医療の英語フレーズ

穿刺針やカテーテルを「入れる」ネイティブが使う動詞5つ  まとめ

投稿日:2019年12月17日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

カテーテルを入れる、穿刺針を入れる…。

何かを 入れる 動きを英語で表現する時、ネイティブはどんな動詞を使うのか、悩むことはないでしょうか?

この記事では、米医療ドラマERから 医療現場での器具挿入時にネイティブが使う動詞を5つ 紹介します!

 

1.insert 入れる、挿入する

 

まずは鉄板の「入れる」の動詞、 insert です。

ERでチーフレジデントのグリーン先生が医学生のカーターに腰椎穿刺を指導するシーンを見てみましょう!

 

第4第5腰椎間に入れて。ベッドと平行になるように、少し上に傾ける。

Insert it between L-4 and L-5. Tilt it slightly upwards so it’s parallel with the bed.“

 

 

2.advance もっと入れる、そのまま進める

 

次は、insert して入れた後に「もっと入れて」「そのまま進めて」などという時の動詞です。

More. では、ちょっと芸がないですよね。

これには advance などが使えます。

 

Dr.サトシ

さっきの腰椎穿刺の続きを見ていこう。

「針をそのまま進める」の意味で

advance が使われてるぞ!

 

そのまま椎骨の間を進むと、かすかに手応えがある。それは先端が脊柱管を破った時だ。

Advance it slowly between the vertebrae, then you’ll feel a slight pop when the tip punctures the spinal canal.“

 

 

もう一つ、別の場面をご紹介します。

上級医が若い先生に胸膜穿刺の指導をしているシーンで、こちらも advance が使われています。

 

(針を)もっと進めて。そうしたら胸膜腔全体が使えるから。

Keep advancing. A little deeper, because you want all the parts in the pleural space.”

 

Dr.ナミ

「そのまま進める」は

advance だニャ!

 

 

3.ease ゆっくり入れる

 

続いて、「ゆっくり動かす」という表現に使える ease です。

ちょっと非ネイティブには思いつきにくい動詞ですね!

肺塞栓症の患者さんの塞栓除去シーンで使われています。

 

Dr.サトシ

外科部長がチーフレジデントのグリーン先生を

指導をしてるところだぞ!

 

カテーテルをゆっくり中へ入れて。

Ease the catheter in slowly.”

 

ease だけで「ゆっくり動かす」のニュアンスがありますが、モーゲンスタン部長は slowly を重ねています。

 

Dr.ナミ

ほんまにゆっくりやで」って感じね!

 

 

4.thread 縫うようにくねくねと入れる

 

4つ目は、「縫い物をするようにくねくね入れる」という意味の動詞、thread です。

動詞のthreadは穿刺の場面で良く見かけます。

 

Dr.ゴリラ

さっきの塞栓除去の続きで

thread が出てくるよ。

モーゲンスタン部長の台詞を見ていこう!

 

 

肺動脈まで、縫うように入れて。大静脈を傷つけないよう、慎重に。

And thread it up to the pulmonary artery. Be very careful not to puncture the vena cava.”

 

 

5.float 浮かすように入れる

 

最後は動詞の float をご紹介します。

「コーヒーフロート」でお馴染みのフロートは 浮かせてふわふわと入れる という動詞として使うことができ、こちらもカテーテル挿入時などに使われます。

ERの外科レジデント、Dr. ベントンがカテーテルを通しているのを、内科レジデントのスーザンがカーターに解説しているシーンを見てみましょう。

 

ああやってゆっくり、ゆっくり、カテーテルを心臓まで入れるの。

” He has to float the catheter into the heart very slowly. ” 

 

Dr.サトシ

カテーテルをフロートする か!

なるほどなー!

 

 

今回のまとめ

今日は、医療現場での器具の挿入時に、ネイティブがどんな動詞で 入れる、挿入する、通す を表現しているかを5つ紹介しました。

 

insert A  Aを入れる、挿入する

advance A  Aをそのまま進める、さらに入れる

ease A in  Aをゆっくり中へ動かす

thread A  Aを縫うようにくねくね入れる、通す

float A  Aを浮かせて入れる、通す

 

単語自体はどれも難しいものではないですが、

発音は結構難しいです!

(ease 以外)

 

Dr.ナミ

ネイティブの発音をよく聞いて

まずは真似をするのニャ!

 

それでは今回はここまでです。

また次の記事でお会いしましょう!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

興味のある方はこちらもどうぞ!

大静脈【vena cava】の発音は ベナカバ じゃないよ!

 

-医療の英語フレーズ

執筆者:

関連記事

【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は「ER の …

「結果を踏まえると」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【4】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

「そのため、~(病名)だと考えました」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【2】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応2【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   ドラマ「ER 緊 …

【ERで学ぶ医療英会話】手の術前処置後の報告2【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   ドラマ「ER 緊 …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  5. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  8. 「もう少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  9. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  12. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  13. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  14. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  15. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  16. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  17. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  20. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。