あれこれ ポッドキャスト

【第39回】これでわかる! アメリカ&イギリス発音の決定的違い

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

私は普段アメリカ英語の発音をお教えしているのですが、最近「イギリス英語の発音を教えてもらいたいのですが…」という生徒さんが来てくださったので、生徒さんと一緒にイギリス英語の発音をせっせと練習しています!

そこで今回は、結構違う英米の発音比較と聞き取りを皆さんと一緒にワークをしていきたいと思います。

使うフレーズは、better or worse というフレーズです。

記事とポッドキャスト(インターネットラジオ)でコンテンツを公開しています。

お好みのサービスで発音練習してみてください!

Dr.レン

 

ラジオは通常速度で20分21秒だよ。

早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

あなたは違いがわかりますか?

 

エイミ

それではまず、アメリカ人とイギリス人、

二人のネイティブの発音を聞いてみたいと思います。

以下の音声を聞いて

どちらがアメリカ発音でどちらがイギリス発音か

考えてみましょう!

 

音声1 “I don’t know whether that’s better or worse. Maybe worse.”(それってどうかな…。しない方が良いかも…。)

音声2 “It’s not right or wrong, or better or worse. It’s just harder.”(どちらが正しいかとか、どちらの方がましかということではなく。)

 

 

さて、いかがでしょうか。

どちらがアメリカ英語でどちらがイギリス英語か わかりましたか?

ヒントは、、、

① アメリカ英語はR母音をはっきり発音し、イギリス英語はR母音のRを発音しません

→ better の「ター」や worse の「ワー」でRが聞こえればアメリカ英語、聞こえなければイギリス英語です。

② 非強勢音節でのTは、アメリカ英語ではDまたはLに変化させて発音し、イギリス英語でははっきり T で発音します

→ better の「ター」が「ダァ」や「ラァ」と聞こえればアメリカ英語、「ツァ」と聞こえればイギリス英語です。

一度でよくわからなくても、繰り返して聞いて大丈夫です。

よーーく聞き比べて、一つでも違いを見つけてみてくださいね!

それでは答えをどうぞ!

 

 

 

 

◆ 【答え】音声1 → イギリス英語 “I don’t know whether that’s better or worse. Maybe worse.”

 

◆ 【答え】音声2 → アメリカ英語 “It’s not right or wrong, or better or worse. It’s just harder.”

 

エイミ

ということで、

音声1がイギリス発音

音声2がアメリカ発音でした!

レン先生、違いがわかりましたか?

 

Dr.レン

better の「ベダー」と「ベツァー」の違いは

わかったよ…!

でも、それぞれどうやって発音してるのかなぁ…。

同じように発音するのはすごく難しいよ…。

 

エイミ

ではここから

アメリカ発音とイギリス発音の

better or worse 

を一緒に完コピしてみましょう!!

 

アメリカ英語の better or worse

 

better or worse のアメリカ発音のコツは、

① better をベダァと濁らせること

② better の r、or の r、worse の r を全部はっきりと発音すること

の2つです。

 

(「ベラァ」と聞こえることもあります。)

 

そして 声で山を二つ描くイメージ で発音してみましょう!

 

エイミ

アメリカ英語のrは、

口の中で舌の両横を天井に押し付け、

舌を「凹」の形にして、声を出します。

喉の奥で低くゴロゴロと声を響かせられれば

うまく出来ています!

 

 

Dr.レン

自分で発音出来るようになれば

だんだんスムーズに聞き取れるようになるよ。

ラジオでは一緒に

アメリカ英語の R を発音練習していくよ!

 

 

イギリス英語の better or worse

 

better or worse のイギリス発音のコツは、

① better をベツァと発音すること(「タ」で舌を強めに弾く)

② better の r、or の r、worse の r は全て発音しない

の2つです。

 

(発音記号も r が全部抜けていることに注目です。)

 

そしてこちらも 声で山を二つ描くイメージ で発音してみましょう!

 

エイミ

アメリカ英語と違い、

Rを発音しなくていいところは

私たち日本人に取って嬉しいポイントですね!

ただ、better は

「ター」でかなり強く舌先を弾かないと

上手く発音できません。

「ツァー」と言うイメージで頑張ってみましょう!

 

Dr.レン

イギリス英語の R 抜き発音も

ラジオで一緒に練習してみよう!

 

 

それでは、今日はここまでです!

ラジオでは、私と皆さんとで一緒に 米語と英語それぞれの better or worse の発音練習 をしていきます。

頑張りましょう!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

今回は、better or worse というフレーズを使い、アメリカ英語とイギリス英語の発音の違いを一緒に学習していきました。

アメリカ発音では

 

イギリス発音では

となります。(ただ、地域差、個人差、年代差などあります!)

ちなみに今回、レッスンで生徒さんと一緒に練習させて頂いたのは

What positions make your symptoms better or worse?

どんな姿勢をとると症状がましになったり、ひどくなったりしますか?

という問診時の英語表現でした。

普段は「ベダァ」と米語で発音している私ですが、イギリス英語の「ベツァー」もカッコよくて好きなので、レッスンとても楽しかったです!

しかし気を抜くとすぐにRが入ってしまう…。

これからイギリス英語の発音ももっと練習していきたいと思います。

 

-あれこれ, ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第15回】リスニングクイズ!「sink」と「think」聞き分けられる?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は医学英語で …

【第8回】英語の学会発表 ~理想の準備の進め方~

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「英語の学会発表の準備は、いつからどのように進めていけばよいか、手順やタ …

英検1級受験記【3】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     この記事では、英検1級の英作文・エッセイ・スピーキングで出題傾向のある「キーワード」を …

英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 大谷翔平選手が通訳の水原一平さんによって金銭窃盗被害を受けたとされる米国のメデ …

【第93回】ハリソン内科学のポッドキャストで発音練習!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

最新記事

  1. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応 1 【英語丸ごと解説】
  2. 【第 109 回】 “sit” (座る)を日本人が発音すると “shit” に聞こえます
  3. 【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語
  4. 【第91回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の発音練習1
  5. 【第71回】every は「エブリ」じゃない! リスニング力本気上げ発音講座
  6. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  7. 【第131回 】stress を「ストレス」と言わないで!子音連続の発音練習
  8. 【第43回】’文発音’ のコツをスティーブ・ジョブス伝説のスピーチで解説します!
  9. 【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】
  10. 【腹部4区分】右下腹部、右上腹部、左下腹部… Quadrant の発音をERで学ぼう!
  11. 【第116回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の音読練習 2
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】胸部X線の所見説明1 【英語丸ごと解説】
  13. “th” の発音のコツ【ER・プリズンブレイク・グレイズアナトミーで解説】
  14. 【ERで診療英会話】「ちくっとします」「針入りました」点滴時ネイティブはどう言う?
  15. 【医療者の英語】血圧が「110の90」「低い、高い」「上がった、下がった」どう言う?
  16. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  17. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  18. 【第112回】英検準1級のリスニング問題演習 4
  19. 英検準1級にS-CBT形式で一発合格!合格のカギと注意点を聞いてみた!
  20. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  21. 【第89回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 3
  22. 【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】
  23. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  24. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  25. 【第74回】生徒さんからの最近の質問まとめ 2022 【1】
  26. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  27. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  28. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  29. 【タキサン系薬剤3種類】を英語で正しく発音しよう!
  30. 【学会レポ】座長編「外国人の読めない名前をなんとか発音する方法」
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。