ポッドキャスト 医療ドラマ英会話

【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

英語を英語らしく話すには発話にリズム(強弱)を伴わせる必要があります。

日本人は強弱の「強」ばかり頑張ってしまう方が多いのですが、実際は「弱」の発音の方が大切です。

そこで今回は 弱音になる品詞 に注目し、重点的に練習していきます。

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で8分02秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

ERの会話でリスニングチャレンジ!

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回練習題材とする場面は、ERから、ベントン先生とキートン先生との会話です。

外科レジデントのピーター・ベントンは小児外科での研修を選択し、小児外科医のアビー・キートン先生に師事しています。

ある日ふたりは交通事故に遭った生後間もない新生児のオペに入り、順調に手術を進めていきますが、あと少しでオペ終了という時にキートン先生に呼び出しが入りました。

彼女はベントンに「このまま閉じるだけだから頼むわね」と言い残し、手術室を出ます。

しかしベントン先生は肝臓にわずかに見えた繊維片が気になり、自己判断で除去、肝臓を3針縫合してしまいます。その結果患者は急変。キートン先生は乳児救命に奔走することに…。

患者の容体が落ち着いたことを確認したキートン先生がベントン先生と話しているところから会話を聞いて頂き、どんな話をしているのか考えてみましょう。

それでは、どうぞ!

 

◆ リスニングチャレンジ 「あなたは小児外科のことを何も知らないでしょう!」

 

ヒントとしまして、キートン先生はベントンへ「乳児のオペと大人のオペは別物だ」と伝えているのですが、ベントン先生は「でも自分としては~だったんです」と言い返しています。

ベントン先生はなんと言い返しているのでしょうか?

ネイティブの発話なので難しいですが、2回、3回と聞き返して出来るだけ頑張ってみてください。

その後下で答え合わせをしましょう!

 

 

◆ 答え

Dr. ベントン:でもこれまでに、たくさんのほかの患者にこうしてきたんです。

Look, I’ve done it at least a dozen times in other patients.

Dr. キートン:この患者は「ほかの患者」の中の一人じゃないわ。新生児なのよ。(処置室の)外で話しましょう。[二人で廊下へ移動。] あなたは小児外科のことを何も知らないでしょう。 

This is not an ‘other’ patient. This is an infant! Outside now. You don’t know anything about pediatric surgery.

Dr. ベントン:僕は(肝臓に付着していた繊維片除去が)必要だと思ったんです。

Look, I thought it was necessary.

Dr. キートン:あなたには失敗から学ぼうという気持ちがないの?

Are you unwilling to learn from your mistakes?

 

答えはこんな感じでした!

少しでも聞き取れたあなた、素晴らしいです。

ただここで終わらせたらもったいないです!

もう少し突っ込んで学習すればもっともっと英語が聞き取れるようになり、ネイティブと同じように話せるようになるので、もう少しだけ頑張りましょう!

 

今回の学習ポイント

それでは学習ポイントをまとめます。

今回は台詞の意味を追うだけではなく、弱音になる品詞(代名詞 I you it など、前置詞 at in on about など、冠詞 a an the、be動詞 am is など) に注目し、私と皆さんとで英語のリズムを取りながら練習していきます。

小さい文字部分では 音を小さく低く短く しながら口に出してみましょう!

 

Dr. ベントン:でもこれまでに、たくさんのほかの患者にこうしてきたんです。

Look, I’ve done it at least a dozen times in other patients.

ルッ、アブンニダッ リースズンイムス ン イシェンツ.

● “I’ve done it a dozen times.” 「これまでに何度もおこなったことがある」

I have done it、発音は アブンニッ. となります。類似表現として I’ve done it a thousand times. などもあります。

 

Dr. キートン:この患者は「ほかの患者」の中の一人じゃないわ。新生児なのよ。(処置室の)外で話しましょう。[二人で廊下へ移動。] あなたは小児外科のことを何も知らないでしょう。 

This is not an ‘other’ patient. This is an infant! Outside now. You don’t know anything about pediatric surgery.

ディスィズ ノッイシェン. ディスィズァン ンファン. ウサイ ウ. ニティン ァバウ ピーディアチュリッ サージュリィ. 

● “This is not an ‘other’ patient. This is an infant.” 冠詞 an は次の名詞と音がつながることがあります

“an other” が another みたいに発音されているのがここはちょっと難しいところです。”an infant” は音が離れていて聞き取りやすいですが…。どちらにせよ、冠詞3兄弟 an、a、the は、リズムを落として発音します。a か the かどちらかわからないくらいの声量でも全く問題ないので大丈夫です。

 

Dr. ベントン:僕は(肝臓に付着していた繊維片除去が)必要だと思ったんです。

Look, I thought it was necessary.

ルッ、ア tws セサリィ.

Dr. キートン:あなたには失敗から学ぼうという気持ちがないの?

Are you unwilling to learn from your mistakes?

アユ ウィリン トゥ ラーン フムユア ミステイクス?

● “I thought it was necessary.”「私は必要だと思ったんです」

ここは “it was” がほとんど発音されていません。It は発音されないことがとても多いです。

● “Are you unwilling to learn from your mistakes?”「ミスから学ぼうという気持ちはないの?」

形容詞 unwilling は「~する気がない(will が無い)」という意味の単語です。社会人にとってかなりきつい叱責ですね(この後ベントン先生はこの一言にキレて怒鳴り散らします)。この台詞では前置詞 from、代名詞 your などの弱さが真似できるとすごく良いです。from はフロムというよりも フム と発音する感じです! 

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で8分02秒だ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は品詞に注目してネイティブっぽく英語を話す練習の一部をご紹介しました。

文中で弱く発音される傾向の強い単語をまとめます。

● 弱音になりやすい品詞

代名詞 I、you、your、it、this、those など

前置詞 at、in、on、about、from、as など

冠詞 a、an、the

be動詞 am、is、was、were

助動詞 can、could、will、would、should、might など

関係副詞・関係代名詞 that、when、where など

接続詞(文の真ん中で使う時) if、when、while、but など

ネイティブの英語が聞き取れない理由の一つに、この辺りの単語が実際のところほとんど発音されていないから、ということがあります。

少しずつ、そういう英語に慣れていきましょう。

医療英会話を勉強されたい方、無料メルマガ講座でもいろいろ発信していますのでよければ↓からメルマガへご参加ください。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第134回】あなたの「舌力」は何点?英会話の「舌が回らない」解決方法まとめ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     皆さんは英語を話す時、「舌が回らない」「LやRが上手く発音できない」と感じたことはあり …

【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私、昨日のレッス …

【第59回】白い巨塔「アメイジング・グレイス」の歌詞の意味 ~讃美歌に学ぶ西洋文化

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、ドラマ「 …

【第61回】英語で「は?」と聞き返されても気にしない。受け止め方と対処法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は英語を話し …

【第66回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 前編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は ER か …

最新記事

  1. 【第97回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン1
  2. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  3. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  4. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  6. 【第47回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 前編
  7. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  8. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  9. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  10. 【第92回】二つのウの練習- pull と glucose のウは違う音です!
  11. 【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応1【英語丸ごと解説】
  13. 【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ
  14. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  15. 【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法
  16. 【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います
  17. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  18. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  19. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  20. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  21. 【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし
  22. 【医療の英会話】「〇〇先生を呼ぶ、来てもらう」ネイティブはどう言う?
  23. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  24. 英検1級受験記【6】The Early Solar System「初期の太陽系」
  25. 【第121回】診療英会話〜検査終了後の「着替えてください」どう言う?
  26. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
  27. 【第22回】医療的文脈での「his system」意味と使い方
  28. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  29. 【第111回】診療英会話〜妊娠高血圧症疑いの妊婦さんとその夫とお医者さん
  30. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。