんなことに!!」と泣いて抗議されるだろうなといつも思っている。

 

レン先生

エイミの一番最初のお医者さんのクライアントさん。

発音は苦手だったけれど、持ち前の熱意でどんどん成長された外科医の先生。

僕はERでゆーたらモーゲンスタン部長なんやで?」という名言はエイミの爆笑をさらった。

40代後半にして初めて英会話を始め、国内外での英語での発表はもちろんのこと、英語でいろんなことに挑戦中。

 

サトシ先生

40代前半の外科医の先生。英語は学生の時から苦手で、駅前留学などにトライしてみたもののうまくいかず、エイミと発音や文法を猛特訓中。

英会話はネイティブと話せばできるようになると思っていたけど、そうじゃないって良くわかったよ」としみじみ語る。

学会では座長を務められることもあり、人気記事 座長の英語シリーズ はサトシ先生とのレッスンから生まれた。

写真のマロ眉わんこは、エイミの実家の日本犬。

 

ナミ先生

30代内科医の女性の先生。「英語から逃げてきたけれど、仕事で必要になっちゃって、もうどうにも逃げられにゃい」と英会話界にカムバック。

最初は自分の専門分野の単語も発音できず困っておられたものの、音感の良さを武器に、めきめき上達中。

写真はエイミの実家のニャンコ。

 

ゴリラ先生

こわもてだけれど、心優しい30代の小児科医の先生。これからまだ留学の話もありそうなので、キャリアのためにコツコツ英会話力を積み上げ中。

フィリピン留学に興味を持ち、「ちょっと行って来ます」とサクッと数日でセブ島留学も経験した行動派。

「ゴリラ先生の顔が見えただけでなぜか爆笑できる」と、読者さんから大人気!

 
 
 

投稿日:2020年2月22日 更新日:

執筆者:

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  3. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  8. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  12. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  13. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  14. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  19. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  20. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。