医療系英単語の発音

penis の発音はペニスではないという真面目な話

投稿日:2020年2月25日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、泌尿器科の先生以外あまり使われる機会はないかもしれませんが、penis の英語の発音 を取り上げてみたいと思います。

 

というのも、実はこれも カタカナ通りに発音すると通じない英語のひとつ だからです。

実際に使うことは少ないにしても、医療職の方であれば、正しい読み方を知っておきたい単語でもありますね。

ということで、 まじめに penis の正しい発音を聞いてみましょう!!

 

ネイティブの発音を耳でチェック!

 

今日は 医療ドラマ Dr. HOUSE から、penis の発音をご紹介します。

下半身とはまったく関係ない痛みで来院した男性患者さんに、ハウス医師(変わり者の天才診断医)が突然「あそこは痛くないですか?」と尋ね、患者さんを困惑させるシーンです。

ちょっと声が重なっているので、ぜひ集中して聞いてみてください!

 

[ 問診中 ]

Dr. ハウス:この近くに親戚でも?

So, you have a family here in Princeton?

男性患者:いえ。

No.

Dr. ハウス:出張で?

Here on work?

男性患者:いえ。なんでそんなことを…

No. Why are you…

Dr. ハウス:ペニスは痛みますか?

Does your penis hurt?

男性患者:いいえ!どういうことですか!?

No! What? Should it?

 

最後の “Should it?” (そうであるべきですか?)は、地味~に笑うポイントです。

(Dr. HOUSE はこういうひねった笑いがちょこちょこ仕込まれている大人のドラマです。)

 

エイミ

さて!これがペニスの正しい発音です。

サトシ先生、どう聞こえましたか?

 

Dr.サトシ

えーと、

なんかね…。

ピー って言ってたね?

 

Dr.サトシ

ピーナス みたいに聞こえたと思うね…。

 

Dr.サトシ

ペニスって、ピー なんですかね?

 

 

ピー のように聞こえた方。その耳、正しいです。

penis は

 

ピーナス

[píːnɪs]

 

と発音します。

 

 

ネイティブが「〇〇」と聞いて penis と勘違い!?

 

医療ドラマ ER に、こんなワンシーンがあります。

アレルギー症状で呼吸困難になった女性が来院し、受付のジェリーとフランクに「〇〇のアレルギーなんです」と訴えるのですが、なぜか2人はそれを ペニスと聞き間違える という珍事が起きました。

 

事務員ジェリー:ああ、息が苦しそうだ。

Oh, she’s having trouble breathing.

患者の女性:(ぜいぜいしながら)ピ、ピーナs…。

Peanu(t)S….

ジェリー:ペニスだって?

Did she say “penis”?

フランク:こりゃ、変な話になってきたぞ。

This is getting weird.

女性:(声を振り絞って)ピー、ナッ!

Pea,nuT!

ジェリー:ピーナツか!! ピーナッツアレルギーなんだ。学校にそういう同級生がいたな!

PEANUTS! It’s a peanut allergy. I knew a kid who had this in school.

 

 

このシーンは、ピーナツ(peanuts) と ピーナス(penis) の発音が似ている ことを使い、視聴者の笑いを取ろうとしているんですよね。

penis の発音を知っていれば笑えるところですが、知らなければまったく意味がわからないです。

 

Dr.サトシ

ほほう…。

まさかペニスが

ピーナツと語呂合わせされるような発音

だったとは…!!

 

Dr.サトシ

なにかで聞くとも限らないから、

正しい発音、覚えとこう…!!

 

 

今回のまとめ

今回は、penis は正しく発音すると

ピーナス

です、というお話でした。

ご紹介した ER のピーナツとピーナスのシーンは「いつか皆さんにご紹介したいな」と思っていたものだったので、この記事が書けて嬉しいです。笑

さて最後にちょっと種明かしです。

なぜ pe と書いてピーと読むのだろう?と不思議に思われた方もおられると思うのですが、それは、even(イーヴン) の e を イー と読むのと同じ理由です。

英語は、e を エ とも イー とも読みます。

(スペルだけでは エ なのか イー なのかはわかりません。)

必ずしも e = エ ではないのが難しいところですね。

 

このような 母音(アイウエオ)の読み方の落とし穴 は他にもたくさんあるので、記事にまとめたり、メルマガに書いたりしています。

興味のある方はいろいろとチェックしてみてください^^

 

それでは今日は終わりです!!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

母音の落とし穴をもっと知りたい方は、こちらもぜひどうぞ!

ニトロの発音はナイトロ!【i を アイ と読む医学英語 まとめ】

 

-医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

【第117回】医学論文で英語の音読練習 3

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ジャーナルに掲載されている医学論文の TAKE-HOME MESSAGE を音 …

【第70回】そのカタカナ英語、通じません! “デュアルエナジーCT” の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は先日生徒さんから練習リク …

「同意する」の consent、英語でちゃんと読めますか?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   インフォームドコ …

【ニトロの発音はナイトロ】i を アイ と読む医学英語 まとめ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   英語の i は、 …

【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 英語の濁音は頻繁に清音化する っていうお話 です。 この間、ある先生から「na …

最新記事

  1. 【第104回】英語でチャット〜ポッドキャスト配信アプリのスタッフさんと
  2. 【第71回】every は「エブリ」じゃない! リスニング力本気上げ発音講座
  3. 【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応1【英語丸ごと解説】
  4. 【第36回】「confidentiality」(守秘義務)のネイティブ発音と例文
  5. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  6. メルマガ登録フォームのシステム不具合を経験して感じたこと
  7. 【第41回】留学中最高に面白かった大学の授業を振り返ってみた
  8. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
  9. 【学会レポ】Vol. 4 ダビンチの発音は「チ」が大事
  10. 【第105回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン2
  11. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  12. 【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ
  13. 【第59回】白い巨塔「アメイジング・グレイス」の歌詞の意味 ~讃美歌に学ぶ西洋文化
  14. 【第129&130回】英検準1級のリスニング問題演習 6
  15. 【第123回】them、that、there は ゼム、ザット、ゼア じゃない
  16. 【動画】「カプランマイヤー曲線」の英語の発音をわかりやすく
  17. 【英語の発表フレーズ】ネイティブが使う talk about 以外の5つの表現
  18. 【生徒さんの声】菜々緒さんがなぜ英語が上手いのか、理由がわかりました
  19. 【ERで学ぶ医療英会話】手の術前処置後の報告2【英語丸ごと解説】
  20. 【第83回】全身麻酔の説明・問診・声掛け、英語でどう言う?
  21. 【第79回】「SGLT2」と腎臓組織の英語の発音
  22. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  23. 【第14回】「基礎代謝」と「メタボリックシンドローム」の発音練習
  24. 【腸音】ネイティブの『bowel』の発音を真似してみよう!
  25. 「mEq」ミリイクイバレント を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  26. 【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音
  27. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  28. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【発音調べる編】
  29. 【第58回】”低位舌” は英語の発音にとって大問題
  30. ロサンゼルス・タイムズ「大谷は潔白」米報道に学ぶ英語表現
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。