ポッドキャスト 医療ドラマ英会話

【第38回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【2】

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は「ER のワンシーンをまるまる発話練習していくシリーズ」の、大動脈解離の患者さんの術後回診ブリーフィング(状態説明)後半です。

「オペ自体は成功でしたが、患者の両脚に不全対麻痺が起こっています。」

「それで今朝は?」

「エコーで駆出率は15%、尿素窒素45、クレアチニン2、血圧180の110です。」

この会話、英語ネイティブはどのような表現や発音で話すのでしょうか?

記事とポッドキャストでコンテンツを公開していますので、お好みのサービスで発音練習してみてください!

●「大動脈解離の術後ブリーフィングで英語学習 前半」の記事はこちら

 

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で29分08秒だよ。

早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

ネイティブはこうブリーフィングする

 

エイミ

今回見ていく ER の場面は、

ある日の回診で、

循環器外科のヴューセリッチ先生が

外科レジデント3年目のベントン先生に

患者さんの状態説明を求めているシーンです。

前回の記事では、ベントン先生の最初の一言

「第9病日です。大動脈解離の患者で、

人工血管置換術でオペを行いました。」

という台詞を学習していきました。

今回はその続きを聞いていきます。

まずは聞き取りにチャレンジしましょう!

 

◆ 【聞き取りにトライ】「オペは成功でしたが…」ネイティブはどう言う?

Dr. ベントン:オペ自体は成功でしたが、患者の両下肢に不全対麻痺が起こっています。

_______________, __________________.

Dr. ヴューセリッチ:それで今朝は?

And this morning?

Dr. ベントン:エコーで駆出率は15%、尿素窒素45、クレアチニン2、血圧は180の110です。

Well, Echo shows ejection fraction of 15%, BUN’s 45, creatinine two. BP’s 180 over 110.

Dr. ヴューセリッチ:そこから考えられるのは?

______________?

Dr. ベントン:鬱血性心不全に腎不全かと。

________ heart failure, renal insufficiency?

【英語音声のみ】

 

さて、ヴューセリッチ先生とベントン先生が何と言っているか、わかりましたか?

ネイティブ同士の会話なので、ものすごく速いですね!

日本語訳をヒントにして、ぜひ繰り返してよーーく聞いて、考えてみてくださいね!

「オペ自体は成功でしたが…

「そこから考えられるのは?」

の英語表現は?

考えていただいたら、答えをどうぞ!

 

 

 

 

 

◆ 答え 

Dr. ベントン:オペ自体は成功でしたが、患者の両下肢に不全対麻痺が起こっています。

Patient’s surgical course was unremarkable, though there is evidence of partial paraplegia in the lower extremities.

Dr. ヴューセリッチ:それで今朝は?

And this morning?

Dr. ベントン:エコーで駆出率は15%、尿素窒素45、クレアチニン2、血圧は180の110です。

Well, Echo shows ejection fraction of 15%, BUN’s 45, creatinine two. BP’s 180 over 110.

Dr. ヴューセリッチ:そこから考えられるのは?

Suggesting what?

Dr. ベントン:鬱血性心不全に腎不全かと。

Congestive heart failure, renal insufficiency?

【日本語吹替と英語音声を連続で】

 

ということで、ベントン先生の「オペは成功でしたが」の表現は、

Patient’s surgical course was unremarkable, though 

でした!

“unremarkable”(特筆事項のない、問題のない)は、医療界では頻出の英単語かと思います。

ただ、「知ってる単語だけれど全然聞き取れなかった…!」という方は、ぜひこの先の解説を読んでみてくださいね。

(ラジオでも詳しく説明しています!)

また、ヴューセリッチ先生の「そこから考えられるのは?」の表現は、

Suggesting what?

でした!

これまた医療界頻出単語の一つ、”suggest” (~を示唆している)だったのですが、 こちらも聞き取りは少し難しかったかもしれません。

ここから unremarkable と suggesting の聞き取りのコツをお話ししていきます。

ご参考までにどうぞ!

 

“unremarkable” は「アン」と「マー」しか聞こえません!

エイミ

ゴリラ先生!

ベントン先生の “unremarkable” は

とっても速かったですね。

 

Dr.ゴリラ

速すぎて、正直僕には

unremarkable の「マー」

しか聞き取れなかったです…。

unremarkable が「マー」だけって一体…。

 

エイミ

そうですね、ほぼ「マー」しか聞こえないですよね!

先生の耳は間違っていないです!

英語ネイティブは unremarkable を

un(アン)とmar(マー)しかまともに発音しません。

なので、unremarkable の発音は

「アンマー」なんです!

 

Dr.ゴリラ

アンリマーカブルが「アンマー」…!?

 

【unremarkable】

● 日本人の感覚 → 「アンリマーカブル」(全部の音が、ちゃんと聞こえるように。)

● 英語人の感覚 → “アン マー カボウ (「アン」と「マー」だけちゃんと聞こえればOK。あとは大体でOK。)

 

ということで unremarkable は、音の山を二つ作るようなイメージで発音してみましょう!

 

エイミ

参考までに、ネイティブの unremarkable の発音を

4つ集めてみました!

連続で聞くと

「音のかたまりが二つある」感覚が

見えてきやすいかなと思います!

 

◆unremarkable アン マー カボウの発音 4つ連続で

 

1つ目:ベントン先生の unremarkable

2つ目:-and fairly unremarkable.

3つ目:-the radiology report went on to say that my pancreas was unremarkable.

4つ目:-it’s just an unremarkable video of a dad and the son playing.

 

正確には ri と kable の部分も全然発音されていないわけではなく、

「こうすれば聞き取れる!」というコツがあるのですが、

少し難しくなるので

また別の機会にお話しできればと思います!

 

“suggesting” は「ジェス」しか聞こえません!

エイミ

続いて、

Suggesting what?”

の部分での suggesting の発音です。

ゴリラ先生、ここはどう聞こえましたか?

 

Dr.ゴリラ

ここは「ジェスワッ、って何だ?」

ってなりましたね!

suggesting が「ジェス」

しか聞こえなかったので…。

最初の「サ」と最後の「ティング」は一体どこに…?

 

エイミ

そうですね、「ジェス」しか聞こえないですよね!

英語ネイティブは suggesting も

ges(ジェス)しかまともに発音しないです。

さっきの remarkable と理屈は同じです! 

 

【suggesting】

● 日本人の感覚 → 「サジェスティング」(全部の音が、ちゃんと聞こえるように。)

● 英語人の感覚 → “ ジェス (ティ)ン (「ジェス」だけちゃんと聞こえればOK。あとは大体でOK。)

 

suggesting は、音の山を一つだけ作るようなイメージで発音してみましょう!

 

エイミ

ネイティブの suggesting の発音を

3つ集めてみました。

連続で聞いて

「音のかたまりが一つだけ」の感覚を

掴んでみましょう!

 

◆suggesting ジェス (ティ)ン の発音 4つ連続で

 

1つ目:ヴューセリッチ先生の suggesting

2つ目:-suggesting that intelligence itself is made up of-

3つ目:-There’s also growing work suggesting that social networks really matter for people when they sign up for programs-

 

それでは今日はここまでです!

ラジオでは、今回の会話全体の聞き取りのコツをもっと詳しくお話しし、同じように発話できるよう、発音練習していきます。

頑張りましょう!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回はERの術後回診のシーンから、「ネイティブはどんな風に患者さんのブリーフィングをするのか?」の続きを学習していきました。

発音面からは、次の2つの単語を取り上げました。

1:unremarkable

アン マー カボウ

 

2:suggesting

ジェス (ティ)ン

unremarkable の re と kable、そして suggesting の su と ting は聞こえにくいですが、実際はまったく発音されていないのではなく、子音だけで発音されています。

(私たち日本人は「子音だけの音」を聞き取るのが苦手です。)

ポイントを押さえて英語を聞き続けていくと、私たちも段々と聞き取れるようになっていきます。

発音や聞き取りのスキルを上げるには、「子音だけの音に意識を向けること」が大きなカギとなります。

 

-ポッドキャスト, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は 外来診療 …

【第64回】「モーニングサービス」は朝食じゃないよ!キリスト教用語です

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は大人の教養 …

【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     この間、ある生徒さんが、 「心臓に「コッホの三角」というのがあります」 と教えてくださ …

【第60回】留学経験なしでも大丈夫! 英語力ゼロから英会話講師になった私の勉強法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は 英語を英 …

【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   第二回目のラジオのトピックは、 …

最新記事

  1. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応 1 【英語丸ごと解説】
  2. 【第 109 回】 “sit” (座る)を日本人が発音すると “shit” に聞こえます
  3. 【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語
  4. 【第91回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の発音練習1
  5. 【第71回】every は「エブリ」じゃない! リスニング力本気上げ発音講座
  6. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  7. 【第131回 】stress を「ストレス」と言わないで!子音連続の発音練習
  8. 【第43回】’文発音’ のコツをスティーブ・ジョブス伝説のスピーチで解説します!
  9. 【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】
  10. 【腹部4区分】右下腹部、右上腹部、左下腹部… Quadrant の発音をERで学ぼう!
  11. 【第116回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の音読練習 2
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】胸部X線の所見説明1 【英語丸ごと解説】
  13. “th” の発音のコツ【ER・プリズンブレイク・グレイズアナトミーで解説】
  14. 【ERで診療英会話】「ちくっとします」「針入りました」点滴時ネイティブはどう言う?
  15. 【医療者の英語】血圧が「110の90」「低い、高い」「上がった、下がった」どう言う?
  16. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  17. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  18. 【第112回】英検準1級のリスニング問題演習 4
  19. 英検準1級にS-CBT形式で一発合格!合格のカギと注意点を聞いてみた!
  20. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  21. 【第89回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 3
  22. 【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】
  23. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  24. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  25. 【第74回】生徒さんからの最近の質問まとめ 2022 【1】
  26. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  27. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  28. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  29. 【タキサン系薬剤3種類】を英語で正しく発音しよう!
  30. 【学会レポ】座長編「外国人の読めない名前をなんとか発音する方法」
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。