学会レポート

【学会レポ】Vol. 1 「録音しよう!」の巻

投稿日:2019年4月22日 更新日:

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

先日、とある大きな学会で、多くの先生方の英語発表を聴講させていただく機会がありました。

先生方への敬意を込め、16人の方の英語力への感想とともに、

 

より英語らしく英語を話すには、何をどーすればいいのか?

 

を、連載でお届けしたいと思います。

今回はその1回目です。

クライアントさんのお一人、英語での発表経験も豊富なサトシ先生と、後日、いろいろとお話が盛り上がりました。

サトシ先生と私の会話を通して、「あなたの英語の発表を成功させるためのヒント」をどしどし書いていきたいと思います!

 

 

日本人の先生方の英会話力は?

 

今回私は、16人の日本人の先生の英語の発表を聞かせていただきました。

 

サトシ先生

まずは、ざっくり、どんな感想でした?

 

エイミ

そうですね。

僭越ながら、発音面からは、日本人の先生方は

ほぼ全員が大きく改善の余地ありと感じました。

 

エイミ

もちろん、とても頑張られている先生もおられました!

でも一方で、「それは何語でしょうか?

というレベルの先生もおられまして。

 

サトシ先生

「何語やねん」レベルの先生もいましたか。笑

まぁ、実際まだまだそういう先生も多いんだよね。

 

エイミ

そうですね。なかなか衝撃的でした。

 

 

「話すのが早すぎる」or「声が小さすぎる」問題

エイミ

何人かの先生で、すごく気になったことが2つあります。

1つは、「早すぎる」!

 

エイミ

もしかして、早く話すのが英語だと勘違いされていませんか?

ただただ早く話すと、

誰もついていけなくなってしまいますよ。

 

サトシ先生

いますね、早すぎる人。

ダダダダダーって話すタイプの。

「英語は早く話すもの!」と思ってるのか、

単に言葉を詰め込みすぎてるのか。

あれは英語の発音以前の問題だよね…。

 

エイミ

そうですね。あれは発音以前の大問題です。

そしてもう1つは、「声が小さすぎる!

マイクを通しても小声すぎる方が、

16人中5人もおられました。

 

サトシ先生

ボソボソ話すタイプね。

いるね!

本人はきっと、自覚ないんだよね〜。

 

エイミ

それです! おそらく、自覚されてないですよね。

そこで質問です。皆さん、発表の練習をされる時、

録音や録画をしてますか?

 

サトシ先生

どうかなぁ。

あんまりしてないんじゃないかなぁ。

僕も最初はしてなかったもん。

してる先生、多くないんちゃうかなぁ…。

 

 

自分の声を【録音・録画】しよう!

 

ということで、「英語で学会発表をめざすドクターのための TO DO リスト」1つ目は、

 

Record yourself!

英語を話す自分を録音・録画しましょう!

 

ということです。

 

「えー…。」

「イヤだなぁ。」

 

というのは、すごくよく分かります。

録音した自分の声って、普段自分の耳に聴こえている声と違うので、気持ち悪いですよね。

「しかも、英語話してるやつなんか、めっちゃ嫌。」という気持ち、ものすごくわかります。

私も最初はそうでした。

 

しかし!!

 

そこを、ぐっと我慢です。

 

一度、ご自分の声の録音音声を聞いてみてください。

「声が気持ち悪い」を乗り越えると、必ず、重要な「改善ポイント」に気がつきます。

 

え? なんかめっちゃ早くない? こんなに早口で喋ってる?

 

とか、

 

声小さすぎやろ。これほんまに俺?

 

とか、

 

うわぁー。こんなに「えー」「あー」って言ってるんや(汗)

 

とかに、気が付きます。

 

発音レベルの高い方なら、

 

「ストレス音とアンストレス音のコントラストがまだ弱いなぁ。」

 

「息の量がまだ足りないなぁ。」

 

「あ、腹筋使うの忘れてた!」

 

などのポイントにも、ご自分で気づいて、一人で直していくことができるようになります。

 

改善するためには、まず、自分のウィークポイントに気づかないといけませんよね。

そのための最高の方法が、

 

自分を録音・録画して聴く! 観る!

 

ということなのです。

大きな成長というのは、いつも、自分自身のダメさにショックを受けることから始まるものですよね。

「うわー、なんじゃこりゃ。カッコ悪!」

と気づいたら、あとは、どんどんカッコ良くなっていくだけです。

 

ぜひ今日から、「録音・録画」、始めましょう!

 

 

【動画】「録音しよう!」を英語で話してみました

「録音しようぜ!」という話を、1分で短く話してみました。

良かったら見てもらえたら嬉しいです^^

 

 

まとめ

学会レポート1回目は、

 

録音音声を利用して、自分のウィークポイントに気付こう!

 

というお話でした。

これは本当に大切なことで、英語の上手な人なら100%やっている、基本の学習テクニックです。

今はスマホ1つで簡単に録音も録画もできるので、ぜひ実践してみてくださいね。

学会レポは、まだまだ続きます!

 

 

-学会レポート

執筆者:

関連記事

【学会レポ】Vol. 4 ダビンチの発音は「チ」が大事

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   『一体どうしたら …

【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事では、座 …

【学会レポ】Vol. 3 robot の発音はロボットではない

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会参加 …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  3. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  7. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  8. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  9. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  10. ガクトはなぜ英語の発音が上手いのか?その理由は彼の「発声」にあります!!
  11. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  12. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  13. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  14. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  15. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  16. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  17. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  18. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  19. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  20. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。