医療系英単語の発音

「オーバーシュート」は通じる?「感染爆発」英語でどう言う?

投稿日:2020年3月27日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

新型コロナウイルスに関する報道で オーバーシュート という用語を耳にすることが増えています。

日本語では『感染爆発』と訳されていますが、実は英語圏の健康関連ニュースでは overshoot という単語を見かけることはほぼない状態です。

今回の記事では、「日本で使われている “オーバーシュート” が英語でどう紹介されているのか」ということと、ネイティブが多く使っている『感染爆発』の英語表現 をご紹介していければと思います。

 

日本の「オーバーシュート」英語の記事での扱いは?

 

コロナウイルス関連の記事で ”overshoot” が使われているものを探してみたところ、いくつか見つかりましたが、どれも『感染爆発』の意味ではありませんでした。

ここでは、日本に関する報道で出て来ているものを二つご紹介します。

 

◆ ロイター通信

「押谷氏は、もし日本が “オーバーシュート”(ウイルス感染の急激な拡大のこと)を防げたとしても、諸外国を経由しての感染リスクは依然ある、と述べた。」

出典:LEUTERS

 

◆ ニューヨークタイムズ

「東京が ウイルスの “オーバーシュート” (急激な拡大のこと)に見舞われるかどうかについて、今後3週間が重大な局面であると小池百合子知事は述べた。」 

出典:The New York Times

 

 

このように、”overshoot” と単語にカッコを付けて紹介し、その後に「an explosive rise in virus cases」と意味の説明を行っているところを見るに、英語圏では『感染爆発』の意味で overshoot を通常使っていないのだな、ということが読み取れます。

 

英語の報道では、『感染爆発』に近いものとしては、次のような表現を良く見かけます。

 

● The coronavirus outbreak コロナウイルスの大流行

an explosive rise in virus cases ウイルス感染の爆発的拡大

an explosion in coronavirus cases コロナウイルスの感染爆発

● a coronavirus explosion コロナウイルスの感染爆発

 参考:STAT News, The New York Times  など

 

新型コロナウイルスの感染爆発について英語で話す時には、overshoot よりも explosive rise(急激な拡大)explosion(爆発的増大)outbreak(大流行) などを使う方が、正しく伝わるでしょう。

 

Dr.レン

ん…?

じゃあ、どうして日本でだけ

感染爆発のことを

オーバーシュート って呼んでるんだろう?

 

エイミ

なぜなんでしょうね…。

きっと何か事情があってのことだと

思います…。

 

Dr.レン

……。

 

 

「クラスター」や「ロックダウン」は?

 

オーバーシュートのほかに耳にすることの増えたカタカナに、「クラスター(小規模な患者集団)」や「ロックダウン(都市閉鎖)」があります。

この二つは、たとえば次のような感じで、英語の報道でも同じ意味合いでよく使われています。

 

◆ クラスター(cluster/小規模集団)

「4番目のコロナウイルス小集団をサンディエゴ郡で確認、約300例目」

出典:Los Angeles Times

 

◆ ロックダウン(lockdown/閉鎖)

「コロナウイルス:南アフリカ共和国が3週間の都市閉鎖を開始」

出典:BBC

 

ということで、クラスターやロックダウンは私たちの理解そのままで問題ないです。

ただ、どちらもの音が入りますので、実際に口にする時には日本語の「ラ」や「ロ」よりもLで発音できると、伝わりやすくなります!

 

 

今回のまとめ

この記事では、コロナウイルスの報道で良く見聞きするようになった3つのカタカナ用語を『英語ネイティブはどう使っているか』の視点でまとめました。

「感染爆発」は、オーバーシュートよりも

●  outbreak 大流行

● an explosive rise  爆発的拡大

● an explosion 感染爆発

 

などで良く表現されています。

感染者の小集団「クラスター」、都市閉鎖「ロックダウン」については日本で使われている理解で大丈夫ですので、英語のコミュニケーションでも状況に合わせて使ってみてください。

 

いま、本当に世界中でウイルスに対する緊張感が高まっています。

私は家にこもってひたすら仕事をしつつ、英語で世界の情報が仕入れられることを有り難く思う日々です。

皆様どうぞ国内外の報道を確認されつつ、ご自愛の上お過ごしください。

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

興味のある方はこちらもどうぞ!

「新型コロナウイルス」「隔離」英語でどういう? 発音は? 

 

-医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

ビリルビンとアルブミンのネイティブ発音を解説するよ!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今日は、医療ドラ …

日本の「ソーシャルディスタンス」使い方は正しい? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【3】

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   こ …

【リンパ腫】リンフォーマを英語で正しく発音するコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、 lym …

ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   新型コロナウイル …

【塞栓の英語】エンボラス、エンボリズムを英語で正しく発音するコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、 &nb …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  3. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  8. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  12. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  13. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  14. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  19. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  20. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。