あれこれ

【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica

投稿日:2019年2月8日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回はちょっと発音とは関係ない内容なのですが、

 

Dr.レン

スライドの 英字フォント って、

何を使ったらいいんでしょーか?

 

というご質問を時々いただくことがあるので、私なりにお答えしてみたいと思います。

確かに、はじめて英字でスライドを作ろうとすると、悩んでしまうポイントですよね。

ということでこの記事は、発表用スライドに使う欧文フォントの選び方 のお話です!

 

スライド用欧文フォント候補4選

 

いきなり結論なのですが、私がおすすめするスライド用欧文フォントの第一候補は、

 

◆ Arial(アリアル)

 

というフォントです。

Arial以外では、

 

◆ Helvetia(ヘルベチカ)

◆ Segoe UI(シーゴー ユーアイ)

◆ Calibri(カリブリ)

 

などが、スライドでよく使われている書体になります。

 

エイミ

インターネットで

fonts for presentation slides

(プレゼンのスライド用フォント)

と英語で検索すると、たくさんの英文記事がヒットします。

その中でもこれらのフォントが取り上げられていますよ。

 

 

スライドでの使用率が高い定番欧文フォント 

 

これらのフォント、特に Arial と Helvetica は欧文フォントとして世界の定番中の定番ですので、安心して使うことができます。

どのフォントも可読性に優れており、遠目にも非常に読みやすい ことが特徴です。

海外の大学に通っていた時、授業課題などの提出物は「このフォントで」と教授にフォントを指定されていたのですが、ほとんどの場合、指定フォントは  Arial でした。

Arial は小さい字で長文を書いても読みやすいので、発表用スクリプトも Arial にしておくと「今どこだっけ?」となりにくいです。

 

また、フォントのサイズの目安としては、

 

◆ メインテーマは36~44ポイント程度

◆ 各スライドのタイトルは30ポイント以上

◆ 本文は22ポイント以上

 

あたりの数値が、過不足なしとされています。

 

 

【NG】「日本語書体のアルファベット」と「細い書体」はやめましょう!

 

スライドでもレポートでも、英文を書く時には、日本語フォントは避ける ようにしたいです。

日本語フォントでもアルファベット入力にすればとりあえず英文は書けますので、つい、慣れた日本語フォントをアルファベットに変えて使ってしまう方もおられると思います。

ただ、これをすると、デザインの崩れた微妙な見た目 になってしまう可能性が高いです。

以前、レン先生(クライアントさん)が、

 

Dr.レン

昨日、後輩の先生が

英語で作ったスライドをチェックしてたんだけど、

パッと見で「なんか変だな〜」と思って

フォントを確認したら、

MSゴシック 使ってました…。

 

と苦笑いされていましたが、まさにそういうことです。

たとえば海外サイトなどで、このような「なんとなく違和感のある日本語フォント」を見かけたことがありませんか?

 

 

微妙に文字が欠けていたり、字間や行間が適切でなかったり…。

日本語フォントで書いた英文も、多くの場合、デザインが崩れて見えてしまいます。

また仮に、デザイン的に大きな問題が起きなかったとしてもです。

英語で発表するのですから、スライドにも欧文専用のフォントを使うのが正道ではないでしょうか?

個人的には、英文を書く時には日本語フォントは選ばないべきだと思います。

 

そしてもう一つ、Century Times New Roman などのスラっとした書体も、スライド用としてはNGです。

細く角ばったフォントは知的な印象があり、論文作成には向いていますが、遠目に読みづらいため発表向きではありません。

スライド作成では、細い書体は避けましょう。

 

 

今回のまとめ

欧文フォントにはたくさんの種類がありますが、実際に使うのは、いくつかの「定番」だけで十分です。

スライドには、ArialHelveticaSegoe UICalibri などが、世界基準としてよく選ばれています。

発表用スクリプトも、同じく Arial などで作っておくと見やすく便利です。

日本語フォントのアルファベット、そして Times New Roman などの細めの書体は、スライド用としてはNGですので気を付けましょう。

読みやすくシンプルなフォントで、印象の良いスライドを目指しましょう!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

興味のある方はこちらもぜひどうぞ!

【学会レポ】使わないと不自然!「えー」「それでは」「さて」英語でも言おう

-あれこれ

執筆者:

関連記事

【第76回】日本人にとって英語習得はどれくらい大変なのか!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今日は「日本人が英語を習得するのはどれくらい大変なのか」というお話です。 米国の FS …

【第40回】世界的時短メソッド「ポモドーロ・テクニック」を試してみたら凄かった

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私は普段「医学英 …

【第64回】「モーニングサービス」は朝食じゃないよ!キリスト教用語です

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は大人の教養 …

【生徒さんの声】4週間でネイティブに聞き返されない発音になる

エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は11時間のみの短期集中で私の発音レッスン受講され、「英語を話すってこういうことなんだ、とわかりました」と語ってくださったK先 …

【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は「スタンフォード式人生を変える運動の科学(原題:The Joy of Movem …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  10. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  11. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  12. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  13. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  14. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  19. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。