あれこれ ラジオ

【第60回】留学経験なしでも大丈夫! 英語力ゼロから英会話講師になった私の勉強法

投稿日:2021年12月9日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今日は 英語を英語らしく話せるようになるための学習法 について、私が思うところをお話ししていきます。

皆さんは「これが出来るようになりたいな」とこれまで何かにチャレンジされたこと、英語以外にもきっとたくさんあると思うのですが、その時、具体的になにをしましたか?

それが今回の「英語を話せるようになるには何をすればいいか?」の答えに繋がっていくかと思います!

 

Dr.ナミ

ラジオは通常速度で12分35秒だニャ。
大事なところだけ聞きたいあなたは 1:45 からどうぞニャ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

今は英語圏に行かなくてもいくらでも英語を身に付けられる時代

私はいま、お医者さんに医学英語の発音や聞き取りの方法をお教えする仕事をしています。

しかしいわゆる英語圏への留学経験はゼロです。

私はフィリピンに留学して、フィリピンの人たちから英語を教わりましたが、英語の国アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア、どの国にも留学経験どころか旅行にも行ったことがありません。

そのことをアメリカ在住のお医者様にこの間何気なく話したところ、

「それでよくそんなに話せるようになりましたね」

と驚かれました。

しかし今は “英語を身に付けるには留学しなければいけない” という時代ではないです。

日本を離れて生活することによって得られる特別な経験はもちろん限りなくありますが、英語習得のために日本を出なければいけないか? というと、一歩も出なくても問題ない時代だと私は感じています。

やる気さえあれば、日本にいても、どこにいても、周りにネイティブなどの英語話者が一人もいなくても、十分に英会話学習が可能で、どんな人でも英語を話せるようになる環境がいまの私たちにはあります。

 

何を学ぶにもまず模倣から

今回のラジオで皆さんと一緒にやっていくのは、英語力ゼロだった私がお医者さんに英語をお教えする英会話講師になるまでの3年間、一人で家で延々とやっていたシンプルな英会話学習法です。

それは 海外ドラマを使ったコピーイング です。

ネイティブが話している台詞をそのまま真似をしてみる、という練習方法です。

私は英語圏への留学経験はゼロですが、フレンズやERなど、自分が好きなアメリカのドラマの台詞を延々とコピーイングしてきました。

ドラマの登場人物になり切って、日本人である自分はその時はちょっと横に置いておいて、英語バージョンの私(”日本語バージョンの私” から人格をずらすイメージ) でやり切ります。

何かを身に付けたければ最初は模倣です。

そして、模倣するにしても中途半端ではダメで、徹底的にやることが大切 だと私は思っています。

コピーイングの練習に、今回は ER のベントン先生とカーターの会話を選んでみました。

ぜひ一緒にやってみましょう!

 

 

ERのコピーイング解説

 

Dr.ナミ

まず今回の課題の聞き取りに挑戦してみるニャ。

答えを見る前に一度考えてみるんだニャ!

 

◆ 【聞き取りチャレンジ】今回のコピーイングの課題

Dr. ベントン:________のやり方は知ってるか?

医学生カーター:えーと、わかりません。

Dr. ベントン:______________だろ?

 

どうでしょうか。

ドラマなのでとても難しいのですが、一単語でも多く聞き取れるようにできるだけ頑張って聞いてみましょう!

考えていただいたら、答えをどうぞ!

 

 

 

 

◆ 【答え】今回のコピーイングの課題

Dr. ベントン:点滴のやり方は知ってるか?

Do you know how to start an IV?

医学生カーター:えーと、わかりません。

Uh, actually, no.

Dr. ベントン:でも(メディカルスクールの)3年生だろ?

I thought you were third year.

◆ start an IV    点滴を刺す、刺して始める  

 

それではコピーイングしてみましょう。

限界までオリジナルに忠実に頑張りましょう!

 

Do you know how to start an IV?

ゥユ ハウt sタータナイヴィ

◆ start an IV を スタータナイヴィ? と連続させて発音しましょう

 

Uh, actually, no.

 kチュアリィ ウ.

◆ 最初の Uh, も飛ばさず真似をしましょう。「点滴出来ないって言いにくいな~」と思っているカーターの気持ちになり切って。

 

I thought you were third year.

アソュワ ーd ィ?

◆ 最初の I は ア だけで発音しましょう。

◆「3年なのに何で点滴ができないんだ?」という Dr. ベントンの気持ちになり切りましょう!

 

ポッドキャストで私と一緒に練習するにはこちらから!

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は英語を英語らしく話し、聞けるようになるためにとても大切な練習方法、コピーイングを皆さんと一緒に実践していきました。

コピーイングはシンプルな英会話練習法ですが決して簡単ではなく、最初からお一人で行うのは難しいところもあるかもしれません。

いきなり上手くいかなくてもそれは当然なので、気にせずたくさん練習しましょう。

その間、細部には意識を向け続けるようにみてください。

10回20回うまくできなくても気にしない。

それが普通です。

100回やれば絶対に上達しますので一緒に頑張りましょう。

 

 

-あれこれ, ラジオ

執筆者:

関連記事

【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、リスニン …

【第9回】医学英語の発音練習には何がオススメですか?

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「発音練習の題材には、どんなものを使えば良いでしょうか? 私は論文のアブ …

【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、アルファ …

【第20回】ネイティブの「When do l」は聞き取りがめっちゃ難しいの巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、アメリカ …

【第72回】発音に要注意!parameter は「パラメーター」じゃないですよ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   発表練習や論文音読の際、多くの …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  3. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  4. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  7. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  8. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  9. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  10. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  13. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  14. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  15. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  16. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  19. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  20. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。