ポッドキャスト 医療系英単語の発音

【第115回】3つのアの練習- gram と drug のアは違う音です!

投稿日:2023年8月14日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のポッドキャストでは、 ミリグラム(milligram)と「英語の3つのア」 の発音練習をしていきます。

英語の発音は実は母音の方が難しいです。

「事後解析」”post hoc analysis”「受容体作動薬」”recepter agonist” などの医療系単語で、ア系母音を一緒に練習しましょう!

 

Dr.ナミ

ラジオは通常速度で10分23秒ニャ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞニャ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

「ミリグラム」の英語の発音

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスン受講生さんに私の方でレッスンの復習用にお作りしている音声データを公開しているものです。

この日のレッスンでは最初に生徒さんと「ミリグラム」の発音練習をしましたので、そこからさくっと練習を始めたいと思います。

日本語では ミグラム と「リ」の音程を上げて発音しますが、英語では

milligrams

リグァムス

と、「ミ」に第一強勢を置いて発音します!

 

◆ YouTube動画より

「この国では、1日あたりのカフェイン摂取量は400mgを超えないことが推奨されています。」

“The recommendation in this country is you shouldn’t have more than 400 mgs of caffeine in a day.”

 

レッスンでは 「0.75mg/week(1週間に0.75mg の投与)」という言葉で発音練習をしました。

強勢音節を間違えないよう、ポッドキャストで一緒に練習しましょう!

 

zero point seventy five milligrams per week”

強弱リズムを取っていきます。

 

“0.75mg/week”

“zero point seventy five milligrams per week”

ズィロ ポインt ヴンティ ファイヴ リグムス パー ウィーk

数字が1以外の時、単位に複数形の “s”(ス)を付けることも大切なポイントです。

忘れないように気を付けたいですね!

 

1. “post hoc” の 「ホ」は open A

日本人に「ア」に聞こえることの多い英語母音は3つあります。

それぞれ医療系の単語などを使って練習していきます!

 

◆ 一つ目のア:open A(オープンエー)[a]  発音のポイント

↑”doc” [dak] と発音しているERのキャロルです。 唇よりも「のど」の使い方に注目します!

・口から喉にかけてぽかんと空間を作り、広く空いた喉のスペースを使って「ア(オ)」と発音する、アとオの間のような音です。

・後舌母音(発音する際に舌先が下前歯より後ろに下がる母音)です。

・つづりは主に “o” です。

・イギリス英語ではオ寄り、アメリカ英語ではア寄りの音になります。 

 

open A を使う単語には以下のようなものがあります。

 

◆ open A [a] を使う単語例

talk [tak]   hoc [hak]   hospital [hɑ́spɪt(ə)l]

long [laŋ]  doctor [dɑ́ktər] 

problem [prɑ́bl(ə)m] probably [prɑ́bəbli]

 

Dr.ナミ

イギリス英語では「オ」と聞こえるのに、

アメリカ英語ではア+オのような

微妙な音になるむずかしい母音にゃ。

 

レッスンでは 「事後解析“post hoc analysis” という言葉で発音練習をしました。

アメリカ英語では、hoc を open Aで、やや「ハック」寄りで発音します。

◆ YouTube動画より

「しかし当研究では、60%が自閉症を患っており、事後解析では‐」

“-but about 60% of those in this study had autism and a post hoc analysis-” 

 

強弱リズムを取っていきます。

“post hoc analysis

st k ァネァリスィス

 

open A は「アの口をしてオと言う」と説明されることもあります。

「ハの口をしてホ」のような気持ちで発音するとうまく行くことが多いです!

 

2. “gram” の 「ラ」は american A

二つ目は american A、”apple のA” などとも言われる特徴的なア系母音です。

 

◆ 二つ目のア:american A(アメリカンエー)[æ]  発音のポイント

↑”cancer” [kǽnsər] と発音しているERのグリーン先生です。 

・「エァ」という響きの音です。

・唇をタテにもヨコにも大きめに開き、舌根を上から下に動かして発音します。

・アゴを下から前に向けてずらすような動きを伴います。

・前舌母音(発音する際に舌先が下前歯に着く母音)です。

・つづりは主に “a” です。

 

◆ american A [æ] を使う単語例

gram [græm]   factor [fǽktər]   cancer [kǽnsər]

analysis [ənǽləsıs]  attack [ətǽk]

family [fǽməli] thank you [θænk ju]

 

Dr.ナミ

エ…エ…エァ。

この音はいつもアゴが外れそうになるニャ!

 

エイミ

アゴが弱い方は無理のない程度で…!

3つのアのうち、もっとも口を大きく動かす母音です。

出来れば日頃から口を大きめに動かすことを心掛け、

アゴや舌を動きやすくしておけると良いですね!

 

3. “one” の 「ワ」は mountain A

3つ目は日本語の「ア」にもっとも似ている母音です。

 

◆ 三つ目のア:mountain A(マウンテンエー)[ʌ]  発音のポイント

↑”one” [wʌn] と発音しているERのスーザンです。 

唇は小さめに開き、音を前に押し出すように発音します。

・アとウの間のような音です。

・中舌母音(発音する際に舌先が下前歯の根本あたりに付く母音)です。

・つづりは主に “u” です。

 

◆ mountain A [ʌ] を使う単語例

study [stʌdi] one [wʌn]

drug[drʌg]   done [dʌn]

lumber [lʌnbər]  introduction [ɪ̀ntrədʌ́ʃən]

 

レッスンでは 「GLP1受容体作動薬“glp1 receptor agonist” という言葉で、american A と  mountain A を一緒に発音練習をしました。

 

◆ YouTube動画より

「(SANS発症の徴候が見られたら)我々はSANSの治療法を検討し、GLP1受容体作動薬を用いて治療を行います。」

“-Then we’ll look at how we can treat SANS, and we’ll do this using a GLP1 receptor agonist, -” 

 

“one” の「ワ」は mauntain A(スーザンの顔)、”agonist” の「ア」は american A(グリーン先生の顔)で発音します。

そのまま強弱を付け、リズムを取りましょう!

 

“GLP one recepter agonist

ン レプタ エァゴニスt 

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

 

Dr.ナミ

ラジオは通常速度で10分23秒ニャ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞニャ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回はある生徒さんと「ミリグラム」そして「3つのア」の発音練習 を行ったレッスンの内容をご紹介しました。

◆ ミリグラム の発音のポイント

「ミ」に第一強勢を置いて発音します!複数形の “s” も大事です。 

milligrams

リグァムス

◆ 3つのア の発音のポイント

・[a] オープンA のどを広く開き、口の奥に響かせて発音する音です。talk、hoc、hospital、long、doctor、problem などの母音です。つづりは主に “o” です。イギリス英語ではオ寄り、アメリカ英語ではア寄りの音になります。 

・[æ] アメリカンA 「エァ」という響きの音です。唇をタテにもヨコにも大きめに開き、舌根を上から下に動かして発音します。つづりは主に “a” で、factor、cancer、analysis、attack などの母音です。

・[ʌ] マウンテンA 唇は小さく開き、音を前に押し出すように発音します。つづりは “u” が多く、study、one、drug、introduction などの母音です。

 

英語の発音は子音より母音の方が難しいのですが、3つのアが発音できるようになると、英語を話す時の身体の使い方が身に付き、ほかの母音も上手に発音できるようになります。

これからもラジオや無料メルマガで英語コンテンツを公開していきますので、良ければチェックしてくださいね。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト, 医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

【第105回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 小学5年生の男の子へ「サッカー」を使って英語を勉強してもらう 個別レッスンの一 …

【第54回】全然違う音なんやで! She と See の発音方法を1分で解説

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は she( …

【第50回】「変異株」と「株をやる」と野菜の「蕪」を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私、この間ある生 …

【第62回】can と can’t がどうしても同じに聞こえる時

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、できる出 …

【第94回】とにかく明るい安村さんのBGTフリートークで英語学習!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

最新記事

  1. 【第39回】これでわかる! アメリカ&イギリス発音の決定的違い
  2. 【第7回】”would” の使い方
  3. 【第61回】英語で「は?」と聞き返されても気にしない。受け止め方と対処法
  4. 【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する
  5. 保護中: TOEIC Part2 Q18
  6. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【子音編】
  7. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  8. 【腹膜の英語】peritoneum、peritoneal の発音はこれで完璧だ
  9. 【生徒さんの声】菜々緒さんがなぜ英語が上手いのか、理由がわかりました
  10. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【アヒル口編】
  11. 【生徒さんの声】留学経験ゼロから英語で学会発表が出来るように!
  12. 【第79回】「SGLT2」と腎臓組織の英語の発音
  13. 保護中: TOEIC Part2 Q12
  14. 【第104回】英語でチャット〜ポッドキャスト配信アプリのスタッフさんと
  15. 保護中: TOEIC Part2 Q15
  16. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【6】海外ドラマで英語学習 手抜き編
  17. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  18. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  19. 【第80回】ER で英語学習 術後の患者さんに関する医師とナースの会話
  20. 【第56回】患者さんへ術後の回復過程説明を英語で 後編
  21. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  22. 【動画】「一般化ウィルコクソン検定」の英語の発音をわかりやすく
  23. 【第26回】「大動脈瘤の最先端治療を行っています」ER で発音練習
  24. 【第63回】ピンクレディー世代に捧げる発音講座 want と won’t
  25. 【第 109 回】 “sit” (座る)を日本人が発音すると “shit” に聞こえます
  26. 「基礎疾患」英語でどう言う? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【2】
  27. 【第20回】ネイティブの「When do l」は聞き取りがめっちゃ難しいの巻
  28. 【動画】「ログランク検定」の英語の発音をわかりやすく
  29. 保護中: TOEIC Part2 Q19
  30. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保管する方法
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。