発表の例文

【動画】First を正しく発音するコツ

投稿日:2019年3月3日 更新日:

エイミ

こんにちは!

英語発音コーチのエイミです。

 

発表の流れや、手術の手順など、なにかの順序を説明する時には、

 

First,  はじめに、

Next,  次に、

Third,  3番目に、

After that,  そのあとに、

 

などの言葉が、役に立ちますね!

これらの語句は学会発表の中でほぼ必ず口にするものですが、実は結構、発音が難しいものもあります。

今回は、いちばん出番が多く、そして間違えやすい

 

First,  はじめに、

 

を、英語らしく発音するコツをお話していきます。

急ぎの方は、下の目次から4の動画(約7分)へ進んでください。

余裕のある方は、最初から順に読んでいただくと詳しく理解できます!

 

「f」の発音

それでは、first の最初の F の音から始めていきます!

英語のFは日本語にはない音ですので、この時点で発音を間違えてしまう方が多いです。

正しいFの発音を知っておきましょう。

 

Fの音は、まず、口の両端のあたりに力を入れて、唇の輪郭を持ち上げます。

こんな感じです。

 

【F】唇の輪郭を持ち上げる

 

上唇がキュッと持ち上がり、前歯が外に出るフォームになればOKです!

 

そして、その唇のまま、上の前歯を、下唇の内側のキワに軽くあてます。

前歯を当てる場所は、唇の皮膚と口の中の粘膜との境目 のところです。
グッと噛まずに、前歯は唇に優しくあてましょう。

 

 

これで、Fの発音フォームが完成しました。

最後に、前歯と下唇が接しているところをめがけて、息を強く吹きかけましょう!

 

 

優しく「ふっ。」ではなく、

フッ!

という感じで、強く、鋭く、息を吹き出してください。

これが、firstの f の発音です。

 

 

ファーの ァー【R】の発音

次は、ファーの ァー の部分の発音です。

ここで、「はっきり発音をしよう」と唇を大きく開けてファーと言ってしまう方が多いのですが、firstの ァー は、唇を大きく開ける音ではありません

唇は大きく開かず、軽く、タテに開きましょう。

そして先程の F と同じように、口の端に力を入れて、唇の輪郭を持ち上げます。

 

【R】Fと同じく、この唇を作ります

 

この唇をキープして、口の中で Rの舌 を作っていきますよ。

Rは、口の奥で、舌の両横 を動かします!

 

 

まず、口の奥の方で、舌の両横を上に持ち上げましょう。

そして、舌の両横を上の歯茎(奥歯の内側)にピタッと押し付けます。

この時、舌の真ん中は歯茎に付かないように意識してください。
付けるのは舌の両横だけです。

そうすると、こんなフォームになります!

 

 

舌先には力を入れず、内巻きにもせず、ほったらかしでOKです。

これがRの舌の形です!

 

それでは、唇と舌を、同時に作っていきましょう。

唇の輪郭を立ち上げ、舌の両横を上の歯茎に押し付けます。

そのフォームで、口の奥の方で声を出します。

口の奥から「Rrrrr」とこもったような声が出たら、それが、firstの ァー の音です!

 

firstの「ァー【R】」の発音 まとめ

 

 

それでは、Fの音と、このRの音をつなげて ファー を発音しましょう。

 

firstの「ファー」の発音

・【立てた唇】+【前歯+下唇】のフォームで、前歯と下唇の触れているところへ、強く息を吹き付ける。

・「立てた唇」はキープする。

・前歯を唇から離すと同時に、口の奥で「舌の両横」を上歯茎へ押し付け、声を出す。

 

この動きで、firstのファーが正しく発音できます!

 

 

st の発音

それでは最後に、ファーストの スト (/st/)の部分の発音です。

ここのポイントは、声を出さずに、息だけスト と発音することです。

スもトも、声を出しません。

声を出してはいけない場面で、ヒソヒソ声で、隣の人に「あのさー」と話しかけたりすることがあると思います。

あの時のように声を出さず、息だけで、スト と発音します。

ただし、息は強く吹き出し、息の音が人にハッキリと聞こえるようにしましょう!

 

 

動画で「first」の発音練習をしましょう!

それでは、ここから実際に口を動かして一緒に練習をしていきます。

発音は自分の口を動かして練習しないと絶対に上達しないので、無言で見るだけではなく、ぜひ一緒に発音してみてくださいね!

 

「first」の発音練習

 

 

まとめ

first は、何かの順序を説明する時などに必ず使う頻出単語ですが、日本人は間違った発音をしてしまうことが多いです。

firstは、

 

・f :唇を持ち上げ、前歯を下唇の内側のキワにあて、強く息を吹く。

・ir:唇を持ち上げ、口の奥で、舌の両横を上歯茎に押し付けてRの音を出す。

・st :声を出さずに息だけで発音をする。

 

というフォームで、発音します。

Fを日本語の フ にしたり、ファーで唇を大きく開いたり、ストを声を出して発音したりしないように、気をつけましょう!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-発表の例文

執筆者:

関連記事

【動画】学会発表「本日は~についてお話させて頂きます」を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会発表の出 …

【動画】「Good morning / afternoon / evening」の発音をわかりやすく

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、英語発表 …

【英語の発表例文】「(みんな知っての通り)~ですので」を自然に言う方法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   発表の中で、業界 …

【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   プレゼンスキルと …

【動画】学会発表「お話しする内容は大きく2つです」を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会発表の出 …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  9. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  10. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  11. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  12. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  15. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  16. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  19. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  20. 「もう少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。