ポッドキャスト 発表の例文

【第86回】of の前後が長い時の切り方。リンキングなしで自然に発音するコツ

投稿日:2022年10月26日 更新日:

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回は 英会話で前置詞 of の前後がどうも言いにくい時、どこで切って話せばいいのか?というお話です。

Dr.レン

ラジオは通常速度で12分05秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

of は必ずしもリンキングさせるわけではない

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

私は生徒さんと学会の発表練習などをよく一緒にさせて頂いていますが、

「この of の前後はどこで切ったらいいですか?」

というご質問をよく頂きます。

前後の言葉が短い時の of、たとえば a cup of tea などの場合は、普通に前後を繋げて話せばOKですね。

ずるずる繋げて アカッポヴティー、みたいな感じです。

しかし前後の言葉数が多い時、繋げて話すと永遠に繋がっていき、切り所を見失い、先に息が切れて収拾がつかなくなってしまうことがあります。

ですので、途中で切ります。

英会話では言葉を滑らかにつなげて話すことを「リンキング」と言います。

リンキングさせると英語らしくカッコ良く話せるのは確かなのですが、やたらにリンキングさせるだけが英語の話し方ではありません。

むしろ必要なところできちんと切るからこそリンキングが生きてきます。

それでは of の場合、どこで音を切ったらいいのでしょうか。

ERからわかりやすく発音されている箇所をご紹介しますので一緒に聞いてみましょう。

ある日の米国カウンティ総合病院の救急科、その一室でお医者さんたちによる院内発表会が行われています。

ここで中国系アメリカ人の女子医学生、デブラ・チェンが素晴らしい発表を行って指導医たちを驚かせるのですが、彼女は of の前後をどのように切って話しているでしょうか?

よーく聞いてみてくださいね!

 

◆ 【リスニングチャレンジ1】「これは左前頭骨の陥没骨折の症例です」

発表テーマは顔面骨折です。[周囲に冊子を渡して]  これは今回の要旨と、最近の論文集です。回してもらえますか?

Facial fractures. You’ll find an outline and recent research articles. Would you pass it down?

[レントゲン写真を2枚掲示] お見せしているのは、左前頭骨の陥没骨折の症例です。眼窩縁まで傷害を受けています。

Here we see examples of a depressed fracture of the left frontal bone with disruption to the orbital rim. 

どちらも、患者の顔にタイヤのホイールが強くあたった事故による鈍器損傷です。ジョン、ごめん、お願いできる?プロジェクターのスイッチ。ありがとう。

Both the result of blunt-force trauma when the patient’s face intercepted a tire iron. Uh, John, if you would, please? The projector. Thank you.

◆ depressed fracture  陥没骨折

◆ with disruption to A   Aまで至る損傷を伴って。

◆ blunt force trauma  鈍器損傷[外傷]

 

こんな感じです!

「これは左前頭骨の陥没骨折の症例です。」の部分で、

左前頭骨 陥没骨折 症例

と、of が二回続いて出てきました。

どこで切って話していたかおわかりになりましたか?

そう、of の前で切っていますね。

 

Here we see examples、of a depressed fracture、of the left frontal bone、with disruption、to the orbital rim。

 

of の前後が長い時、または聞き手が聞き取りやすいようにゆっくりはっきりと話すのが望ましい時など、このように of の前で一度切って言葉をつなげます。

「英語は切らずにつなげて話すもの」

確かにそういう側面は強いですが、かといって何でもかんでも繋げときゃ良いというものでもないです。

リンキングを気にしすぎて音の強弱差が小さくなり、むしろカタカナ発音になってしまっている方は多いです。

どこなら切れても自然なのかを知るのも大切です。

そのためにはネイティブの発音をよーーく聞いて、真似をしましょう。

 

A of B の発音をもう一か所聞いてみよう

デブの発表からもう一か所、of が出てきているところを紹介します。

先に言っておくのですが、さっきと同じ切り方で切っています。

今この記事を読んでくださっている皆さん、今回は音声を聞く前に of の前後がどんな風に発音されるかをぜひ予想してみてください。

大きな文字にしている部分を読んで発音を予想し、音声を聞いて答え合わせをしましょう。

大丈夫です、さっきと同じですよ!

 

◆ 【リスニングチャレンジ2】「頭蓋骨の3D映像を使用できるとなお良いです」

(顔面骨折の)診断はX線とCT撮影で行います。可能ならば、患者の頭蓋骨の3D映像が撮影できるとなお良いです。

Diagnosis is established with radiographic studies and computarized tomography. Preferably using a three-dimensional image of the patient’s skull

◆ Preferably   望めるならば、なるべくなら(~すると良い)。

 

答え↓

 

Preferably using a three-dimensional image、of the patient’s skull。

 

ということでやはり

of の前で一旦切る

が、ネイティブの発音方法でした!

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.レン

ラジオは通常速度で12分05秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は「of の前後が言いにくい時、どこで切ればいいのでしょうか?」というよくあるご質問へのアンサー記事を書きました。

a cup of tea、one of us、のような短いかたまりの時は単純にリンキングさせて発音すればOKですが、そうでない時、延々とつながり続けて収拾がつかなくなることがあります。

ご紹介しましたように、ネイティブは of の前で一旦切ります。

Here we see examples、of a depressed fracture、of the left frontal bone、with disruption、to the orbital rim。

 

切った方が聞き手に良く伝わるということもあります。

何事も「緩急を付ける」って本当に大事ですね。

今回の内容は学びがありましたか?

また一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト, 発表の例文

執筆者:

関連記事

【第117回】医学論文で英語の音読練習 3

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ジャーナルに掲載されている医学論文の TAKE-HOME MESSAGE を音 …

【第106回】座長の英語例文「セッションを予定の時間で進行させる」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   この記事ではタイムマネジメントの英語表現をご紹介します。 レッスンで座長の英語を頑張られていた生徒さ …

【第114回】診療英会話〜再生不良性貧血の患者さんへ「病気の疑い」を伝える

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ER から 「身体がだるい」という訴えで来院した女性とお医者さんの会話 をご紹 …

【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     英語を英語らしく話すには発話にリズム(強弱)を伴わせる必要があります。 日本人は強弱の …

【第129&130回】英検準1級のリスニング問題演習 6

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は英検準1級のリスニング問題パート1解説シリーズ6回目です。 リスニング地力を上げ …

最新記事

  1. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  2. 【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音
  3. 【第113回】”Why don’t you” の発音は「ホワイドンチュー」ではありません!
  4. 【第33回】electorocardiogram(心電図)を英語らしく発音する方法
  5. 【第28回】「針を反時計方向に90度回す」の発音練習
  6. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応 1 【英語丸ごと解説】
  7. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  8. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  9. 【第105回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン2
  10. 『新型コロナウイルス』『隔離』の英語の発音は?
  11. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2
  12. 【第77回】グレイズ・アナトミーのパーキンソン病 DBS手術から英語学習
  13. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  14. 【第62回】can と can’t がどうしても同じに聞こえる時
  15. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  16. 【医療の英会話】「症例数は多くない」ネイティブの英語表現を聞いてみよう!
  17. 【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語
  18. S先生のTOEICスコアが855点に大幅アップ!!
  19. 【ERで診療英会話】「ちくっとします」「針入りました」点滴時ネイティブはどう言う?
  20. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  21. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  22. 【第86回】of の前後が長い時の切り方。リンキングなしで自然に発音するコツ
  23. 【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】
  24. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  25. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  26. 【第132回】exit を「エグジット」と言わないで!子音連続の発音練習
  27. 英検準1級にS-CBT形式で一発合格!合格のカギと注意点を聞いてみた!
  28. 【第51回】キング・カズこと三浦知良選手のレジェンドな半生を英語で
  29. 【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する
  30. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。