ポッドキャスト

【第56回】患者さんへ術後の回復過程説明を英語で 後編

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今日は、肝胆膵外科のアメリカ人の先生が膵頭十二指腸切除の術後リカバリーについてお話しされている動画 から英語フレーズをご紹介していくシリーズの後半です。

外来や入院で外国人の患者さんを受け持たれている先生には参考になる表現もあるかと思います。

発音と英語表現を一緒に学習していきましょう。

 

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で15分34秒だよ。

大事なところだけ聞きたいあなたは2分50秒地点からどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

入院期間について

今回ご紹介する動画のタイトルはこちらです。

The Whipple Procedure Explained: Dr. Emily Winslow

(エミリー・ウィンスロー医師によるウィップル手術の説明)

 

前回は、「ウィップル手術後の回復にはどのくらいかかりますか?」という質問に対し、エミリー先生がこんな感じで回答を始められたところを聞きました。

“回復” というのは、医師が考える回復と、患者さんが考える回復に差があることが時としてあります。今回は患者さんの観点からの “回復” について、できるだけわかりやすくお話ししてみますね。」

それではこの続き(動画 4:00 から)を聞いていきましょう!

 

【聞き取りチャレンジ】「入院期間は大体1週間で…」

The first thing is, the hospital stay is generally about a week for most patients who undergo a Whipple procedure, pancreaticoduodenectomy.

It can be ______ _______ ___ ____ ______, and ________ ___ ______ who have things come up after surgery with infection or that sort of thing.  

まず、ウィップル手術、膵頭十二指腸切除術を受けられた方の入院期間は、大体一週間です。________________、術後に感染症などの問題が起こると、______________

◆or that sort of thing   など、何かしらそういったもの

 

ということでここから、術後の入院期間についての説明になります。

ウィンスロー先生が何と言っているかわかりましたか?

一度でわからなくても大丈夫なので、何度か繰り返しトライして考えてみてくださいね。

考えていただいたら、答えをどうぞ!

 

 

 

 

◆ 答え 

The first thing is, the hospital stay is generally about a week for most patients who undergo a Whipple procedure, pancreaticoduodenectomy.

It can be somewhat shorter for some patients, and longer for others who have things come up after surgery with infection or that sort of thing.  

まず、ウィップル手術、膵頭十二指腸切除術を受けられた方の入院期間は、大体一週間です。やや短くすむ患者さんもおられますし、術後に感染症などの問題が起こると、一週間より長くなることもあります

◆or that sort of thing   など、何かしらそういったもの

 

ということで、「入院期間はもっと短くなることもあるし、長くなることもある」は、

It can be somewhat shorter for some patients, and longer for others who have things come up after surgery with infection or that sort of thing.  

でした!

somewhat  は「やや」「いくぶん」の意味で、a little の丁寧版のような感じです。

 

また、最初のフレーズは発音練習にとても良いです。

The first thing is, the hospital stay is… でしっかり山と谷を作って発音してみましょう。

 

強勢音で盛り上げ、非強勢音は小さく低くします。

The first thing is, the hospital stay is…

ファーst ン ィz, ザ スピドウ ステイ ィz…

良かったらラジオで私と一緒に発音練習してみてくださいね。

それでは続きです!

 

退院後の自宅療養の重要性について

「入院期間はもっと短くなることもあるし、長くなることもある」の続きです。

今回私からご紹介するのはこの部分が最後です。

一緒にもうひと頑張りしましょう!

 

【聞き取りチャレンジ】「入院期間より大事なのは…」

The recovery at home, however, is probably more important part of recovery for patients. And this is an important time when patients getting their strength and energy back, and making sure that they maintain their nutrition. 

ただ、入院期間より自宅療養期間の方が、患者さんの回復にとってはおそらくより重要です。自宅療養は、体力と気力を取り戻され、しっかりと栄養を摂るための重要な時です。

 

ということで、入院期間の次は、自宅療養についてです。

英語表現に注目してみましょう。

●自宅療養

 the recovery at home

● SがVするための重要な時だ

 This is an important time when SV.

● 体力と気力を取り戻す

 get one’s strength and energy back

 

ラジオでは、エミリー先生の発音を私がゆっくりめに繰り返し、少しずつ英語学習していきます。

大事なところだけ聞きたいあなたは2分50秒地点からどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は、ネイティブのお医者さんが「術後の回復にはどのくらいかかりますか?」という質問に答えられている動画から中盤の英語フレーズをご紹介しました。

The first thing is, the hospital stay is generally about a week for most patients who undergo a Whipple procedure, pancreaticoduodenectomy.

まず、ウィップル手術、膵頭十二指腸切除術を受けられた方の入院期間は、大体一週間です。

It can be somewhat shorter for some patients, and longer for others who have things come up after surgery with infection or that sort of thing.  

やや短くすむ患者さんもおられますし、術後に感染症などの問題が起こると、一週間より長くなることもあります。

The recovery at home, however, is probably more important part of recovery for patients. And this is an important time when patients getting their strength and energy back, and making sure that they maintain their nutrition. 

ただ、入院期間より自宅療養期間の方が、患者さんの回復にとってはおそらくより重要です。自宅療養は、体力と気力を取り戻され、しっかりと栄養を摂るための重要な時です。

 

今回、私の方からこちらの動画の英語表現をご紹介するのは一旦ここまでにしようと思います!

エミリー先生のウィップルに関するお話は前後にまだまだありますので、興味を持たれた先生はぜひ元動画を観てみられてください。(全部で6分弱の見やすい長さです。)

それではまた一緒に英語学習しましょう!

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第26回】「大動脈瘤の最先端治療を行っています」ER で発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、米ドラマ …

【第75回】自然な英語で「骨挫傷」を患者さんに説明する方法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今日はアメリカのスポーツニュースの動画から、NBAでプレーするプロバスケットボール選手 …

【第90回】「あれどうだった?」英語でどう言う? 海外ドラマで英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     この記事では 「あれ、どうだった?」「上手くいった?」 と英語で言いたい時、ネイティブ …

【第61回】英語で「は?」と聞き返されても気にしない。受け止め方と対処法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は英語を話し …

【第78回】急性心筋梗塞の患者さんのTPA治療場面で英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ER から急性心筋梗塞の患者さんへ TPA療法(血栓溶解療法)が行われているエ …

最新記事

  1. 【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】
  2. 「ソーシャルディスタンス」英語でどういう? 新型コロナ関連の英語表現&発音まとめ【3】
  3. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  4. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  5. 保護中: TOEIC Part2 Q24
  6. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  7. 【生徒さんの声】スウェーデンの人たちと医療について語り合いたい!
  8. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  9. 【第6回】”could” の使い方
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【第38回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【2】
  12. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【5】ディクテーション学習の失敗談・成功談
  13. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q38 2W1
  14. 【英語の発表例文】「(みんな知っての通り)~ですので」を自然に言う方法
  15. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
  16. 【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる
  17. 【第25回】英語の発音はサザン桑田佳祐さんを真似れば最強
  18. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  19. 「集団免疫」英語でどう言う? 発音&聞き取りが難しめなので解説します
  20. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  21. 保護中: TOEIC Part2 Q25
  22. 【学会レポ】Vol. 10 使わないと不自然!「えー」「それでは」「さて」を英語でも言おう
  23. 【第67回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 後編
  24. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  25. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  26. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  27. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
  28. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  29. 【第48回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 後編
  30. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。