あれこれ

【大実験】TOEICのマークシートにフリクションペンを使った結果

投稿日:2019年11月12日 更新日:

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回はちょっと学会とは関係ない話なのですが、

いま、ある先生のTOEICスコアアップ対策をお引き受けしております。

(メインでは英語の学会発表の練習をされつつ、その合間にTOEICもされています。)

そのS先生が、先月のTOEIC本試験を受けられて、

そこでものすごい体を張った実験をされました。。

 

 

【なぜ?】鉛筆を忘れたので、フリクションを使ってみた

 

受験されたことのある方はご存じだと思うのですが、TOEICはマークシート式のテストです。

なので、受験する人は全員、鉛筆かシャーペンを持って受験会場へ行きます。

しかしS先生は、「鉛筆を忘れちゃった」と。

まあ、それはしょうがないですよ。

バタバタしすぎて、大事なものを忘れてしまった。

誰でも一度や二度ありますよ。

私ももちろんあります。

 

しかしなんとS先生は、

鉛筆がなかったので、フリクションペンを使いました

と。

 

フリクションペンとは、摩擦熱でインクが消せるボールペンのことですね。

私あれ大好きです。

 

ちょっと待ってください先生、なぜですか!

衝撃の選択すぎるでしょう!

 

なぜ、

スタッフさんに鉛筆を借りる  <<<  マークシートにフリクションペン

という謎の行動に!!

 

(あとから理由をお聞きしたら、「鉛筆をちゃんと持ってくるかどうかもテストの一部だと思って…。貸してもらえるなんて考えなかったです」という、ドMな理由でした。)

 

 

【悲報】そして結果は「5点」

 

そして今日、

 

エイミ先生、ごめんなさい。こないだのTOEIC、5点でした。やっぱりフリクションはだめでしたね! 来月も受けるんでがんばります。あ、明日のレッスンよろしくです

 

というさらっとしたメールが、S先生から届いたのでした。

むしろどこで5点だけ取れたのかが地味に気になります。

 

先生は、メールに「こんなのありました」と、マークシートがボールペンを読むか読まないのかの実験記事(普通に良記事)を付けてくださっていました。

 

いや、そういうことじゃなくて先生。

次はちゃんと鉛筆持って行ってください。

 

 

今回のまとめ

マークシートは、フリクションでマークしたらダメ。

以上。

 

本当に、S先生は大変お忙しいのに、それでも毎日本当にコツコツと頑張っておられたんです。

TOEICハイスコアを目指されているのも、「国際学会で出会う外国人の先生たちと本音で語り合える英語力を身に付けたいから」という、素晴らしい理由によるものです。

 

なのにこの凡ミス…。

もう笑うしかありません。

愛すべきS先生です。

 

マークシート試験で、万が一鉛筆を忘れてしまったら、

スタッフさんに絶対に鉛筆を借りるようにしましょう!!

 

 

この続きの記事もぜひどうぞ!

【続・TOEIC奮闘記】S先生の戦績やいかに!?

 

 

-あれこれ

執筆者:

関連記事

zoom レッスンの始め方

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   このページでは、無料オンライン動画通話サービス zoom でのカウンセリング、レッスンの始め方をご説明していきます。 …

【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日私は生徒さん …

【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は「スタンフォード式人生を変える運動の科学(原題:The Joy of Movem …

【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回はちょっと発 …

【第69回】”英語喉” KAZ先生の「喉ブレーキをかけない」の意味を解説

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は先日レッス …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  10. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  11. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  12. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  13. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  14. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  19. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。