あれこれ 医療ドラマ英会話

「男性・女性を male / female と表現するのはどうなのか?」という議論に対する一つの答え

投稿日:2019年9月28日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

英語で、「63歳男性」。

あなたは a 63-year-old man と言いますか?

それとも、a 63-year-old male と言いますか?

この記事は、

male、female はオス・メスに近い単語だから、発表で使ってはイカン、と言う上の先生がいるのです。でも、それって本当にそうなんですか? 実際、結構使われていますよね?

というある先生からのご質問に対しての、私なりの答えです。

 

もしもあなたが

 

Dr.ナミ

man なのか、それとも male なのか。。

 

と不思議に思われていたら、ぜひ読んで行ってください!

 

【結論】man を使うか male を使うかは米語と英語の違い

まず結論からお伝えすると、論文や発表で man・woman を使うか、male・female を使うかは、アメリカ英語とイギリス英語の違いです。

 

エイミ

イギリス的にはこれは間違い。でもアメリカ的には全然OK

というのは、英語を勉強していたら

すごくたくさん出てきます。

 

アメリカ人、イギリス人、どちらにもそれぞれ言い分があり、「どちらが正しい」と考えることは、もはや国語や政治の問題に近いです。

そういうものって、難しいですよね。

「man か male か問題」を知る材料として、医療ドラマ ER にとても分かりやすいシーンがありました。

少しそのシーンをご紹介させてください。

 

イギリス人のお医者さん、「male」を使って上司から袋叩きにあう

ロンドンっ子のエリザベス・コーデイ先生は、アメリカはシカゴの病院で5年ほど勤務した後、故郷のイギリスへ帰国します。

そしてロンドンの病院で働き始めるのですが、そこでイギリス人の上司から、アメリカ帰りの女 としてチクチクと嫌味を言われることになります。

 

そのシーンの一部がこちらです。

 


 

コーデイ先生:マッカイさんは、63歳の白人男性で-

Mr. McKay is a 63-year-old Caucasian male who was –

 

イギリス人上司:「man」だ。

Man.

 

コーデイ先生:(苛ついて)はい?

What?

 

 

イギリス人上司:きみが言わんとしている名詞は「man」でしょう。「male」は形容詞だ。僕は「male」の犬を飼っているよ。まぁ、続けてください。我々はアメリカ英語をよく知らないから(勉強させてもらうよ)。

I believe the noun for which you are searching is “man“. “Male” is an adjective. I have a male springer spaniel. But please continue. Most of us speak a smattering of American.

◆ speak a smattering of A  ~語を少しだけ話す。話せる。

 

(その場にいるお医者さん一堂、笑う。コーデイ先生、キレる。)

 

 

疲れて、子どもを連れてシカゴに帰っちゃうコーデイ先生。

 

(イギリス人なのに結局、アメリカに帰る。)

 


 

 

Dr.ナミ

なるほど。。

「男性、女性に male・famaleを使うのはオカシイ」っていうのは、

イギリス英語の感覚なんニャね。

 

Dr.サトシ

でも、アメリカ英語では普通に使うのか。

ややこしいな!

 

Dr.ナミ

じゃー、我々はどうしたらいいのかニャ?

 

 

あとは「個人のスタンス」の問題です(面倒を避けたければ man が恐らく無難)

ここからは、私の個人的な考え方になります。

アメリカ英語とイギリス英語はこういう違いがたくさんあるので、英語学習者である私たちは、一応 自分のスタンス を持っておいた方が良いと思っています。

たとえば、イギリス英語を習ってきた、「英語はやはりイギリスが本場でしょ」と思う、などの人は、こういう場合は「man・woman」一択、ですよね。

ではなく、アメリカ英語を習ってきた、ハリウッド映画やアメリカのドラマが好きだ、などの人は、「manでもmaleでもどっちでも良いんじゃない?」という考え方で良いのではないかと思います。

 

エイミ

私はアメリカ英語学習者で、

基本的には「どちらでもいい」のスタンスです。

 

そして私は “面倒くさいことは出来るだけ避けたい” タイプの人間でもあります。

なので、イギリスの方などに

male じゃなくて man だよ」とか、

kids じゃなくて children を使いなよ」とか、

going to はガナじゃなくてゴーイングトゥーだよ

などと言われたら、その場ではその人に合わせてそうします。

 

Dr.サトシ

イギリス人にとって、アメリカ英語って

砕けすぎて聞こえることがあるんだよね。

エイミ

そのようですね!

欧州出身の方と英語で話していて

「レディーがそんな言葉遣いは良くないよ」

とたしなめられたことが私はあります。

 

ということで、面倒を避けたければ、「male か man か」の場面で悩むことがあれば man を使っておく方が無難だろうと思います。

 

ただ、「male は間違いだ!」と日本人が断言するというのは、どうなのかなと感じます。

言葉はどんどん変わっていくもの。
そして、「これが正解」というのは、その人の背景によってそれぞれ。

学習者としては、できるだけ柔軟にやっていけたらいいんじゃないかなと思っています。

 

 

今回のまとめ

◆ 男性、女性を「man / woman」とするか、「male / female」とするかは、英語と米語の違いです。

◆ イギリス英語を話す人は「male / female」をオカシイと感じる人が多いけれど、多くのアメリカ英語話者にとっては、普通の表現です。

◆ 日本人としては、特にスタンスがなければ、「man / woman」を使っておくのがおそらく無難。

◆ アメリカ英語とイギリス英語はこういうことがたくさんあるので、「米語と英語は結構違うんだな」ということを知っておくと、今後、役に立ちます。

◆ 私たちは世界と関わるために英語を勉強している、英語学習者です。表現に気を配ることはもちろん大切ですが、気にしすぎては本末転倒。「拙くとも、英語で伝える、世界と関わる」、そのことを一番に考えていければと思います。

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

次の記事は、タキサン系薬剤「パクリタキセル」「ナブパクリタキセル」「ドセタキセル」の英語の発音について書こうと思っています。

興味のある方は、こちらもどうぞ!

 

-あれこれ, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 大谷翔平選手が通訳の水原一平さんによって金銭窃盗被害を受けたとされる米国のメデ …

【ドラマで診療英会話】「ベッドを起こしますね」を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   先日、レッスンの …

おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【6】海外ドラマで英語学習 手抜き編

前回の記事で、海外ドラマはディクテーションすると英語学習効果を最大化できる ということをお話ししました。  ただディクテーションはものすごく手間暇がかかります。 「今日は疲れているし、ディクテーション …

【第95回】Does の発音は「ダズ」ではなく、Didも「ディド」じゃない

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!

こんにちは、医学英語発音コーチのエイミです! 今回は私のレッスンを受講され、「こんなにありがたいレッスンは他にないです」というご感想を寄せてくださったH先生のお声をご紹介していきます。   …

最新記事

  1. 【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】
  2. 「ソーシャルディスタンス」英語でどういう? 新型コロナ関連の英語表現&発音まとめ【3】
  3. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  4. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  5. 保護中: TOEIC Part2 Q24
  6. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  7. 【生徒さんの声】スウェーデンの人たちと医療について語り合いたい!
  8. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  9. 【第6回】”could” の使い方
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【第38回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【2】
  12. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【5】ディクテーション学習の失敗談・成功談
  13. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q38 2W1
  14. 【英語の発表例文】「(みんな知っての通り)~ですので」を自然に言う方法
  15. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
  16. 【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる
  17. 【第25回】英語の発音はサザン桑田佳祐さんを真似れば最強
  18. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  19. 「集団免疫」英語でどう言う? 発音&聞き取りが難しめなので解説します
  20. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  21. 保護中: TOEIC Part2 Q25
  22. 【学会レポ】Vol. 10 使わないと不自然!「えー」「それでは」「さて」を英語でも言おう
  23. 【第67回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 後編
  24. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  25. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  26. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  27. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
  28. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  29. 【第48回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 後編
  30. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。