ポッドキャスト

【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」

投稿日:2021年3月25日 更新日:

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、医療系基礎単語の一つ “artery”(動脈)を英語で上手く発音するコツを、ラジオと皆さんと一緒にワークをしていきたいと思います。

artery は実はすごく発音の難しい単語です。

大きなポイントの一つとして「最初から最後までアヒル口で発音する」ということがあるのですが、これが私たち日本人にはなかなか至難の業です。

ぜひ一緒に練習してみましょう!

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で16分19秒だよ。

早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

 “artery” ネイティブの発音は「アードゥリィ」

 

エイミ

それではまず

ネイティブの artery の発音を

よーく聞いてみましょう!

これからご紹介するのは、

「脳卒中の時に起きていること」

という動画の一部です。

複数形の arteries が3回出てきますよ。

さて、どのような音に聞こえるでしょうか?

 

◆ artery の発音

血中酸素は動脈系を通じて脳に運ばれます。頸動脈は脳の前部に、椎骨動脈は脳の後部に血液を供給します。

That oxygen is carried to the brain through a system of arteries. Carotid arteries supply the front of the brain, and vertebral arteries supply the back.

【英語音声】

What happens during a stroke?

 

 

エイミ

サトシ先生!

artery、もし「アーテリー」以外で

もっと本来の音に近いカタカナにするなら、

どんな音が近いでしょうか?

 

Dr.サトシ

そうだね、

出来るだけ忠実にカタカナにするなら…

アードゥリー」のような感じ?

「アーテリー」には聞こえないね…!

 

エイミ

そうですね!

アードゥリィ って感じですよね!

では、日本人がこの発音に近づくためには

どうしたら良さそうでしょう?

 

Dr.サトシ

発音のポイントは、

“r” の発音が出来るようになること

“t” で舌先をしっかり弾くこと

じゃないかな!

で、どっちも「アヒル口」が重要な音だね。

まずアヒル口から練習していくと良さそう!

 

 

ネイティブの “artery” はずっと「アヒル口」 

 

ネイティブが artery を発音する時、日本人とわかりやすく違うのは唇の動きです。

日本人が「アーテリー」と言う時の口の動きは平坦で、あっさりしていますが、英語で “artery” を発音すると口周りの筋肉に力が入り、唇が立ち上がって、前歯が良く見えます。

 

エイミ

この英語の発音フォームを「アヒル口」と呼びます。

参考までに、

私の日本語の口と英語の口を見比べてみてください!

 

◆ artery の “ar” “te” “ry”  日英口比較

 

 

Dr.サトシ

3つの音全部で、

日本語の口はアッサリ、

英語の口はクッキリしているね…!

 

エイミ

このクッキリした口の形は

頬の筋肉を動かすことで作られています。

唇の端から2センチ程度外側を意識して、

ほっぺたを歯にグッと押し当てるようにすると

唇がめくれてアヒル口になります。

次のアン・ハサウェイさんのレベルを目指して

ぜひやってみてくださいね!

 

 

 

 

“R” を使って artery を発音

 

エイミ

アヒル口が作れるようになったら、

最初の “ar” をRを使って発音していきます!

しっかり開いて → アヒル口

こんな感じですよ!

 

◆ ar

 

Dr.サトシ

口の中では R はこうなっているよ!

 

★【Rの舌】舌全体を「スプーンの形」に

舌先→浮く、真ん中→へこむ、舌の両サイド→上の歯茎に付く、という3点セットです。

 

舌先ばっかり巻きすぎないように気を付けてみてください。

 

 

エイミ

続きです!

te は、直前の ar からの唇をそのままキープです。

そして口の中で舌先強く弾いて「ッドゥ」。

最後の ry までアヒル口はずっとキープして頑張って!

 

◆ tery 

 

 

ネイティブの「アードゥリィ」 “artery” の発音方法、わかってきましたか?

それでは、今日はここまでです!

ラジオでは、最初にご紹介した TED Ed の脳卒中の動画から “Carotid arteries supply the front of the brain, and vertebral arteries supply the back.” の発音を練習していきます。

一緒に artery を上達させましょう!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

動脈 “artery” は、医療系英単語としては基本的なものと言えるかと思いますが、口にするとなるとなかなかハードルの高い単語です。

英語を話す時には「唇が前歯から離れている」アヒル口が基本のフォームです。

上唇がのっぺりしていると本当にダメです。

今回、ちゃんとアヒル口に挑戦してくださった方は、ちょっと顔の筋肉がしんどくなったかもしれません。

それで正しいです。

今日も本当にお疲れ様でした。

また明日も頑張りましょう!

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「英語を話す時、主語を何にすればいいのかいつも悩んでしまいます …

【第71回】every は「エブリ」じゃない! リスニング力本気上げ発音講座

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、リスニン …

【第74回】生徒さんからの最近の質問まとめ 2022 【1】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、最近生徒さんからいただ …

【第41回】留学中最高に面白かった大学の授業を振り返ってみた

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私は普段「医学英 …

【第81回】TOEIC公式「800+」の設問解説に納得できませんでした

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は TOEIC L&R の公式問題集「800+」内のある英文解説についてで …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  13. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  14. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  15. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  16. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  20. 「基礎疾患」英語でどう言う? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【2】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。