ラジオ

【第6回】「助動詞が上手く使い分けられないのですが、どうしたらいいですか?」could 編

投稿日:2020年6月14日 更新日:

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「可能性を表す助動詞 would、could、may の使い分けがいまいちわかりません」について、ラジオで私なりの考えをお話ししてみました。

助動詞って本当、勉強しても勉強してもなかなかピンとこなくて、英語アレルギーの一因になってしまう、厄介なものですよね。

私も昔は助動詞が苦手だったのですが、ある時、「こうすればいいんだ!」と視界が開けた瞬間がありました。

それは、ネイティブのリアルな助動詞の使い方をたくさん集めて、それをじーーーーっと観察し、そこに共通している “こころ” を探る という、地味~な学習を始めた時です。

今回は、私がこれまでの英語学習からたどり着いた could のこころ をラジオでお話ししてみました。

ドラマの台詞で発音練習も一緒にしていきます。

ラジオは、Anchor や Podcasts など、お好きなサービスでお聞きください。

通常速度で18分07秒です。早く聞きたい方は倍速などで!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

4.Spotify

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

1:would、could、may 可能性の低い順に並べると?

 

3つの助動詞の可能性の低い順、これは「話し手がどれだけ慎重にそのことを伝えようとしているか順」とも言えると思いますが、この3つをそういう意識で並べると、どういう順番になると思いますか?

どれが一番「慎重さ」が込められていて、また、どれが一番、ストレートなのでしょう?

答えは、

 

could(慎重)

may(まあまあ慎重)

would(かなりストレート)

 

の順番です。

私は、助動詞を使い分けるのが難しいのは、助動詞は人間の心の機微を表す単語だから だと思っています。

助動詞は、人の細かい心情表現を助ける言葉。

日本の英語学習は一つのセンテンスだけを切り取って説明しよう、理解させようとすることが多いので、それが足枷となって、なかなか学習者の理解が進まないように感じます。

助動詞を理解するには、前後の文脈やその場の出来事全体を眺めて、その人の心のうちを感じることが大切です。

今回は、それをちょっと一緒にやっていきましょう。

 

2:could の感覚(慎重さ)を感じよう! 例文3連発 

「(検査が終わらないとわかりませんが、)肺炎か、もしかすると、初期の心不全かもしれません。」

It could be pneumonia or possibly early heart failure. “

 

ラジオ後半では、実際に could の使われているドラマの3場面を一緒にみていきます。

could は、慎重に、可能性を高く感じさせずに、あることをある人に伝えたい時に好んで使われていることが、少しずつ見えてくると思います。

(そうじゃない可能性もありつつ、)こういう可能性があります。

(あくまで可能性の一つとして、)こういうことがあり得るかと。

「このことをこの人にいま伝えることは必要なのだけど、慎重さを持って伝えないとな」という時って、大人の日常にはたくさんあるなぁと思いませんか?

それはきっと、どこの国でも同じです。

なので could は、慎重さや配慮が必要な仕事の一場面で、良く使われています。

 

(問診の内容から考えるに、)結腸の炎症かもしれません。数時間様子を見て良くならなければ、恐らく手術が必要です。」

You could have an inflammation in the colon. If it doesn’t get better in next couple of hours, you might have to have a surgery. ” 

 

たとえば、同僚に「これはあなたの考えているAではなく、Bかもしれないですよ。」と別の可能性を伝えたい時も、配慮を持って口にしたいですよね。

ここでも、could が出てきています。

 

Dr. ルイス:(今の段階で、高価な検査である)超音波検査を?

An ultrasound?

Dr. グリーン:虫垂炎かもしれない。

Could be appendicitis. 

Dr. ルイス:ガスが溜まっているだけの可能性も。

Could be gas.

 

と、could はこういう感じで使うのですが、残念ながら助動詞の感覚は、文字を眺めているだけでは骨身に染みることはありません!

何度「勉強」してもいまいちピンとこないのは、人の説明を見る・聞くばかりで、あなたご本人が実際に口に出していないからかもしれません。

実際の使い方を真似して自分で声を出すようにすると、途端に自分のものになることはよくあります。

 

Dr.サトシ

ということで、

could の感覚をジワジワ感じつつ、

この3つのシーンを

一緒に発音していくよ!!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

4.Spotify

 

練習し終わる頃には、結構すっきり理解できていると思います!

それでは、ポッドキャストでお会いしましょう!!!(^^)

 

 

-ラジオ

執筆者:

関連記事

【第9回】医学英語の発音練習には何がオススメですか?

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「発音練習の題材には、どんなものを使えば良いでしょうか? 私は論文のアブ …

ガクトはなぜ英語の発音が上手いのか?その理由は彼の「発声」にあります!!

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、今話題の GACKT さんの英語発音動画 に関して、ラジオで話しました!   現在、Anchor …

【第5回】「英語は主語を何にすればいいか悩んでしまいます。何か解決法はありますか?」

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「英語を話す時、主語を何にすればいいのかいつも悩んでしまいます …

【antibiotics】ネイティブが発音すると謎の音になる理由を解説!

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、抗生物質 “antibiotics” のネイティブの発音 について、ラジオでお話しし …

【第8回】英語の学会発表 ~理想の準備の進め方~

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「英語の学会発表の準備は、いつからどのように進めていけばよいか、手順やタ …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  7. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  8. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  9. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  10. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 日本の「ソーシャルディスタンス」使い方は正しい? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【3】
  13. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  14. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  15. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  16. 「オーバーシュート」は通じる?「感染爆発」英語でどう言う?
  17. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  18. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  19. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  20. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。