あれこれ ポッドキャスト

【第94回】とにかく明るい安村さんのBGTフリートークで英語学習!

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんのために私の方でレッスンの復習用にお作りしている音声データを公開しているものです。

この時のレッスンは、日本の芸人さん、とにかく明るい安村さんがイギリスのオーディション番組に出演されている動画を使って英語学習する というテーマで学習をしていきました。

パフォーマンス前のフリートークの時間を、安村さんはどのように切り抜けられたのでしょうか?

司会者さんから安村さんにどんどん質問が飛びますが、私たちはネイティブからの質問を聞き取ることができるでしょうか?

一緒に英語学習してみましょう!

 

Dr.サトシ

今回のラジオは通常速度で16分32秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

BGTのフリートークでリスニングチャレンジ!

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

安村さんが出演された番組、ブリテンズ・ゴット・タレント(Britain’s Got Talent、BGT)から安村さんと審査員さんの会話をリスニングし、何を話しているのか考えてみましょう。

パフォーマンスを披露する前の、場の空気を温めて自己紹介するための会話です。

後半はなかなか難しいですよ!

それでは、どうぞ!

 

◆ リスニングチャレンジ 安村さんと英国審査員とのフリートーク

参考動画:Tonikaku Full Performance | Britain’s Got Talent 2023 Auditions Week2

 

 

さて、いかがでしょうか!

冒頭部分では、安村さんの司会者さんへのフリ、

“Oh, nice tea cup. I like tea.”(あ、素敵なティーカップですね! 私、紅茶好きですよ。)

を司会の女性が上手く広げてくださり、

「私、紅茶大好き!」

「私も大好き!」

イエーイ!と、全体でとても盛り上がっていますね。

その後審査員さんからの質問が複数続きます。

ここの聞き取りが難しいのですが、一度でわからなくても2回、3回と聞き返して、出来るだけ頑張ってみましょう。

もうこれ以上は無理!というところで、下で答え合わせをしましょう!

 

 

 

◆ 答え

女性審査員アリーシャ:お名前は? どこから来られたんですか?

What is your name? And where have you come from?

安村さん:名前は、トニカクです。

I’m Tonikaku.

アリーシャ:トニー、出身はどちら?

Where are you from, Toni?

安村さん:日本です。

Japan. 

アリーシャ:日本大好きよ。

Oh, I love Japan.

安村さん:トニカク日本。

Yeah, Tonikaku Japan.

(会場爆笑)

男性審査員サイモン:なぜブリテンズゴットタレントに出演するためにはるばる飛行機で?

Why have you flown all the way to be on Britain’s Got Talent?

安村さん:王室の皆さんに見てもらいたくて来ました。チャールズ国王も私を気に入ります。

I want to perform to Royal family. King Charles love me.

(サイモンさん笑う)

アリーシャ:で、今日は何をしてくださるんでしょう?これが本業のお仕事ですか?

And what are you doing for us today, is it your day job?

安村さん:そうです。

Yeah.

舞台袖にいる男性タレントさん:なりたいと思ったんなら、そうだよね。

If you wanted to be, it is.

アリーシャ:これで始めて良いかしら?

You wanna just get on with it?

安村さん:オッケーです。

Okay.

 

答えはこんな感じでした。

少しでも聞き取れたあなた、素晴らしいです!

ただここで終わらせたらもったいないです!

もう少し突っ込んで学習すればもっともっと英語がわかる、聞き取れるようになるので、もう少しだけ頑張ってみましょう!

 

今回の学習ポイント

それでは学習ポイントをまとめます!

女性審査員アリーシャ:お名前は? どこから来られたんですか?

What is your name? And where have you come from?

太字部分は強く、細字部分は弱く発音されています。

● Where have you come from? の意味

「どちらからですか?」と言えば私たちは Where are you from? が思い浮かぶことが多いです。

Where are you from? が「ご出身はどちらですか?」と出身地を問う質問であるのに対し、Where have you come from? は「ここに来る前はどこにいて、どこを離れてここへ来られたのですか?」のような質問です。

つまり Where have you come from? は

「今日はどこからですか?」

出身を深掘りするのではなく、柔らかく「今日はどちらから?」

Where have you come from? Where did you leave from to arrive here?

 

男性審査員サイモン:なぜブリテンズゴットタレントに出演するためにはるばる飛行機で?

Why have you flown all the way to be on Britain‘s Got Talent?

太字部分は強く、細字部分は弱く発音されています。グレー部分はほぼ発音されていません。

● flown は fly の過去分詞。have you は「ヴュ」と発音(×ハヴユー)

Why have you flown? どうして飛行機で飛んできたの?

all the way  長い道のりをはるばると

to be on Britain’s Got Talent  この番組に出演する(onする)ために?

発音面からは have の h が発音されていません。

そのため発音は

ワィ ヴュ フロン オー ザウェイ トゥビ オン ブリンッズ ゴッ タレン?

のようになっています。

 

アリーシャ:で、今日は何をしてくださるんでしょう?これが本業のお仕事ですか?

And what are you doing for us today, is it your day job?

太字部分は強く、細字部分は弱く発音されています。グレー部分はほぼ発音されていません。

● day job  

生活費をちゃんと稼ぐことが出来ている仕事。日常的に従事している仕事。本業が休みの時だけ行うような単発の仕事や副業と比較しての「本業」。

 

舞台袖にいる男性タレントさん:なりたいと思ったんなら、そうだよね。

If you wanted to be, it is.

アリーシャ:これで始めて良いかしら?

You wanna just get on with it?

●If you wanted to be, it is.

女性司会者から「芸人があなたの本業か」と尋ねられ、安村さんが「そうです」と答えたことに対し、If you wanted to be a comedian, it is. の意味でおっしゃっているかと思います。(芸人が本業か?というのは人によっては難しい質問かもしれないけれど、資格が必要な職業でもないわけだし、)「”俺は芸人になりたい” と思ったんだから、答えはYesだよね。」

発音面では wanted の t が脱落しています。

イフユ ウォネ トゥビ、イティズ.

●You wanna just get on with it?

get on with Aで「~と一緒の状態で進める、先に進む」。ここでは「ほかに用意するものはないですね?これでパフォーマンスを始められますか?」のような意味でおっしゃっているのかと思います。

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.サトシ

今回のラジオは通常速度で16分32秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は「とにかく明るい安村さんがイギリスのオーディション番組に出演されている動画を使って英語学習する」というテーマで行ったレッスンの内容の一部をご紹介しました。

私はいつもは医療英会話や学会発表のレッスンをご提供していますが、時には少し寄り道してこんなレッスンもどうかなと思い、取り上げさせていただきました。

とりあえず安村さんは本当にすごいです!

芸の完成度の高さもさることながら、お一人で外国に乗り込まれてこの胆力、並外れています。

さらに表情が非常に豊かであり、声が大きく、堂々と積極的に会話を進めていかれる姿勢に脱帽です。

動画を拝見して、笑いながら泣いてしまいました。

学ぶ事がありすぎるので本当はこの動画でもう一本レッスンしたいです。

乗ってきてくださる生徒さんがおられたら、パフォーマンス後のフリートークでの英語学習記事も書ければと思っています。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-あれこれ, ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 大谷翔平選手が通訳の水原一平さんによって金銭窃盗被害を受けたとされる米国のメデ …

【第59回】白い巨塔「アメイジング・グレイス」の歌詞の意味 ~讃美歌に学ぶ西洋文化

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、ドラマ「 …

【第64回】「モーニングサービス」は朝食じゃないよ!キリスト教用語です

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は大人の教養 …

【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は The Resident というアメリカの医療ドラマの第一話 を使って英語学習 …

【第79回】「SGLT2」と腎臓組織の英語の発音

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は SGLT2阻害剤(ナトリウム・グルコース共輸送体2)というお薬について説明され …

最新記事

  1. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  2. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  3. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  4. 【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?
  5. 【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2
  6. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  7. 【第93回】ハリソン内科学のポッドキャストで発音練習!
  8. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  9. 【第95回】Does の発音は「ダズ」ではなく、Didも「ディド」じゃない
  10. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  11. 「カンファレンス」英語で言える?【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【1】
  12. 【胆嚢】ネイティブの『gallbladder』をリスニングチャレンジ!
  13. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【発音調べる編】
  14. 【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ
  15. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現
  16. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  17. 【第106回】座長の英語例文「セッションを予定の時間で進行させる」
  18. 【動画】多変量解析の英語の発音をわかりやすく
  19. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  20. 【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習
  21. 【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?
  22. 【第53回】fully と free を悩まずに聞き分ける方法
  23. 【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由
  24. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  25. zoom レッスンの始め方
  26. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  27. 【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ
  28. “f”と “v” の発音のコツ【ERとフレンズで解説】
  29. 40代ずぼら英会話【5】ドラマで英語学習2:ガチでやるならディクテーション
  30. 【医療者の英語表現】「末期」は terminal だけじゃない! ネイティブは〇〇をよく使う
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。