ポッドキャスト 医療ドラマ英会話

【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回は ER から 外傷性心タンポナーデで来院した10代の男の子とお医者さんの会話 をご紹介していきます。

当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスン受講生さん用にレッスンの復習用にお作りしている音声データの一部です。

 

Dr.ナミ

ラジオは通常速度で7分26秒ニャ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

ERの診療場面でリスニングチャレンジ!

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

最初に ER から会話を聞いて頂き、何を話しているのかを考えてみましょう。

今回の患者さんは、アメフトの試合中に相手チームの強烈なタックルを胸で受けてしまった健康な10代男性、ダニエルくんです。

ダニエルを診察する Dr. グリーンと Dr. ウィーバーは、急性低酸素症、頚静脈怒張、血圧急変などの症状から、心タンポナーデ(pericardial tamponade)と診断します。

 

そこで Dr. ウィーバーが、ダニエルに心タンポナーデの症状と治療法を説明し始める…という場面です。

それでは、どうぞ!

 

◆ リスニングチャレンジ「心臓の周りに出血しているの」

 

ネイティブの発話なのでとても難しいですが、2回、3回と聞き返して、出来るだけ頑張ってみてください!

ポイントとなりそうな部分としまして、

「心臓がちゃんと動いてない」

「麻酔をかける」

を、Dr. ウィーバーは英語で何と言っているでしょうか? 

出来るだけ頑張って聞いていただけたら、下で答え合わせをしましょう!

 

 

 

◆ 答え

Dr. ウィーバー:これ(鈍的外傷からの心タンポナーデ)はあまりないことなんだけど、それはあなたが変わり者だからね。でもあなたのそういうところって素敵よ。心臓の周りの袋に血が溜まって、心臓が正常に動かなくなっているの。今から皮膚を麻痺させて、そこに針を刺して、血を抜くわね。

It’s a bizarre thing, Daniel, which makes you a very bizarre guy. But we like that about you. There’s bleeding in the sac around your heart, so it’s not beating right. We’re gonna numb the area and then we’re gonna insert a needle and drain the blood.

患者(ダニエル):心臓に針を刺すの!?

You’re sticking a needle in my heart?

Dr. ウィーバー:大丈夫、これまでに1000回もしてきたから心配しないで。

Don’t worry, Dan, I’ve done it a thousand times. 

 

答えはこんな感じでした!

少しでも聞き取れたあなた、素晴らしいです。

ただここで終わらせたらもったいないです!

もう少し突っ込んで学習すればもっともっと英語が聞き取れるようになるので、もう少しだけ頑張りましょう!

 

今回の学習ポイント

それでは学習ポイントをまとめます!

 

Dr. ウィーバー:これ(鈍的外傷からの心タンポナーデ)は珍しいことなんだけど、それはあなたが変わり者だからね。でもあなたのそういうところって素敵よ。

It’s a bizarre thing, Daniel, which makes you a very bizarre guy. But we like that about you. 

太字部分は強く、細字部分は弱く発音されています。

● bizarre [bɪzɑ́ːr]  変わった。普通ではない。まれな。

形容詞「ビザー」(ザーにアクセント)は、類義語に strange、weird などがあります。Dr. ウィーバーは、うまく息が吸えずにパニックになり、聞き慣れない医学用語が飛び交う治療室におびえているダニエルにあえてこのようなことを語り掛け、落ち着かせてあげようとしています。ウィーバーがダニエルにこの台詞を言った時、そばにいる実習生のカーターが「この先生すごいな!」とにっこりしています。

 

Dr. ウィーバー:心臓の周りの袋に血が溜まって、心臓がうまく動かなくなっているの。今から皮膚を麻痺させて、そこに針を刺して、血を抜くわね。

There’s bleeding in the sac around your heart, so it’s not beating right. We’re gonna numb the area and then we’re gonna insert a needle and drain the blood.

● “There’s bleeding in the sac around your heart, so it’s not beating right.”「心臓の周りに血が溜まり、心臓が適切に動かなくなっているの。」

“sac” は袋状のもの、ここでは心嚢を指してこう表現しています。”Your heart is not beating right.”「心臓が正常に動いていません。」    

● numb [nʌm]  (動詞)~を麻痺させる。~を麻酔で感覚を失わせる。(形容詞)麻痺して。しびれて。

 

患者(ダニエル):心臓に針を刺すの!?

You’re sticking a needle in my heart?

Dr. ウィーバー:大丈夫、これまでに1000回もしてきたから心配しないで。

Don’t worry, Dan, I’ve done it a thousand times. 

● “Don’t worry, I’ve done it a thousand times. “「これまで十分に経験を積んできているから心配しないで。」

ここの “1000回” は「それくらいたくさんの回数である」という大体のニュアンスだと思われます。日本人が日本語で言うなら、「これまでに100回200回やってきてるんで、大丈夫ですよ。」とかでしょうか。

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.ナミ

ラジオは通常速度で7分26秒ニャ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は ER を使った診療英会話のレッスンの一部をご紹介しました。

学習ポイントとなりそうな部分をまとめます。

● 「心臓の周りの袋に血が溜まっていて、心臓が正常に動かなくなっています」

“There’s bleeding in the sac around your heart, so it’s not beating right.

●  「今から麻酔をかけて、そこに針を刺して、血を抜きます」

“We’re gonna numb the area and then insert a needle and drain the blood.

「これまで十分に経験を積んできている手技・処置なので、大丈夫ですよ。」

Don’t worry, I’ve done it a thousand times. “

英語が話せるようになるためには、「表現を覚えて、ネイティブが実際にそれをどう発音しているのかをしっかり聞いて、自分でも同じように発音して、マスターする」というのが一番いいのではないかなと私は思っています。

私は発音オタクであり、リスニングオタクであり、海外医療ドラマオタクなので、医療表現のストックはかなり揃ってます!

医療英会話を勉強されたい方、無料メルマガ講座でもいろいろ発信していますのでよければ↓からメルマガへご参加ください。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、最近複数 …

【第115回】3つのアの練習- gram と drug のアは違う音です!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回のポッドキャストでは、 ミリグラム(milligram)と「英語の3つのア」 の発 …

【第48回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 後編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、東京五輪 …

【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 英語の濁音は頻繁に清音化する っていうお話 です。 この間、ある先生から「na …

【第77回】グレイズ・アナトミーのパーキンソン病 DBS手術から英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は グレイズ・アナトミーから、パーキンソン病治療のための外科手術、DBS(Deep …

最新記事

  1. 【大実験】TOEICのマークシートにフリクションペンを使った結果
  2. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  3. 保護中: TOEIC Part2 Q8
  4. 【第118回&120回】英検準1級のリスニング問題演習 5
  5. 【第83回】全身麻酔の説明・問診・声掛け、英語でどう言う?
  6. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  7. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q42 2W4
  8. 【第123回】them、that、there は ゼム、ザット、ゼア じゃない
  9. メルマガ登録フォームのシステム不具合を経験して感じたこと
  10. 【第32回】”inflammatory” は「インフラマトリー」ではありません
  11. 【胆嚢】ネイティブの『gallbladder』をリスニングチャレンジ!
  12. 【第110回】”バニラ” を日本人が発音すると “バナナ” に聞こえます
  13. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q5・6 1W2
  14. 【英語の発表フレーズ】ネイティブが使う talk about 以外の5つの表現
  15. 【ニトロの発音はナイトロ】i を アイ と読む医学英語 まとめ
  16. 【第28回】「針を反時計方向に90度回す」の発音練習
  17. おっさん頑張れ!40代ものぐさ英会話【3】漫画で英語学習
  18. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  19. 【第77回】グレイズ・アナトミーのパーキンソン病 DBS手術から英語学習
  20. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  21. 【第100回】英検準1級のリスニング問題演習 2
  22. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応2【英語丸ごと解説】
  23. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q47・48 3W4
  24. 英検1級受験記【1】学習準備・一次試験の流れ・リスニングPart1&2の感想
  25. 【第38回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【2】
  26. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  27. 【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由
  28. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q35 1W3
  29. 【第96回】ERで診察英会話 Dr. ルイスの場合
  30. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応4【英語丸ごと解説】
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。