ER

「結果を踏まえると」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【4】

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

この記事は、医療ドラマ ER の ケースカンファレンス(症例検討会)のシーン から、英語表現と発音を皆さんにご紹介する4つ目(ラスト)の記事です。

(最初の記事はこちらです。)

今回は、質疑応答セッションの会話の終盤から「結果を踏まえるとなどの表現を学んでいきましょう!

 

「それが起きたんですね」ネイティブは which で繋ぐ 

 

このカンファは、

救急科にて緊急帝王切開をした妊婦さんが子癇前症(妊娠高血圧症候群)であり、お産直後に出血多量で亡くなってしまった

という深刻なケースに関するものです。

 

前回ご紹介したのは、担当医のグリーン先生が、別のドクターから「6時間後にもう一度血圧を測るべきだった」と意見され、「もっと注意を払うべきでした。」と潔くミスを認めたところまででした。

 

 

Dr. グリーンへの質問はさらには続きます。

もう1シーン、見ていきましょう。

 

質問者:What risks do you run using forceps on a macrosonic baby?

巨大児を鉗子分娩させる時のリスクは何ですか?

Dr. Green:A 23% chance of shoulder dystocia.

肩甲難産の確率が23%です。

質問者:Which happened.

それが起こった。

Dr. Green:Yes.

そうです。

 

はい、

Which で話し相手の発言をそのまま引っ張る

英語らしい表現がここでまた出ました。

 

Dr.サトシ

この直前の

「だから尿路感染だと思いました」

も、話し相手の発言を

which で引っ張ってつないでたね!

 

エイミ

そうなんです。

ネイティブはこの

相手の言葉を引っ張る which

本当によく使うので、

私たちも慣れていきたいですね!

 

 

ネイティブはどう言う?「結果を踏まえると」

 

いよいよ質疑応答も終盤です。

 

エイミ

ではここで、

ネイティブの

「結果を踏まえると」

聞き取りにトライ してみましょう!

何と言っているか、わかるでしょうか?

 

【1回目】ネイティブの英語をリスニングチャレンジ!!

質問者:ーーーーーーー, ーーーーーーーーーー?

結果を踏まえますと、どうするべきであったと思いますか。

Dr. Green:I should’ve taken her up to the OB myself. Immediately.

僕自身の手で患者さんを産科に運ぶべきでした。即座に。

 

「それを踏まえて」の英語表現はいろいろとありますが、

ここで使われているものは

日本人も理解しやすく使いやすい、シンプルな言い方の一つだと思います。

文字で見てしまえば、とても簡単な英語です。

 

Dr.サトシ

読めばなんてことない英文も、

聞き取るとなると一苦労なんだよな…。

ここで大ヒントだ。

使われているのは、現在分詞の分詞構文だぜ。

つまり最初の単語は ~ing ね!

 

ヒントを踏まえて、もう一度聞いてみてください!

 

【2回目】「結果を踏まえると」のリスニングに再トライ!

質問者:ーーー the outcome, what ーーーー differently?

結果を踏まえますと、どうするべきであったと思いますか。

Dr. Green:I should’ve taken her up to the OB myself. Immediately.

僕自身の手で患者さんを産科に運ぶべきでした。即座に。

 

どうでしょう、聞き取れましたか?

 

それでは、答えを見てみましょう!

 

【3回目】「結果を踏まえると」の答え合わせ

質問者:Knowing the outcome, what would you have done differently?

結果を踏まえますと、どうするべきであったと思いますか。

Dr. Green:I should’ve taken her up to the OB myself. Immediately.

僕自身の手で患者さんを産科に運ぶべきでした。即座に。

 

この場面の「結果を踏まえると」の表現は、

” Knowing the outcome, “

でした!

 

Dr.サトシ

えー!

knowing とか have なんて聞こえなかったけど?

というあなた用の 発音解説 はこちらです!

 

 

【発音解説】knowing と have の聞き取りのコツ

質問者:Knowing the outcome, what would you have done differently?

結果を踏まえますと、どうするべきであったと思いますか。

◆ 解説【音声1分25秒】

 

 

今回のまとめ

今回は、「結果を踏まえると、あの時、どうするべきだったと思いますか」という英語表現を ER の症例検討会シーンよりご紹介しました。

質問者:Knowing the outcome, what would you have done differently?

結果を踏まえますと、どうするべきであったと思いますか。

 

“Knowing the outcome,” は、非ネイティブにも使いやすいシンプルな表現で良いなと思い、ご紹介してみました。

これは発音するのも簡単です。(英会話ではとても大事なポイントです)

分詞構文は書き言葉でしか使わないのでは?と思われている方が結構おられるのですが、そんなことはなく、仕事の英会話はもちろんのこと、ふつうの日常会話でも使われることがあります。

参考になりましたら幸いです!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-ER

執筆者:

関連記事

【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   「血をサラサラに …

「血圧が高いことに注意を払うべきでした」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【3】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

「そのため、~(病名)だと考えました」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【2】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応2【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   ドラマ「ER 緊 …

「男性・女性を male / female と表現するのはどうなのか?」という議論に対する一つの答え

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   英語で、「63歳 …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  3. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  7. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  8. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  9. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  10. ガクトはなぜ英語の発音が上手いのか?その理由は彼の「発声」にあります!!
  11. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  12. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  13. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  14. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  15. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  16. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  17. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  18. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  19. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  20. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。