ポッドキャスト

【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ

投稿日:2021年3月22日 更新日:

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、メルマガ読者さんからのご質問「”多変量解析” を英語で上手く発音するコツを教えて頂けませんか?」 へのお返事として、multivariate analysis の発音と聞き取りを、ラジオで皆さんと一緒にワークをしていきたいと思います。

 

(multivariate analysis の発音方法は以前動画で解説したことがあります。動画に興味のある方は こちらの記事 からご覧になってみてください。)

 

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で17分06秒だよ。

早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

“multivariate” の発音は二種類あります

 

エイミ

まず「多変量」の

multivariate の発音ですが、

英語のマルチは、

「モウティ」と「モウタイ」

の二種類の発音があります。

(「マルチ」ではないです。)

YouTube からネイティブの発音を

聞いてみましょう!

最初は「モウティ」バージョンからです!

 

 

◆ multi を「マルティ」と発音する例

Med Cram: Coronavirus Epidemic Update 12   5:40部分より)

– When they did a モウティ ヴァリエt アナァリスィス, there was no racial differences, there was no gender differences, –

 

エイミ

こんな感じですね!

マルチ が モウティ のように聞こえると思います。

もう一つ、YouTube から

マルチが「モウタイ」と発音されている音声

聞いてみましょう!

 

 

◆ multi を「モウタイ」と発音する例

Library of Congress: Literacy Award Conference  31:30部分より)

– There are standardized test giving a lot of kids. And we did what we called モウタイ ヴァリエt アナァリスィス,

 

エイミ

こちらの男性は「モウタイ」と

発音していますね!

もちろんどちらで発音しても正しいのですが、

今回は比較的使用頻度の高い

「モウティ」の方で練習していきたいと思います!

 

 

multi・variate・analysis  3分割して発音練習

 

接頭辞の multi は、特に L を「ル」と言わないことが大事です。

 

「モ(mu)」に続けて、舌先を前歯の裏まで伸ばし、

 

舌を離さずに(←重要)「ウ」。

そこから舌を離して、「ティ」です。

 

モウティ /mʌ́lti/

 

エイミ

ここまでだけでも結構難しいですが、出来ましたか?

続いて “variate” では

v の音を使って発音してみましょう!

「ベ」(be)ではなく 「ヴェ」(ve)です! 

 

下唇の内側のキワに前歯を付け、

 

 

ヴェリエイ /véəriate/

 

Dr.ゴリラ

日本語の「ベ」は唇を閉じるけれど、

英語の V は唇を閉じないよ!

 

最後、analysis も結構難しいです。頑張りましょう!

最初のアは出来るだけ小さく、の音を大きく発音します。

この強弱は英語らしく発音するためにすごく重要ですので、頑張ってはっきりリズムを付けてみてください。

そして「ly(リ)」は舌先を前歯の裏に付け、 L で発音します。

 

 

Dr.ゴリラ

日本語の「リ」だと全然違う音になるので

舌の動かし方に気を付けましょう…!!

 

ナァリシス /ənǽləsɪs/

 

それでは今回はここまでです!

ラジオでは、“When they did a multivariate analysis,” のフレーズを使い、発音練習をしていきます。

ぜひ一緒にやりましょう!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

多変量解析 multivariate analysis は、

モウティ ヴェリエイt ナァリシス

と発音します。

今回、multi の発音が「モウティ」と「モウタイ」の二種類ある、というお話をしましたが、同じようなものに anti の発音があります。

anti も「アンティ」と「アンタイ」の二つがあり、さらに「アナ」というバージョンもあります。

つまり、anti の発音は アンティアンタイアナ の3つです。

ややこしいですね…!

抗生物質 “antibiotics” のネイティブ発音を解説した記事 はこちら)

一つ一つの音にこだわり、急がずじっくり練習するのが、発音と聞き取りを上達させるコツです。

それではまた明日も頑張りましょう!

 

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第40回】世界的時短メソッド「ポモドーロ・テクニック」を試してみたら凄かった

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私は普段「医学英 …

【第22回】医療的文脈での「his system」意味と使い方

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   “T …

【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、米ドラマ …

【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   前からやってみたかった声のメディア、ラジオを始めました! 第一回目のトピックは、t と s がくっ付く英語の発音のは …

【第78回】ER の急性心筋梗塞 TPA治療場面で英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ER から心筋梗塞の患者さんへ TPA療法(血栓溶解療法)が行われているエピソ …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  3. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  10. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  11. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  12. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  13. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  14. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  18. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  19. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。