学会レポート

【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻

投稿日:2019年5月4日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、学会からのレポート第7弾です。

クライアントさんであるサトシ先生との後日談をもとに、「英語の発表を成功させるためのヒント」をお届けしています。

学会発表では、「当施設で」「当科で」「我々の治療アプローチは」「我々の方針としては」などの言い回しを、よく使いますよね。

このようなことを言う時、必ず登場する単語が、our です。

超基本単語の our ですが、ourをナチュラルに発音できている日本人はほとんどいない、ということをご存知でしょうか?

今回は、ourは実はこう発音しますというお話です。

 

 

ourには発音方法が2つある

エイミ

ここまで robot や da Vinci の

正しい発音などについてお話ししてきましたが、

基本単語で気になるのはやはり、our ですね。

 

エイミ

多くの先生がアワーと発音されていましたが、

our は普通、アワーではなく

アー と読むんですよね。

 

サトシ先生

それ、最初知った時はびっくりしたなー。

 

サトシ先生

まさか our が アー だとは…。

 

日本人が「こう発音する」と思っているourの発音

 

 

日本人が知らないourの発音

 

 

サトシ先生

「ourには発音方法が2つある」なんて、

これまで誰も教えてくれなかったぜ。

 

エイミ

アワーの方を強形

アーの方を弱形と呼びます。

 

 

なぜ発音が2つある?

日本語は、基本的には「ある言葉の読み方は1つだけ」ですが、英語は違います。

ourだけでなく、you、was、does、some、fromなど、発音方法が複数ある単語が実はたくさんあります。

そういう単語は、その言葉を強調したい時には強形 を、ふつうにサラッと言いたいだけの時には弱形 を使うというのがルールです。

 

強形と弱形はこんな風に違う

【強バージョン】

This is OUR room.

ここは、「私たちの」部屋よ。(あなただけの部屋じゃないわよ!)

 

【弱バージョン】

Here, this is our room.

ここが私たちの部屋よ。

 

 

特に強調しない場合、ourは「アー」と発音する!

サトシ先生

つまり、ふつうに「当施設で」などと言いたい時には、

アーを使う方が自然ってことね。

 

エイミ

その通りです。

実際に発表でよく使う言い回しは、

こんな感じになります!

 

 

エイミ

ちなみに、前置詞が付くと、

前後の音がくっついて、

発音が変わることがあります。

 

 

・当施設で

at our institution

ダァ インスティテュウシュン

 

・当科で

in our department

インナァパァtメン

(department の前は at / in どちらでもOK)

 

・当院へ

to our hospital

トゥアァ ハァスピドゥ

 

 

サトシ先生

で、文章に入ると、こんな感じね。

 

・本日は、当施設にて行いましたABC術について、考察をさせて頂きたいと思います。

Today, I’d like to discuss ABC performed at our institution.

 

・この方は、当科で手術を受けるため、当院を受診されました。

He came to our hospital in behalf of the surgery in our department.

 

 

エイミ

機会があれば、ネイティブの先生の our の発音を

よーく聴いてみてください。

このように発音されていることが多いですよ。

ぜひ真似をしてみてくださいね!

 

 

まとめ

学会からの英語レポート7つ目は、

 

our はアワーではなく、アーと発音しましょう!

 

というお話でした。

弱形がある単語は他にもいくつかあり、たとえば from はフロムではなく

 

サトシ先生

フム

 

となったり、some はサムではなく

 

サトシ先生

sム

 

となったりします。

from や some については、また別の機会にお話できたらと思います。

それでは、今回はここまでです!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-学会レポート

執筆者:

関連記事

【学会レポ】Vol. 1 「録音しよう!」の巻

  エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   先日、とある大きな学会で、多くの先生方の英語発表を聴講させていただく機会がありました。 先生方への敬意を込め、16人 …

【学会レポ】Vol. 2 「英語の強弱リズムに乗ろう」の巻

  エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会参加後レポートの第2弾です。 クライアントさんであるサトシ先生との後日談をもとに、「英語の発表を成功させ …

【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」

  エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事では、演者への謝意の言葉、フロアへの質問・コメント依頼、そして質問者の指名までの、座長の先生のための英語フレ …

【学会レポ】Vol. 4 ダビンチの発音は「チ」が大事

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、学会から …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  3. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  7. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  8. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  9. ガクトはなぜ英語の発音が上手いのか?その理由は彼の「発声」にあります!!
  10. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  11. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  12. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  13. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  14. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  15. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  16. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  17. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  18. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  19. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
  20. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。