ポッドキャスト

【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語

投稿日:2020年6月8日 更新日:

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「英語を話す時、主語を何にすればいいのかいつも悩んでしまいます」について、ラジオで私なりの考えをお話ししてみました。

英語と日本語は文の作り方が根本的に違うことが多く、日本語をそのまま英語にすると、変な英文になってしまうことがよくありますよね。

なので、「主語はこれでいいのかな?不自然じゃないかな?」と悩んでしまうこと、とてもよくわかります。

同じお悩みをお持ちの方も、たくさんおられると思います。

少しでも参考になれば嬉しく思います!

(ただし回答はめっちゃ地味です。すごい!画期的!!というようなものではないことを先に言っておきます…!)

ラジオは、アンカー、ポッドキャスト、スポティファイ、ラジオパブリック、ブレイカーなど、お好きなサービスでお聞きください。

通常速度で、19分51秒です。早く聞きたい方は倍速などで!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

4.Spotify

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

1:日本語と全然考え方の違う英語って、たとえばどんなの?

A:ニューメキシコへはどういったご用で?

So, what brings you to New Mexico?

B:仕事です。

My work.

(LOSTより)

 

たとえば、日本語と文の作り方が違う英語表現の一つに、「どうして~したんですか?」と理由を尋ねる時の表現があります。

Why did you…? と言うと冷たく聞こえるので、what を使いましょう、というアレです。

この「どうして?」と言いたいのに、 why と言ってはダメ!という話などから、私たちは、「英語って日本語をそのまま訳したらだめな時があるんだ…。」と学び、そこから 主語を何にすれば良いのか問題 とずっと戦い続けることになります。

この困った問題を解決するテクニックはあるのか? 英語が話せる日本人は、どうやってこれをクリアしているのか? そのあたりのことを考え、私の意見をお話ししました。

 

2:「今日はどうされましたか?」のネイティブ英語をリスニングチャレンジ!

A:こんにちは、チーフレジデントのモリスです。今日はどうされました?

Hi, I’m Dr. Morris, chief resident. What brings you here today?

B:車に乗ってて、後ろから追突されちゃったの。

Some guy rear-ended me.

A:それは災難でしたね。

Ooh. Ouch.

(ERより)

 

ラジオ後半では、最初にご紹介した “What brings you to New mexico?”(ニューメキシコへはどういった理由で?)と同じ考え方で作る英文の一つとして、「今日はどうされましたか?」という診察時の定型表現を一緒に聞いていきます。

そのフレーズは知ってるよ!という方も、ネイティブのリアルな発音をぜひドラマから聞いてみていただきたいと思います。

また、患者さんの返事にある「後ろから追突されちゃって」という言い方も、知っていて損はない表現かと思います。

 

rear-end(後ろから追突する)はこんな感じ

 

Dr.ゴリラ

「追突されちゃって」は、

実は発音と聞き取りがめっちゃ難しいねん。

でも勉強になるから、

気になる人はラジオを聞いてみてね!!

 

英会話学習は、結局、ものすごく地味で、地道なものです。

でも、自分の口をちゃんと使って、一つ一つの英文を声に出す能動的な学習は、決してあなたを裏切りません。

「こんな主語の使い方をするんだ!」と思う英文に出会うたびに、自分で口に出して呟いてみましょう。

その時、必ず、1レベルアップしますから。

その1を大事にし、1のレベルアップを100回繰り返し、100レベルアップする人が 英語を話せる人 になります。

一緒に頑張りましょう!

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

4.Spotify

 

それでは、ポッドキャストであなたと一緒に英語を練習できるのを楽しみにしています!(^O^)/

 

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第51回】キング・カズこと三浦知良選手のレジェンドな半生を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日私は、Jリー …

【第72回】発音に要注意!parameter は「パラメーター」じゃないですよ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   発表練習や論文音読の際、多くの …

【第15回】リスニングクイズ!「sink」と「think」聞き分けられる?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は医学英語で …

【第9回】医学英語の発音練習には何がオススメですか?

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいたご質問、「発音練習の題材には、どんなものを使えば良いでしょうか? 私は論文のアブ …

【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今 …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  15. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  16. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。