医療ドラマ英会話

「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で

投稿日:2019年12月13日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

この間ある先生から、

もう少し後ろに座ってくださいって言いたい時があるのですが、

英語でどう言えばいいのかわからないんですよね。

なんて言ったらいいんですかね?」

というご質問をいただきました。

そんな時にすごく使える動詞がありますので、今回はこの記事でご紹介したいと思います!

 

「少し後ろに下がって」ネイティブはどう言う?

 

医療ドラマ ER から、こんなシーンを見てみましょう。

高齢なのにマッチョボディを目指して筋トレに励み、腰が痛くなってしまった患者さんが病院へ来院します。

 

エイミ

ルイス先生の診察が始まります!

 

患者さん:ああ、痛い。

Oh man. That smarts. 

ルイス先生:さ、もう一度座りましょう。

Why don’t you take a seat again?

 

Dr.サトシ

smart は動詞の使い方があって、

痛い」の意味になるで。

 

ルイス先生、患者さんの「(筋トレはしているけど)ステロイドは使ってないよ」の言葉を聞いて、

 

それは良かったです。少し後ろに下がってください

That’s good. Scoot back. 

 

(患者さん、後ろにずれる。)

(足で)私の手を押してください

Press against my hands.

 

はい、ここで scoot という動詞に注目です!

scoot(スクート)は、人に少し体をスライディングさせて欲しい時に、ネイティブがとてもよく使う動詞です。

 

エイミ

座っている人や横になっている人に

少しずれて欲しい時

よく出てきますよ!

 

ということで、「もう少し後ろに下がってください」は

Could you scoot back?

のように表現することができます。

 

「もう少し前に来てください」を英語で

 

逆に、座っている状態の人に「もう少し前に来てもらえますか」と言うには、scoot に forward を足します。

「もう少し前に来てもらえますか?」

Could you scoot forward?

 

「端に寄って」or「隣に移って」も Scoot を使う

 

「横に寄ってほしい」時も、scoot です。

ベッドに寝ている人に「片側に寄って」と声をかけるシーンを見てみましょう。

 

Dr.ナミ

ナースのサムが、

寝ようとしている息子のアレックスに

ちょっと寄ってよ」と言っているニャ。

 

「(ベッドの端に座りたいから)寄ってよ

Scoot. 

 

(片側に寄るアレックス。)

 

これも「少し体をずらす」動きですね!

もう一ついきましょう!

患者さんをストレッチャーから診察台へ移すにあたり、重体ではなかったため、

ご自分でそちらへ移ってください」と言うシーンです。

 

いや、待てよ。ご自分でそちらへどうぞ。

On second thought, why don’t you just Scoot over. 

 

(患者さん、隣の診察台へ自分で移る。)

 

 

「もう少し下に下がってください」は Scoot down

 

それでは、婦人科の内診など、ベッドに横になっている状態で「もう少し下に下がって来てください」と声を掛けるのはどうでしょうか?

ER の次の内診シーンでは、scooch(スクーチ)という単語が使われています。

scoot が変形した単語で、意味は全く同じ、少し体を滑らせる ことを指します。

 

もう少し下に来てもらえる?(私の方にずれて来てもらえますか)

Can you scooch down towards me?

 

もう少し。

” Little bit more. “

 

エイミ

このように、

臥位の方に「少し下に下がってください」と言うには

scoot に down を足して 

Could you scoot down?

などと言うことが出来ます。

 

「もう少し上に上がってください」は Scoot up

 

それでは最後です!

臥位の方に「もう少し上に上がってもらえますか」というには…。

 

down の逆で…。

 

 

 

 

 

 

 

Could you scoot up?

ですね!

 

これで、座位で「前に」「後ろに」ずれて欲しい時、臥位で「上に」「下に」ずれて欲しい時、そしてベッドなどで端に寄って欲しい時の表現が全部言えるようになったかと思います!

 

今回のまとめ

座っている人、または横になっている人に「少し前に、後ろに、上に、下に」動いてもらいたい時、ネイティブはよく scoot という単語を使います。

● 【座位】少し後ろに下がってもらえますか?

Could you scoot back?

● 【座位】少し前に来てもらえますか?

Could you scoot forward?

● ベッドの片側に寄ってもらえますか?/(すぐ隣にあるベッドやいすなどに)移ってもらえますか?

Could you scoot over?

● 【臥位】少し下に下がってもらえますか?

Could you scoot down? 

● 【臥位】少し上に上がってもらえますか?

Could you scoot up? 

 

scoot は発音も簡単です。

「ちょっと動いて欲しいな」という時、どんどん使ってみてください!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

興味のある方はこちらもどうぞ!

英語が上手い人全員がやっている【日本語とは違う呼吸法】

 

-医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【医療の英会話】「~が考えられる」「の可能性がある」動詞 suggest の使い方

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、 「A …

【医療の英会話】「症例数は多くない」ネイティブの英語表現を聞いてみよう!

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   最 …

「カンファレンス」英語で言える?【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【1】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、医療ドラ …

【医療者の英語】血圧が「110の90」「低い、高い」「上がった、下がった」どう言う?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、医療現場 …

【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は 外来診療 …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  3. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  4. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  7. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  8. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  9. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  10. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  13. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  14. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  15. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  16. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  19. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  20. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。