ポッドキャスト 医療ドラマ英会話

【第102回】診療英会話〜再診患者さんへ「どうですか」英語でどう言う?

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんのために私の方でレッスンの復習用にお作りしている音声データを公開しているものです。

この時のレッスンは「喉の診察の英語表現をERから学習する」というものでした。

この場面は何度も来られている患者さんへ「こんにちは、体調はどうですかとあいさつする台詞から始まるのですが、さてグリーン先生はなんと声を掛けるのでしょうか?

今回も一緒に頑張りましょう!

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で8分24秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

ERの診療場面でリスニングチャレンジ!

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回の患者さんは、グリーン先生をかかりつけにしているロレッタさんの息子、ジミーです。

グリーン先生はジミーの診察のため診察室へと向かいますが、ロレッタさんの今の体調についても気になっています。

グリーン先生が診察室へ入るところから会話を聞いて頂き、どんな話をしているのか考えてみましょう。

それでは、どうぞ!

 

◆ リスニングチャレンジ 再診患者さんへ「あれからどう?」

 

さて、いかがでしょうか。

ネイティブの発話なのでとても難しいですが、2回、3回と聞き返して出来るだけ頑張ってみてください。

ヒントとしまして、グリーン先生の最初の一言は、「久しぶりに会った人への声掛け」として一般英会話でも良く使われるあいさつと同じ ものが使われています。

「最近どう?」

「元気にしてた?」

のように使う、あの一言です。

思い出せましたでしょうか?

出来るだけ頑張って聞いていただけたら、下で答え合わせをしましょう!

 

 

 

◆ 答え

Dr. グリーン:やあロレッタ、あれからどう?

Lorreta. How’ve you been?

ロレッタ:お陰様で。先生、うちの子のアニーとジミーよ。ジミーが喉が痛いそうなの。

Good. This is Annie and this is my Jimmy. He says his throat’s sore.

Dr. グリーン:なるほど。[看護師さんから舌圧子を受け取り]じゃ、ジミー、先生に喉を見せてみて。口を大きく開けて、舌を出して。そうそう。アー(と言って)。

Oh, yeah? Well, let me take a look there, Jimmy. Jimmy, please open up your mouth. Stick out your tongue. That’s good. Ahh.

ジミー:アー。

Ahh.

Dr. グリーン:ああ、飲み込むと痛いかな?

Oh, does it hurt when you swallow?

 

答えはこんな感じでした!

少しでも聞き取れたあなた、素晴らしいです。

ただここで終わらせたらもったいないです!

もう少し突っ込んで学習すればもっともっと英語が聞き取れるようになるので、もう少しだけ頑張りましょう!

 

今回の学習ポイント

それでは学習ポイントをまとめます!

 

Dr. グリーン:やあロレッタ、あれからどう?

Lorreta. How‘ve you been?

灰色文字はほぼ発音されていません。太字部分は強く、細字部分は弱く発音されています。

● “How have you been?” は「以前の診察後、体調はいかがですか?」の意味にもなる

“How have you been?” は、久しぶりに会った人に「元気にしてた?」の意味で使われる決まり文句ですが、ERでは診察室で、お医者さんから再診の患者さんへの声掛けとしてもこの表現が使われています。ここで「久しぶり、元気にしてた?」と和訳するのは少しおかしいですから、「最近体調はどうですか?」と大まかに問うようなニュアンスとなるでしょう。

グリーン先生はジミーの診察を済ませた後、ロレッタさんへ「出血は再発していませんか?」と改めて問診を行っています。

● “How have you been?” の発音

ネイティブの How have you been? は、have の発音が省略されることがよくあります。続くyouもかなり弱めのリズムです。

そうなると

How‘ve you been?

ウユビン

のような聞こえ方になります!

 

ロレッタ:お陰様で。先生、うちの子のアニーとジミーよ。ジミーが喉が痛いそうなの。

Good. This is Annie and this is my Jimmy. He says his throat’s sore.

Dr. グリーン:なるほど。じゃ、ジミー、先生に喉を見せてみて。[看護師さんから舌圧子を受け取る。]よし、口を大きく開けて、舌を出して。そうそう。アー(と言って)。

Oh, yeah? Well, let me take a look there, Jimmy. Jimmy, please open up your mouth. Stick out your tongue, that’s good. Ahh.

● “Let me take a look there.” 「では(症状のある場所を)見せてくださいね」

「どこどこを見せてください」「じゃちょっと見ますね」の台詞として、ERでよく出てくる表現です。

● “Open up.” 「(もっと)大きく開けて」

up を付けて動作を大きくしてもらう表現です。類似表現に speak up などがあります。

Could you speak up a bit? 「もう少し大きな声で話してもらえますか?」

● “Stick out your tongue.” 「舌を出して」

「舌を出して」と言いたい時にはこういえばいいということなのですが、この時受講された先生は「”舌を出して” と言ったら思い切りベーと出されてむしろ喉が見えなくなるので、私はこれは言いません」と教えてくださり、なるほどなぁと思ったりしました。言われてみれば、日本人の先生に「舌を出して」と言われたことは一度もないような気がします。

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で8分024秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は ER を使った診療英会話のレッスンの一部をご紹介しました。

特に学習ポイントとなりそうな部分をまとめます。

● 「以前の診察後、いかがですか?」

「久しぶり、元気にしていた?」とよく和訳される “How have you been?” は、「以前の診察後、体調はいかがですか?」と大きく問うニュアンスでも使うことが出来ます。

●  「では(症状のある場所を)見せてくださいね」

“Let me take a look there.”

● 「口を大きく開けてください」

“Please open up your mouth.” 

●「飲み込む時に痛みますか?」

“Does it hurt when you swallow?” 

英語が話せるようになるためには、「表現を覚えて、ネイティブが実際にそれをどう発音しているのかをしっかり聞いて、自分でも同じように発音して、マスターする」というのが一番いいのではないかなと私は思っています。

私は発音オタクであり、リスニングオタクであり、海外医療ドラマオタクなので、医療表現のストックはかなり揃ってます!

医療英会話を勉強されたい方、無料メルマガ講座でもいろいろ発信していますのでよければ↓からメルマガへご参加ください。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第115回】3つのアの練習- gram と drug のアは違う音です!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回のポッドキャストでは、 ミリグラム(milligram)と「英語の3つのア」 の発 …

【第66回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 前編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は ER か …

【第36回】「confidentiality」(守秘義務)のネイティブ発音と例文

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、医療の「 …

【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 医療英語に欠かせない「長い言葉のかたまり」や「長い英文」を英語で発音する時のお …

【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   日々仕事に追われ …

最新記事

  1. 【第67回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 後編
  2. 【第65回】”犬” を “娘” と聞き間違えられた生徒さんのお話
  3. 『新型コロナウイルス』『隔離』の英語の発音は?
  4. 【第15回】リスニングクイズ!「sink」と「think」聞き分けられる?
  5. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q57 4W3
  6. 【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ
  7. 【第96回】ERで診察英会話 Dr. ルイスの場合
  8. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  9. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q43 2W5
  10. 驚異の開封率!?『平均開封率70%』は読者の皆さんのおかげです
  11. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応4【英語丸ごと解説】
  12. 【ERで診療英会話】「ちくっとします」「針入りました」点滴時ネイティブはどう言う?
  13. 【生徒さんの声】留学経験ゼロから英語で学会発表が出来るように!
  14. 【薬剤名の発音どう調べる?】YouTubeで結構解決できます!
  15. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  16. 【第118回&120回】英検準1級のリスニング問題演習 5
  17. 【生徒さんの声】菜々緒さんがなぜ英語が上手いのか、理由がわかりました
  18. 【第79回】「SGLT2」と腎臓組織の英語の発音
  19. 【第33回】electorocardiogram(心電図)を英語らしく発音する方法
  20. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【アヒル口編】
  21. 【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音
  22. 【ERで学ぶ医療英会話】手の術前処置後の報告1【英語丸ごと解説】
  23. 保護中: TOEIC Part2 Q9
  24. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2
  25. 【第9回】医学英語の発音練習には何がオススメですか?
  26. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
  27. 保護中: TOEIC Part2 Q21
  28. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現
  29. 【第91回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の発音練習1
  30. 保護中: TOEIC Part2 Q19
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。