学会レポート

【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【子音編】

投稿日:2019年11月19日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

この記事は、

英語の発表でスラスラ話せるようになるための自主練のコツ

の2記事目です!

 

1記事目はこちら → 留学せずにスラスラ【発音をちゃんと調べよう!】

 

べたべたのカタカナ英語をやめるには、

英語の「子音の強さ」に気が付かないといけません。

今回は、子音をキレッキレにして一気に英語っぽく話すコツをお話ししていきます!

 

 

10秒で【子音】を説明します!

 

エイミ

サトシ先生、「子音」とゆーものを

一言で説明してください!

 

Dr.サトシ

えーと~、

ローマ字の左側の文字

 

 

子音というのは、ローマ字でひらがな一文字(アイウエオ除く)を書いた時の「左側」の音のことです!

 

たとえば「ka(カ)」なら、左側は ですね。

このKが子音です。

sa(サ)なら、左側の S

ta(タ)なら T

na(ナ)なら N が「子音」です。

 

英語は、このKとかSとかを強く発音します。

この「子音を強く発音する」というのは、文字で書いてもあまり伝わりませんので、音で聴いみてもらいたいと思います!

 

 

たとえば【子音 Tを強くしてみると

 

エイミ

医療ドラマ「ER」から音声を聞いてみましょう!

部長のモーガンスタン先生のセリフです。

 

” Because a lot of surgeons don’t take the time to listen to their patients. “

「(診断ミスが起きるのは、)ほとんどの外科医が、患者の話を聞かんからだ。」

 

数値だけで「手術は必要ない」と判断し、緊急オペを招いた後輩医師、ベントン先生を諭すための一言です。

 

「take the time」の発音に注目して、耳を澄まして聞いてみてください!

 

ネイティブの発音

 

 

英語の「take the time」、

むっちゃキレがあると思いませんか?

 

ッツェイク ザ ッツァイ

 

みたいな感じです。

 

エイミ

日本語と英語を並べて発音してみます。

違いを感じてみてください!

 

イク → take → イム → time → イクザイム → take the time

 

 

比べると、日本語の音は、落ち着いていてマイルドですよね。

逆に英語の音は、パンチが強く勢いがあり鋭いです。

 

この鋭さが、「子音を強く発音する」という感覚です。

 

Dr.サトシ

タイム っていうより、

ッツァアイム

って感じで発音するといいぞ!!

 

 

【次はS】英語はキレが命! キレッキレに発音するべし

 

エイミ

子音を強くする」感覚、

もうちょっと続けて感じてみましょう。

次は「S」です!

 

Stop talking just a second? “

「少し話すのをやめてください」

 

重体なのにしゃべり続ける患者さんを心配する、グリーン先生の一言です。

 

ネイティブの発音

 

 

よ~く聞くと、「just a second」のところで、

息のシューっと出る音」が聞こえませんか?

 

ジャス(シューー)セカン?

 

みたいな、空気が吹き出すような音です。

この「シュー」が、英語のSです!

 

エイミ

これも、

カタカナ発音と英語を並べて発音してみます。

日英の「シュー」の量の違いに注目してみてください!

 

ジャトアカンド → just a second → トップトーキングジャトアカン? → Stop talking just a second?

 

 

このように英語は、勢いをつけて言葉を話します。

その勢いは、日本語の3倍から5倍です。

キレのある音にすると一気にそれらしく聞こえるようになりますので、

ぜひやってみてください。

 

ていうか、英語話すなら絶対やらなあかん。

 

 

今回のまとめ

英語の発音で一番大切なのは、「子音を強く、キレよく発音すること」です。

ということで、家や職場で、キレのある音を出す練習をしてください。

 

練習のイメージとしては、

K、T、G、D、Pなどの「弾く(はじく)系の音」は、前に小さいツを入れるイメージです。

勢いをつけるのが大事です。

 

◆cancer

キャンサー → ッキャンサァ

◆take

テイク → ッテイ

◆patient

ペイシェント → ッペイシェンッ

 

こすれる系の音」の S は、前にシューっと、「自転車のタイヤに空気を入れる時のような音」を入れます。

 

◆surgeon

サージェン → (シュー)サージェン

◆spleen

スプリーン → (シュー)スプリーン

 

「なんかあいつ英語うまいな!」という先生は、みんなこれを知っていて、ひそかにこれを練習しています。

 

皆さんもぜひやってみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^^

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

続きの記事は、

スラスラ英語発表のための自主練ノウハウ【アヒル口編】

です!

 

-学会レポート

執筆者:

関連記事

【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。     「 …

【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】Vol. 2 「英語の強弱リズムに乗ろう」の巻

  エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会参加後レポートの第2弾です。 クライアントさんであるサトシ先生との後日談をもとに、「英語の発表を成功させ …

【学会レポ】座長編「外国人の読めない名前をなんとか発音する方法」

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     サトシ先生 さーて、来週の学会では座長だなっと。 演者の名前をチェックしとかなきゃ。 …

最新記事

  1. 【第97回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン1
  2. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  3. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  4. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  6. 【第47回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 前編
  7. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  8. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  9. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  10. 【第92回】二つのウの練習- pull と glucose のウは違う音です!
  11. 【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応1【英語丸ごと解説】
  13. 【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ
  14. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  15. 【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法
  16. 【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います
  17. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  18. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  19. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  20. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  21. 【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし
  22. 【医療の英会話】「〇〇先生を呼ぶ、来てもらう」ネイティブはどう言う?
  23. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  24. 英検1級受験記【6】The Early Solar System「初期の太陽系」
  25. 【第121回】診療英会話〜検査終了後の「着替えてください」どう言う?
  26. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
  27. 【第22回】医療的文脈での「his system」意味と使い方
  28. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  29. 【第111回】診療英会話〜妊娠高血圧症疑いの妊婦さんとその夫とお医者さん
  30. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。