あれこれ ラジオ

【第58回】”低位舌” は英語の発音にとって大問題

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今日は 低位舌(ていいぜつ)という間違った舌のポジショニング について皆さんと一緒に学習していきます。

英語の発音を良くしたいあなたにはぜひ知ってもらえたらと思います!

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で13分33秒だよ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

舌位で “舌の筋力” がわかる

舌は、茎突舌筋、舌骨舌筋、おとがい舌筋、上縦舌筋、下縦舌筋、横舌筋、垂直舌筋という7つの筋肉で出来ています。

筋肉のかたまりなので 200g 程度の重さがあるそうです。

(スマホと同じくらいです。重たいですね)

この重い舌を意識的に素早く動かし、私たちは言葉をつくって会話をします。

口を閉じてリラックスしている時、皆さんの舌は、どのくらいの範囲が上あごについているでしょうか?

今この記事を読みながらご自分の舌の感覚を感じてみてください。

私は舌全体が天井にべたっと付いています。

これは健康な舌のポジションです。

◆ 正しい舌位(口を閉じている時

 

ぺたりと全体が天井に付いている舌は、筋力があり、健康な舌です。

このようにならず、舌が上あごから離れている状態は “低位舌(ていいぜつ)” や “落ち舌(おちじた)”などと呼ばれ、以下のような不調の原因になることがあります。

● 筋力不足による滑舌不良

● 無意識に口がポカンと開く

● 寝ている間に口呼吸になる

● (寝ている間に舌が喉を塞いで)睡眠時無呼吸症候群

皆さんは舌と上あごとの間に 空間 はありませんか?

また、舌の根元の方は感覚が感じられるでしょうか?

(低位舌の方は「舌の後ろの方は感覚があまりないんですが…」と言う方が多いです。)

◆ 不健康な舌位(口を閉じている時)

 

上あごにつく舌の範囲が狭ければ狭いほど、舌の筋力が低下している可能性があります。

低位舌では英語も上手く話せません。

 

低位舌だとこんな単語が発音できない

英語の発音でいうと、低位舌の方は全面的に苦労があります。

舌の筋力が弱いため健康な舌の人より舌を思うように動かせません。

具体的には以下のようなことがあります。

● 後舌母音で巻き舌が入る

(たとえば becausebecauRse みたいになる)

● L+母音で巻き舌が入る

Light Right みたいになる。Lは舌を前に伸ばして発音しますが、そうならず舌先を内側に巻いてしまう)

● cl、bl、sl などの子音連続が発音しにくい

clinical slide などの医療頻出単語の発話に苦労される方が多いです。)

● 胸発声で全体的にカタカナっぽくなる

(舌根で喉を狭めて発声するため、全体的にカタカナに聞こえる)

 

低位舌の方の because が becauRse になる感じをラジオでお話ししています。

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

低位舌なら治せばOK

今もし舌のベロポジが間違っていても、大丈夫です。

今日から正しいベロポジで生活するだけです。

口を閉じて静かにしている時、一人でデスクワークをしている時、一瞬口の中に意識を向けて、舌を根元まで上にぺたりと付けましょう。(舌を正しい位置に持っていく)

そしてそのまま仕事などを続けましょう。

低位舌は筋力不足なだけですので、基本的には鍛えれば(正しいポジションをキープすれば)治ります。

低位舌の対策に関しては、歯科の先生がたくさんネット上に記事を出されています。

検索して「これならできそう」と思うものを続けてみましょう!

 

今回のまとめ

今回は英語の発音にも大きな問題となる 低位舌(ていいぜつ)の問題提起の回でした。

発音習得は練習量をこなすことが重要ですが、そもそも最初に正しく動かせるだけの舌の筋量がなければ、練習そのものがとても難しいです。

低位舌の方は実はたくさんおられます。

ぜひベロも筋トレし、根元までしっかりと感覚を感じられる若い舌 を目指してもらえたらと思います!

 

 

-あれこれ, ラジオ

執筆者:

関連記事

【第69回】”英語喉” KAZ先生の「喉ブレーキをかけない」の意味を解説

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は先日レッス …

【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は私たち日本 …

コロナウイルス関連の論文が検索できる!『ludwig』を使いませんか

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   昨日、私が日頃か …

【第19回】医療英会話のアウトプット学習について考えてみよう

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   英会話の学習ノウ …

【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、米ドラマ …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  9. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  10. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  11. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  12. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  13. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  14. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  15. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  18. 【第21回】英語で「酸素飽和度は97」ネイティブはどう言う?
  19. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  20. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。