ポッドキャスト

【第8回】英語の学会発表 ~理想の準備の進め方~

投稿日:2020年6月29日 更新日:

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「英語の学会発表の準備は、いつからどのように進めていけばよいか、手順やタイミングにコツなどはあるのでしょうか?」へ、ラジオでお答えしていきます!

ここ数年、医療界では国内でも英語の学会が増えつつあり、抄録登録から発表本番までの数カ月間に「いつ、何を、どう準備しよう?」と戸惑われる先生も多くおられるようです。

今回は、英語での発表経験豊富なレン先生と、

 

Dr.レン

やほー

 

サトシ先生↓

 

Dr.サトシ

ちーっす!

 

を巻き込んで、お二人のやり方を伺いつつ、英語の発表準備の手順とポイントをまとめてみました!(通常速度で16分31秒です。)

ラジオは、Anchor やポッドキャストなど、お好きなサービスでどうぞ!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

発表準備前半:スライドと英文原稿はいつ作る?

 

英語の発表準備は、大きくは、前半と後半にわけられるのではないかと思います。

前半は、「スライドと英語の原稿を作る」下準備の時間ですね。

そして後半は、「完成したスライドと原稿を使って、本番を想定しながら発表練習をする」純粋な練習時間です。

まずは前半部分に関して、前からお付き合いのあるレン先生に、ご意見を伺ってみました。

 

エイミ

ということで先生!

英語の発表準備の手順について、

何か意識されているコツってありますか?

 

Dr.レン

そりゃ、演題登録したら、

そのままスライドと原稿を作ってしまう ことだね!

抄録を登録して、そこで力尽きたらダメなんですよ。

そのままスライドも原稿も頑張って作るのが大事だね!

 

エイミ

なるほど……!

普通はやっぱり、演題登録した後、

じゃ、また今度(そっと遠くへ)

ってなっちゃいますよね…。

だって本番は何カ月も先ですし。

 

Dr.レン

そうなんだよね!

そもそも、出した直後では、

抄録が受理されるかどうかもわからないしね。

それでも、すぐに取り掛かることを僕はお勧めする。

この話は、海道利実先生の本、

外科医の外科医による

外科医以外にもためになる学会発表12カ条

に書いてあるから、読んでみたら?

 

海道先生の

外科医の外科医による外科医以外にもためになる学会発表12カ条

はこちらです!

 

エイミ

そうなんですね!読んでみます!!

 

~数日後~

 

エイミ

サトシ先生、サトシ先生!

 

Dr.サトシ

なんだね、なんだね!

 

エイミ

かくかくしかじかで、私、

こちらの本を読んで勉強しました!

そしたら、著者の海道先生は、

『抄録書いたらすぐ論文化せよ!』

(抄録出した後、すぐ英文、図、グラフを作ろう!)

とおっしゃっているのですが、

先生もそう思われますか?

 

Dr.サトシ

お、おう…。なるほど…。

正直、論文化まで出来る人はなかなかいないとは

思うけれど…。

正論だと思う。

特に、抄録出した後、

そのまま続けてスライドと原稿を作った方が良い

というのは間違いないね。

だって、それが一番効率的だから。

 

Dr.サトシ

確かにね、

まだ承認されるかどうかもわからない時に、

スライドを作るのはためらってしまうかもしれん。

でも、ここで作ろう!!

ダメだったら、また別の学会に出せば良いんだよ。

抄録で燃え尽きずに、

そのままスライドと読み原稿を作ろう!!

なぜなら、それが一番、時間と体力の省エネだから!

…ってラジオで言っといてください!

 

エイミ

わかりました…!!

 

ということで、レン先生も、海道利実先生も、サトシ先生も、口を揃えて、

抄録から間を空けずにスライドと原稿まで作ろう!

(結局それが一番、自分自身が楽ですよ。)

というご意見でした。

 

エイミ

確かに、どんな仕事でも

一旦間を空けると、

また手を付けるのにすごくエネルギーが

要るものです。

そのまま走り続ける方が

実はしんどさ半減、ストレス半減なんですよね!!

 

 

発表準備後半:原稿は本番1カ月前には準備しよう!

 

さて、ここから後半戦。

ようやく私(英語発音コーチ)の出番です。

スライドと原稿は抄録登録後、そのまま作り始めるとして、それはいつ頃までに出来上がっているべきなのでしょうか?

これは、私がこれまで学会発表のお手伝いをさせて頂いてきた経験から考えますと、遅くとも本番の1カ月前には、とりあえず出来ているべきだと思います!

 

Dr.ナミ

え…そんな前にもう?

1カ月も前に原稿が必要だなんて…。

それだけしっかり発音練習せい!

ってことですかニャ?

 

エイミ

いえいえ、ナミ先生、そうではないんです!

もちろん、発音も込みではありますが、

もっと大切なことをするためなんです。

なぜ1カ月も前に作るかというと…

この原稿をもとに、まだまだ発表を改善していくからです!

 

Dr.ナミ

ほうほう…。

つまり、

一回作って、ハイ、出来た!

じゃダメよ、ということニャ?

 

エイミ

その通りです!

一回作ってハイ完成、では、

良い仕事は出来ません(普通は)。

関係ない話で申し訳ありませんが、

私のラジオも、

録って、聞いて、直して、

録って、聞いて、直して、

何回もこれを繰り返して作っています。

発表も、

話して、直して、話して、直して、

何度も改善を繰り返し、ようやく原稿が固まるわけです!

 

Dr.ナミ

確かにそうだニャ…。

つまり、1カ月前に作るのは、あくまで下書き。

そこから1、2週間かけて

発表練習しながら内容を改善して、

最後の2週間で本当に仕上げる、って感じだニャ?

 

エイミ

そんなイメージで取り組むと、

本番前にはかなり仕上がっていて、

落ち着いて発表に臨めるはずです!!

 

エイミ

そして!

発表練習をされる時には、

ご自分の声を録音、

もしくはビデオで録画をし、

後で必ず聞き返すようにしましょう!

自分がどんな風に話しているか、

どんな身振りをしているか、

客観的に見ると、直すべきポイントがはっきりと

見えてくるはずです。

 

 

Dr.ナミ

自分の声って聞きたくないけれど、

ここは大事なところだから、

キリっ!と発表できるようになるために

しっかり頑張るニャ!

 

以上です!

それでは、ポッドキャストでお会いしましょう!!!(^^)

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

Dr.サトシ

メルマガへの返信で、

あなたからの

医学英語のあれこれに関するお悩みや質問を受付中だよ!!

良いご質問にはラジオで答えていくので

どしどし送ってNE★

   ↓

   

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第11回】医学のトップジャーナル「NEJM」で発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、第9回ラ …

【第75回】自然な英語で「骨挫傷」を患者さんに説明する方法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今日はアメリカのスポーツニュースの動画から、NBAでプレーするプロバスケットボール選手 …

【第20回】ネイティブの「When do l」は聞き取りがめっちゃ難しいの巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、アメリカ …

【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   最近私は The …

【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今 …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  3. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  12. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  13. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  14. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。