ラジオ

【第32回】”inflammatory” は「インフラマトリー」ではありません

投稿日:2021年3月31日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、医療系基礎単語の一つ “inflammatory”(炎症性の)の発音練習 を、ラジオと動画で皆さんと一緒にワークをしていきたいと思います。

inflammatory は、普段カタカナで「インフラトリー」と読んでいる先生が多くおられます。(「マ」を上げるイントネーションで。)

普段このカタカナで読まれていると、いざ学会などで正しく発音する必要がある時、発音を直すのにかなり時間がかかってしまいます。

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で16分45秒だよ。

早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

 “inflammatory” ネイティブはこう発音する

 

エイミ

それではまず

ネイティブの inflammatory の

リスニングに挑戦してみましょう!

これからご紹介するのは、

「ストレスと友達になる方法」

という動画の一部です。

以下の18秒の音声の中に

“anti-inflammatory”(抗炎症)

というワードが出てきますが、

さて、どこで出て来ているでしょうか?

 

◆ 【聞き取りに挑戦】”anti-inflammatory” はどこに出てくる?

オキシトシン(というホルモン)は、脳だけでなく、身体の他の部分にも働きかけます。_______________。________。

Well, oxytocin doesn’t only act on your brain. __________________. ______________.

【英語音声】

 

 

いかがでしょうか。”anti-inflammatory” 、聞き取れましたか?

アンチ・インフラマトリー

だと思っていると、なかなか聞き取れないかもしれません。

一度でわからなくとも、繰り返して聞いて大丈夫ですので、よーく聞いて、耳で探してみてくださいね!

それでは、答えです!

 

 

 

 

◆ 答え

オキシトシンは脳だけではなく、身体の他の部分にも働きかけます。オキシトシンの主な役割の一つは、心血管系をストレスの影響から守ることです。自然の抗炎症薬なのです。

Well, oxytocin doesn’t only act on your brain. It also acts on your body, and one of its main roles in your body is to protect your cardiovascular system from the effects of stress. It’s a natural anti-inflammatory. 

【英語音声】

ストレスと友達になる方法 – How to make stress your friend

 

エイミ

サトシ先生!

anti-inflammatory

カタカナにするなら

どのような感じで発音されているでしょうか?

 

Dr.サトシ

 うーん、まず、

anti が アンチではなく

アンタイ と発音されているよね?

そして inflammatory は

ラとトを強く発音して、

「インフ ラァ トー リィ」。

「インフラトリー」ではないね…!

 

 

英語の anti には、「アンティ」と「アンタイ」の二つの読み方があります。

今回ご紹介した動画では「アンタイ」が使われていました。

そして inflammatory は、lato に強勢を置いて発音します。(「マ」ではありません)

 

ということで、anti-inflammatory は「アンチインフラマトリー」ではなく、

◆ anti-inflammatory

アンタイ インフラァトーリィ

 

となります。

 

Dr.サトシ

それじゃ

動画で口の動きを確認してみよう!

長さは2分22秒だよ!

 

 

 

inflammatory の発音のコツ

 

エイミ

参考までに、

inflammatory を発音する時の

私の日本語の口と英語の口を並べてみました。

イン「フ」「ラ」「マ」「ト」「リー」

ほぼ全部の口の形が違っているので、

ぜひよーく見比べてみてください!

 

◆ “in-f-la-mma-to-ry”  日英口比較

↑ in は日本語と英語で大きく違いません。

↑ここから変わります。英語の [f] は、前歯を下唇に押し付けて「フッ」

↑[la] 英語では、あごをしっかり下げ、口を大きく開きましょう! 

↑[ma] 英語の「マ」、びっくりしますよね。本当にこんな顔するの…? するんです! あごにシワが寄るくらい強く唇を結びます!

↑[to] 日本語の「ト」ではあっさりしすぎです! 鼻の下を伸ばし、あごを下げて「トォ」。

↑R の発音を使います。アヒル口で「リィ」。

 

特に大切なのは、アクセントの乗る「ラ」と「ト」の動きです。

どちらも日本語よりも口の動きがかなり大きいです。

インフ ラァ」

 

「トォリィ

 

la と to の発音がきれいになると、inflammatory はかなり英語らしく発音できるようになります。

 

それでは、今日はここまでです!

ラジオでは、 「抗炎症」 “anti-inflammatory” と「炎症反応」”inflammatory response” の発音を練習していきます。

一緒に頑張りましょう!

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

形容詞 inflammatory は、発話する際、アクセントの位置に留意した方が良い単語です。

「インフラトリー」ではなく、

inflammatory

インフラァトーリィ

となります。

強勢が二カ所あるので、少し発音が難しいですが、ラジオで練習したように音を分割して練習すると上達しやすいです。

ちなみに、respiratory(呼吸器の)のアメリカ英語での発音は、 inflammatory とよく似ています。

respiratory

スプラトーリィ

こちらも強勢箇所が二つあります。

合わせて発音練習すると効率的かと思います!

 

-ラジオ

執筆者:

関連記事

【第11回】医学のトップジャーナル「NEJM」で発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、第9回ラ …

【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、多くの日 …

【第20回】ネイティブの「When do l」は聞き取りがめっちゃ難しいの巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、アメリカ …

【第24回】オーストラリア英語の聞き取り練習(TOEICとERで解説)

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は オースト …

【第26回】「大動脈瘤の最先端治療を行っています」ER で発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、米ドラマ …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  3. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  6. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  7. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  8. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  9. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  10. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  11. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  12. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  13. 「基礎疾患」英語でどう言う? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【2】
  14. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  15. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  16. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  17. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  20. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。