医療ドラマ英会話

【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?

投稿日:2019年12月28日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、医療ドラマ ER から

~(病名)の疑いがあります

~(病名)かもしれません

にあたる英語表現を抜き出し、ご紹介します。

 

日本語の「かもしれない」に対する英語の助動詞は、

 could、can、might、may、would

などたくさんあり、英語に慣れていないと、どれを使うべきなのか悩んでしまいます。

ただ、「~の病気かもしれません」で使う助動詞は、実は決まっているんです。

 

それでは見ていきましょう!

 

 

1.人 could have 病名 のパターン

 

結論から行くと、「~(病名)かもしれない」の表現に使われる助動詞は could です。

 

could は、

そういう可能性もあり得る

ひょっとするとそうかもしれない

のような、慎重な言い回しに使う助動詞です。

 

◆ You could have A.

(あなたはAかもしれません)

 

この表現を、続けて4つ見てみましょう。

 

結腸の炎症かもしれません。数時間様子を見て良くならなければ、恐らく手術が必要です。」

You could have an inflammation in the colon. If it doesn’t get better in next couple of hours, you might have to have a surgery. ” 

 

 

子癇前症の症状かもしれません。血圧が少し高いので。」

You could have a condition called preeclampsia. Your blood pressure’s a little elevated. “

 

 

医学生:首が折れているかもしれないんですよ。

You could have a broken neck.

患者:ただのむち打ちだよ。大丈夫さ。

It’s just whiplash. That’s all.

 

心内膜炎という病気かもしれません。細菌が血流に入り込んで、心臓の弁の周りに感染するんです。」

(She) Could have what’s called endocarditis. Bacteria spreads in the blood stream and causes an infection around the heart valves. “

 

 

このように、could ばかり が使われています。

 

もう一つ、人ではなく病状を主語にする方法もあります。

そちらも見ておきましょう。

 

 

2.状態 could be 病名 のパターン

 

「~(病名)の疑いがある」のもう一つのバリエーションは、病状を主語にする表現です。

You could have A. よりやや改まったニュアンスに聞こえます。

 

◆ X could be A.

(Xという状態は、Aという病気かもしれない)

 

Dr.ナミ

これもとっても良く使われる表現ニャ。

3つ、使い方を見てみるニャ!

 

 

「種やナッツを食べた後の腹痛は、憩室炎かもしれません。」

” Stomach pains, plus seeds or nuts, could be diverticulitis. “

 

 

(肺のX線写真の影を説明して)

「(この影は)いろいろと考えられますね。炎症とか、古い病巣の跡とか、知らずに吸い込んだ異物とか、何かの肉芽腫とか。いろんなケースがあります。」

” Well, it could be a number of things. It could be an infiltrate, a dense area of tissue from an old infection. It could be an inhaled foreign body. It could be a granuloma of some sort. It could be a lot of things. “

 

「肺炎か、もしかすると、初期の心不全かもしれません。」

” It could be pneumonia or possibly early heart failure. “

 

 

このように、

~(病名)かもしれない

の表現には、could で対応すると自然です。

 

would be、can be、may be などは、どれも could be より高い可能性を示します。

 

慎重さが求められる場面では、could 以外の助動詞をネイティブは使いたがらないように感じます。

 

Dr.サトシ

言葉のニュアンスに慎重になるのって、

やっぱり大事だよな!

 

 

今回のまとめ

「〇〇の病気かもしれません」「〇〇の疑いがあります」にあたる英語表現には、慎重に可能性を示す助動詞 could が好んで使われます。

 

◆ You/He/She could have A.

(あなた、彼、彼女はAかもしれません)

◆ X could be A.

(Xという状態は、Aという病気かもしれない)

 

could have、could be は、発音するのも簡単です。

ネイティブの音声をよく聞き、イントネーションを真似して、使ってみてください!

 

関連記事:「~(疾病、状態など)の可能性が高い」「低い」って英語で何て言う?

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第90回】「あれどうだった?」英語でどう言う? 海外ドラマで英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     この記事では 「あれ、どうだった?」「上手くいった?」 と英語で言いたい時、ネイティブ …

【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   患者さんに目薬を …

「血圧が高いことに注意を払うべきでした」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【3】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     英語を英語らしく話すには発話にリズム(強弱)を伴わせる必要があります。 日本人は強弱の …

【第66回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 前編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は ER か …

最新記事

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  3. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  4. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 英検準1級をS-CBT形式で受験してみた!当日の流れと注意点まとめ
  7. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  8. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  9. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  10. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 「男性・女性を male / female と表現するのはどうなのか?」という議論に対する一つの答え
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ
  15. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 【英語の発表フレーズ】ネイティブが使う talk about 以外の5つの表現
  18. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
  19. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  20. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  21. 【医療者の英語】血圧が「110の90」「低い、高い」「上がった、下がった」どう言う?
  22. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  23. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  24. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  25. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  26. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  27. 【第71回】every は「エブリ」じゃない! リスニング力本気上げ発音講座
  28. 【第16回】「滅菌」”sterile” の発音を本気でマスターしてみよう
  29. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  30. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。