ポッドキャスト

【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ

投稿日:2020年9月16日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、アルファベットの頭文字をとるタイプの英語の略語(initialism イニシャリズム)の発音練習 を、ポッドキャストで行っていきます!

アルファベットを取る略語は医学英語に山ほど出てきますが、これらをカタカナ発音にしないための発音のコツ、ご存じでしょうか?

 

Dr.ゴリラ

え…。

普通に発音するだけじゃ

ダメなん……?

 

今回は、医療ドラマ ER から、

・EKG(心電図)

・MI(心筋梗塞)

・CBC(血算)

・FHT(胎児心音)

のネイティブ発音を聞き、アルファベット略語の発音方法をマスターしていきましょう!

 

Dr.ゴリラ

今日は通常速度で10分11秒だ。

早く聞きたいアナタは倍速などでどうぞ!!

 

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

頭文字の略語発音ルール

 

アルファベットを取る略語は、発音にちょっとしたコツがあります。

それは、「一番最後のアルファベットに第一ストレス(アクセント)を置く」のが基本ルールだということです。

 

エイミ

辞書で確認すると、アルファベット略語は、

後ろの文字に第一ストレスのマーク

(右から左への点)

があることが多いんです。

 

Dr.ゴリラ

ほんまやー!

じゃ、後ろの方をはっきり発音する

感じになるんや!

 

 

エイミ

のような感じなのですが、

日本人の先生は

後ろのアルファベットを

ボソボソ発音されてしまう方が

結構いらっしゃいます。

それだとあまりカッコよくないです…!

 

 

「EKG」と「MI」の発音練習! 

 

Dr.ゴリラ

ということで、さっそく練習だ!

最初の課題は EKGMI だ。

ラジオでは何回も繰り返して聞いてもらうので、

イーケージー

エムァイ

と発音されていることがわかると思います!

真似して発音してみましょう!

 

女性(牧師):するべきことは全部したんでしょう? 病歴に、検査に…。

Did you do everything you were supposed to? Proper history, labs?

男性(医師)心電図をとれば良かった。心臓のモニター。心筋梗塞や不整脈を見逃したのかもしれない。

I could’ve done an EKG. You know, cardiac monitor. Maybe I missed an MI, arrhythmia.

【ネイティブの発音】

 

 

「CBC」と「FHT」の発音練習! 

 

エイミ

続いて、CBC と FHT も練習してみましょう。

スィービースィー

エフエイチティー

と、最後の文字を伸ばし気味に読みます!

 

Dr. グリーン:(検尿の結果として)タンパク質は2+。血算は正常。熱はなし。

‐ 2 plus protein. CBC’s normal. No fever.

【ネイティブの発音】

 

 

Dr. グリーン:胎児心音は正常。クランプも出血もない。

FHT’s normal, no cramps or spotting. 

【ネイティブの発音】

 

 

Dr.ゴリラ

今回の4つの略語以外も、

大体同じような感じに発音するよ。

たとえば、

血圧なら BP

検尿なら UA

深部静脈血栓症なら DVT

後ろにアクセントを置いて発音しよう!

 

それでは、一緒に発音練習していきましょう!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

アルファベット略語は、一番最後のアルファベットをはっきり発音する のが基本ルールです。

私たち日本人は無意識に後ろのアルファベットで声が小さくなることが多いのですが、そうすると英語らしく聞こえません。(何より伝わりづらくなります。)

今回のお話はほんの小さいことのように聞こえるかも…ですが、英語の発音習得は「小さいことの積み重ね」でしかないので、ペラペラきれいに話している人は皆こういった小さな部分に着目しています。

なので、この記事を読んでくださった皆さんは、ぜひ「小さな積み重ね」を大事にしてみてもらえたらなと思います。

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第8回】英語の学会発表 ~理想の準備の進め方~

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「英語の学会発表の準備は、いつからどのように進めていけばよいか、手順やタ …

【第43回】’文発音’ のコツをスティーブ・ジョブス伝説のスピーチで解説します!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回はメルマガ読 …

【第76回】日本人にとって英語習得はどれくらい大変なのか!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今日は「日本人が英語を習得するのはどれくらい大変なのか」というお話です。 米国の FS …

【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今 …

【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私、昨日のレッス …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  15. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  16. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。