学会レポート

【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」

投稿日:2019年7月1日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

「その質問はしてほしくなかった」というタイミングは、おそらく、どんな研究者にも訪れます。

 

ただ、実際の質疑応答を拝見して感じたのは、そんな時にも傷を小さく抑えるための準備をしている人は、やはり強いなということです。

 

ということで今回は、ネイティブや発表上級者が実際に使っている「質疑応答でピンチを乗り越えるためのダメージコントロール英語フレーズ」をご紹介していきます!

 

 

 

1.【詳しく話したくない時・意表をつかれた時】などの交わし方

 

 

サトシ先生

たとえば、こんな質問をされたとしよう。

 

 

・この点については、どのようなご意見でしょうか?

〜〜〜. Could you comment on that?

 

・この点についてはどのようにお考えでしょう?

〜〜〜. Do you have any thoghts on that?

 

 

 

そしてあなたは、

 

 

「あ~、その質問は困ります。」

「そんな方向からは考えませんでした。」

「うーん、どうしよう!」

 

 

と思ったとします。

 

エイミ

そんな時の、

ネイティブ的な丸く収める切り返しは、

たとえばこんな感じです。

 

 

サンプル

 

・それについては詳しく存じておりません。(きっぱり)

Actually, I am not familiar with that.

 

 

・なるほどですね。正直、そのことは考えませんでした。(きっぱり)

That’s a good point. Actually I haven’t thought of that.

 

 

ご提言いただきありがとうございます。調べてみるように致します。(明るく、きっぱり!)

Thank you for bringing that up.

We will look into this.

 

 

 

サトシ先生

ポイントは、

きっぱり正直に説明しつつ、

ポジティブに、素早く話を切り上げる」!

 

エイミ

そういうことです。

詳しくお話ができそうであれば、もちろんされる方が良いでしょう。

でもそれが出来ない時は

「ありがとう! 後で調べます」という前向きな言葉で

切り上げます。

 

 

 

2.【英語力不足で答えられない時】の交わし方

 

 

エイミ

また、

答えたい内容はあるのだけれど、

英語でどう表現すれば良いかわからず、

伝えられそうにない」時。

 

 

エイミ

そのような時にも、

非ネイティブである私たちとしては

「それを正直に伝える」のは恥ずかしくなく、

むしろスマートな姿勢だと私は思います!

 

 

サンプル

ご質問への答えは持ち合わせているのですが、あいにく、英語でどのように表現すれば良いのかうまく考え付きません。
ですので、セッションの後にお話ができましたら、大変有り難く思います。

Well, I think I know the answer to your question, but I’m afraid I can’t really think of a good way to put it in English.

So, I’d appreciate it very much if we can discuss it after the session.

※ think of a good way 良い方法を思いつく、考えつく

 

 

サトシ先生

うむ。

ここまではっきりと伝えられたら、

むしろ格好良いかもしれん。

 

エイミ

can’t really think of a good way to put it in English

(英語での表現がうまく思いつかない)

が難しければ、

ちょっと直接的にはなりますが、

I don’t know how to say it in English

などでも、もちろん伝わります。

 

エイミ

このフレーズは、

相手が日本人であってももちろん使えます。

つまり、日本人同士で英語で行っている学会でも、

英語が出てこなくて困った時は、

このように言えばOKです!

 

 

 

3.【発表テーマから外れた質問をされた時】の交わし方

 

 

エイミ

最後は、これ行っときましょう。

話の本題から逸れた質問をされた時」。

 

 

サトシ先生

「今その話じゃないんだけどなぁ」っていう時ね!

 

 

エイミ

そんな時も、ここまでと同じ流れでいきましょう。

正直に説明+サッと切り上げる」です。

 

 

サンプル

ご質問ありがとうございます。そのことは取り組むべき重要な課題ではありますが、

Thank you for your question. That is an important issue we should address,

 

 

・あいにく、本日の発表の要点ではありません。

but I’m afraid that’s not the point of my presentation today.

 

 

・あいにく、本日の発表の論点から外れています。

but I’m afraid that falls outside my objective today.

 

 

ですので、当セッション終了後にお話をさせていただくべきかと思います。

So I think we should discuss it after the session.

 

 

 

サトシ先生

こんな感じで対応できれば、

グダグダになるのは避けられそう。

 

 

エイミ

事前に何度も口に出して練習しておくと、

本番でちゃんと使うことができますよ!

 

 

 

まとめ

今回は、英語の質疑応答での「返答に窮した時のとっさの一言」をいくつかご紹介しました。

 

良い答えがすぐに思いつかない時の切り返しの鉄則は、

 

できるだけ正直にそのことを伝える。

そして、ポジティブな言葉を使って、素早く切り上げる。

 

という2点です。

 

ピンチは迎えたくないものですが、準備をして逆境を上手く乗り越える人というのは、そつなくこなすだけの人よりも、ずっとカッコいいです!

 

エイミ

事前に出来るだけ対策を考え、

さまざまな場面への対応力を付けていきましょー!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 
 

-学会レポート

執筆者:

関連記事

【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   この記事では、 …

【学会レポ】Vol. 10 使わないと不自然!「えー」「それでは」「さて」を英語でも言おう

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回の記事は、こ …

【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【子音編】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、 英 …

【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。     「 …

最新記事

  1. 【第97回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン1
  2. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  3. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  4. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  6. 【第47回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 前編
  7. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  8. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  9. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  10. 【第92回】二つのウの練習- pull と glucose のウは違う音です!
  11. 【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応1【英語丸ごと解説】
  13. 【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ
  14. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  15. 【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法
  16. 【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います
  17. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  18. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  19. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  20. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  21. 【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし
  22. 【医療の英会話】「〇〇先生を呼ぶ、来てもらう」ネイティブはどう言う?
  23. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  24. 英検1級受験記【6】The Early Solar System「初期の太陽系」
  25. 【第121回】診療英会話〜検査終了後の「着替えてください」どう言う?
  26. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
  27. 【第22回】医療的文脈での「his system」意味と使い方
  28. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  29. 【第111回】診療英会話〜妊娠高血圧症疑いの妊婦さんとその夫とお医者さん
  30. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。