ポッドキャスト

【第26回】「大動脈瘤の最先端治療を行っています」ER で発音練習

投稿日:2021年3月9日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、米ドラマ ER のワンシーンを使い、「大動脈瘤の最先端治療を行っています」の聞き取りと発音 を、ラジオで皆さんと一緒にワークしてみたいと思います。

たとえ「大動脈瘤」や「先端治療」の英語表現をちゃんと知っておられたとしても、ネイティブの発話の聞き取りはなかなか難しいですよ…!

それでは、チャレンジしてみましょう!

 

Dr.レン

ラジオは通常速度で13分09秒だよ。

早く聞きたいアナタは倍速などでどうぞ!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

「最先端治療」英語で聞き取れる?

 

ドラマ「ER」の舞台、カウンティー・ジェネラル病院の救急科へ、レイクさんという男性が胸部痛で来院しました。

レイクさんは内科医のスーザン・ルイス先生の担当となりますが、患者のX線写真を見た外科医のベントン先生は「大動脈瘤の可能性がある(手術になるかも)」と考え、同病院の循環器外科医・ヴューセリッチ先生にコンサルテーションを依頼しました。

 

エイミ

ここでルイス先生は、患者のレイクさんに

ヴューセリッチ先生のことを説明するのですが、

ここで「大動脈瘤の最先端治療を行っている先生です

というフレーズが出てきます。

聞いていきましょう!

 

◆【聞き取りにチャレンジ】1回目

レイクさん(患者):ルイス先生は(ヴューセリッチ先生のことを)知ってます?

Do you know him?

Dr. ベントン:いえ、ルイス先生は外科じゃないので。

No, Dr. Lewis isn’t on the surgical team.

Dr. ルイスヴューセリッチ先生は心臓血管外科の権威で、大動脈瘤の最先端治療をなさっています。

Dr. Vucelich is an excellent cardiovascular surgeon, one of the best in the country. He’s ________________________________.

【日本語吹替と英語音声を連続で】

 

 

エイミ

どうやらルイス先生は

ヴューセリッチ先生のことを

ちゃんと知っていたようですね!

レン先生、

ルイス先生の最後の一言、

かなり難しいのですが

何と言っているかわかりましたか?

 

Dr.レン

えーと、最後の

on aortic aneurysms(大動脈瘤に関して)

聞き取れたよ!

でも、その前はなんだろう?

「最先端治療」なら

latest とか advanced とか

そういう単語が出てくるかと思ったんだけど…

全然そんな風に聞こえないなぁ?

 

エイミ

そうですね、今回一番難しいのは

最先端治療」の聞き取りです。

音声の速度を少しゆっくりにして、

もう一度よく聞いてみましょう!

 

 

◆【聞き取りにチャレンジ】2回目(0.7倍速)

Dr. ルイスヴューセリッチ先生は心臓血管外科の権威で、大動脈瘤の最先端治療をなさっています。

Dr. Vucelich is an excellent cardiovascular surgeon, one of the best in the country. He’s _____________________ on aortic aneurysms.

【英語音声のみ(0.7倍速)】

 

 

これで、だいぶ聞こえてきましたか?

 

Dr.レン

うーむ、どうも

ヴェリーベス  ワーク」のように聞こえるけど…

very best work?

そんな言い方するのだろうか?

 

繰り返しよーーく聞いて、考えて頂いたら、答えをどうぞ!!

 

 

 

 

 

◆ 答え

Dr. ベントン:いえ、ルイス先生は外科じゃないので。

No, Dr. Lewis isn’t on the surgical team.

Dr. ルイスヴューセリッチ先生は心臓血管外科の権威で、大動脈瘤の最先端治療をなさっています。

Dr. Vucelich is an excellent cardiovascular surgeon, one of the best in the country. He’s doing very advanced work on aortic aneurysms.

【英語音声のみ】

 

エイミ

ということで、「先進の」は

レン先生の予想された

“advanced” で正解でした!!

“very advanced” で「最先端の」です! 

 

Dr.レン

なんと、advanced で合ってたの?!

いや、待って!

全然「アドバンスト」って聞こえなかったけど

それはどうして?

 

エイミ

それは、advanced の

アド(ad)がまったく発音されていないから

かと思います。

ここでは very advanced が

ヴェリー ヴァンスt」になっているんです!

 

Dr.レン

advancedヴァンスtに…!

だから very best みたいに聞こえたのか!

 

He’s doing very (ad)vanced work  → 

ヒズドゥーイン ヴェリー ヴァンスt ワーk

と思って、この部分だけもう一度聞いてみましょう!

 

 

 

第二音節に強勢が乗る単語は第一音節が聞こえない

 

さて、どうして advanced の発音が「ヴァンス」だけ になってしまうのしょうか?

それは、advance のように第二音節に強勢の乗る単語は、第一音節が非常に弱くなる からです。

 

 

エイミ

たとえば他に、こんな単語もそうです。

こちらも聞いてみてください!

 

(ERより)

そうでもないの。1年くらい前に教会で出会って…。

Not really. About a year. We met at church.

【英語音声】

 

 

エイミ

about は advance と同じように

第二音節に強勢の乗る単語ですが、

どのように聞こえますか?

 

Dr.レン

最初のアが発音されずに、

「バウ」だけになっているね!

About a year. が

バウダイヤー に聞こえるよ。

 

エイミ

その通りです!

他に例を挙げれば、

allow は ラウ に、

adjust は ジャス に、

inform は フォーム

聞こえたりすることがあります。

 

Dr.レン

一つずつ耳鳴らしが大事だね…!

 

 

それでは今回はここまでです!

ラジオでは「大動脈瘤の最先端治療を行っています」の発音を練習していきます!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

今回は、「A(人や施設名)は B(疾病名)の治療において最先端治療を行っている」の英語表現、

A is doing very advanced work on B.

のご紹介とともに、

第二音節に強勢が乗る英単語は第一音節が聞こえなくなることがよくある

という大切な部分をお伝えしていきました。

advance が「ヴァンス」になったり、about が「バウ」になったり、ネイティブは音をどんどん減らして発話します。

ということで、第二音節に強勢が乗る英単語(特に第一音節が母音のもの)は今後要注意です。

これ、強勢が第二音節だけど、最初の音が聞こえなかったらどう聞こえるだろう?」と考えながら英語に触れていると、ネイティブの速い発話であっても、聞き取れる量が増えていきます。

 

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第63回】ピンクレディー世代に捧げる発音講座 want と won’t

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、動詞 w …

【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   前からやってみたかった声のメディア、ラジオを始めました! 第一回目のトピックは、t と s がくっ付く英語の発音のは …

【第46回】五輪カナダ人レポーターが英語で熱くコンビニを語る 後編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、オリンピ …

【第101回】医療の英語表現〜解放骨折とCT撮影

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は The Resident というアメリカの医療ドラマの第一話 を使って英語学習 …

最新記事

  1. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  2. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  3. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  4. 【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?
  5. 【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2
  6. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  7. 【第93回】ハリソン内科学のポッドキャストで発音練習!
  8. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  9. 【第95回】Does の発音は「ダズ」ではなく、Didも「ディド」じゃない
  10. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  11. 「カンファレンス」英語で言える?【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【1】
  12. 【胆嚢】ネイティブの『gallbladder』をリスニングチャレンジ!
  13. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【発音調べる編】
  14. 【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ
  15. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現
  16. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  17. 【第106回】座長の英語例文「セッションを予定の時間で進行させる」
  18. 【動画】多変量解析の英語の発音をわかりやすく
  19. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  20. 【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習
  21. 【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?
  22. 【第53回】fully と free を悩まずに聞き分ける方法
  23. 【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由
  24. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  25. zoom レッスンの始め方
  26. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  27. 【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ
  28. “f”と “v” の発音のコツ【ERとフレンズで解説】
  29. 40代ずぼら英会話【5】ドラマで英語学習2:ガチでやるならディクテーション
  30. 【医療者の英語表現】「末期」は terminal だけじゃない! ネイティブは〇〇をよく使う
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。