統計用語の発音

【動画】多変量解析の英語の発音をわかりやすく

投稿日:2019年1月29日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、多変量解析 multivariate analysis の発音方法についてのお話です。

カタカナでは

マルチバリエイト アナリシス

と読みますが、

 

Dr.レン

英語の本当の発音と全然違うよね…。

こんなんで学会で通じるのか、

不安でしかない…。

 

と、心配になってしまったりしますよね。

あなたが不安なくこの用語を口に出すことができるよう、英語らしく発音するコツについて、お話していきます!

 

★ 2021年3月追記 ★

“multivariate analysis” の発音練習のポッドキャストを作りました!

 

通勤しながら、片付けしながら、料理しながら…スキマ時間の発音練習にぜひどうぞ!

 

multivariate analysis の発音を正しくカタカナにする

まずは、英語の発音に忠実に、multivariate analysis をカタカナにしてみましょう。

そうすると、こんな感じになります!

 

【multivariate analysis】

ウティ ヴェリエイ  ナァリシス

/mʌ̀lti véərɪeɪt ənǽləsis/

 

マルチバリエイト アナリシス とはだいぶん違いますね!

では、もう少し細かく発音のコツを確認していきましょう。

 

【multi】の発音のコツ

multi は、いろんな単語の頭に付く接頭辞です。

日本人はマルチと読んでいますが、マルチではなく、

 

モウティ /mʌ́lti/

 

と発音します。

ポイントは、最初のモウの音を 唇を大きく開かないで発音する ことです。

唇はあまり動かさず、「モウ」と言ってみてください!

「マウ」や「ムウ」に聞こえてもOKです。)

 

【variate】の発音のコツ

バリエイトの部分では、日本語にはない V の音が重要です。

バリエイトというよりも ヴェリエイ に近い発音です。

Vは、下唇の内側のキワに前歯の先端を置き、息を吐きながら前歯を離して、ヴェ と発音します!

 

 

日本語の「べ」は唇を閉じて発音しますが、「ヴェ」は唇を閉じません。

前歯と下唇を使いましょう。

そして、ヴェの音は強く、リエイは弱く、

 

ヴェリエイ /véəriate/

 

と言いましょう!

 

【analysis】の発音のコツ

analysis は、単体では

 

ナァリシス /ənǽləsɪs/

 

と発音します。

最初のアの音を小さく、の音を大きく発音するのがポイントです。

ただ、今回のmultivariate analysisでは、multivariate の最後のtの音と、analysis の最初の a の音がつながって、

 

「ダ」ナァリシス /t-ənǽlysis/

 

に変わります!

Dr.レン

ん? t と a がくっつくんなら
「タ」じゃないの?

 

エイミ

イギリス英語では、そうなります。

ただ、アメリカ英語では

音が濁って「ダ」になります!

 

ダは小さい声、ナァは大きい声、リシスは小さい声で発音し、

「ダ」ナァリシス /t-ənǽlysis/

 

となります!

では、multivariate analysisを発音してみましょう!

multi は モウティ

variate は ヴェリエイ

analysis は ダナァリシス

で、

【multivariate analysis】

ウティ ヴェリエイ  ナァリシス

/mʌ̀lti véərɪeɪt ənǽləsis/

 

と、発音します!

 

動画で「multivariate analysis」の発音練習をしましょう!

それでは、ここから実際に口を動かして練習をしていきます。

発音は自分の身体を使って練習しないと絶対に上達しないので、無言で見るだけではなく、ぜひ一緒に発音してみてくださいね!

 

「multivariate analysis」の発音練習

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

まとめ

多変量解析 multivariate analysis は、

ウティ ヴェリエイ  ナァリシス

と発音します。

マルチバリエイトアナリシスではなかなか通じないので、「話す・聞く」ために、英語本来の音に近い発音で頑張りましょう!

 

★ 2021年3月追記 ★

“multivariate analysis” の発音練習のポッドキャストを作りました!

通勤しながら、片付けしながら、料理しながら…スキマ時間の発音練習にぜひどうぞ!

 

-統計用語の発音

執筆者:

関連記事

【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今 …

【動画】「一般化ウィルコクソン検定」の英語の発音をわかりやすく

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事では、一 …

【動画】「カプランマイヤー曲線」の英語の発音をわかりやすく

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   カプランマイヤー …

【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、最近複数 …

【動画】「ログランク検定」の英語の発音をわかりやすく

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事では、ロ …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  9. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  10. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  11. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  12. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  15. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  16. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  19. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  20. 「もう少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。