ポッドキャスト

【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由

投稿日:2020年5月27日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、抗生物質 “antibiotics” のネイティブの発音 について、ラジオでお話ししました。

アメリカ英語で発音されている antibiotics をよーく聞くと、アナ” バイディクス と発音されていることが多いのに気が付きます。

なぜ、アメリカ人は anti アナ と発音するのでしょうか?

こういうのって、理由がわからないともやもやしますよね…!

 

ラジオは、Anchor やポッドキャストでどうぞ!

通常速度で、13分42秒です。急ぎの方は倍速などで!

 

(↑クリックすると始まります)

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcast

4.Spotify

5.Radio Public

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

コンテンツ1:アンチが “アナ” になる理由は?

「奥様に水分と抗生剤を投与して、」

” Give her fluids, antibiotics, “

【ネイティブの発音】

(ER より)

 

anti のように、単語の中に nt の並びのスペルが入る時、アメリカ英語では

『Tは発音しなくてもOK』

という発音ルールがあります。

その理由は、[n] と [t] の発音に、ある共通点 があるからです。

その共通点とは、舌先の位置です。

これがわかれば、なぜ nt の並びで t が発音されないことがあるのかがわかります。

ラジオでは、この n と t の発音上の共通点 についてお話をしています!

 

 

コンテンツ2:anti だけじゃない! こんな単語も要注意!

「精神科病院でさ」

” -in the mental hospital. “

(LOST より)

 

antibiotics が アナ” バイディクス になる、のような nt の t 脱落 は、ほかの単語でも非常に多くみられます。

今回は、centerwintermental の3単語で、t が脱落するとどんな発音になるかをご紹介しました。

セナー と聞こえたら、それは… center。

ウィナー と聞こえたら、それは… winter。

(勝者の winner と同じ発音)

メノー と聞こえたら、それは… mental。

t があるかないかで、ぜんぜん違う発音になります。

 

Dr.ゴリラ

Tをそこまで完全に省略するとか…。

なんでやねん!

 

とアメリカ人に心の中でつっこみを入れながら、発音練習していきましょう。

 

それでは今回はここまでです!

ラジオでは、ERのグリーン先生の台詞 Give her fluids, antibiotics,のフレーズを使い、発音練習をしていきます。

ぜひ一緒にやりましょう!

 

 

1.Anchor

2.Google Podcast

3.Spotify

4.Radio Public

5.Breaker

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

抗生剤 “antibiotics” は、ネイティブが発音すると「アナ」バイアディクス となります。

接頭辞 anti は、アンティアンタイアナ の3つの読み方が流通していますが、antibiotics は全体の音が長いので、一番短い「アナ」が好まれるのかなと思います。(できるだけ楽に発音するために。)

また、ネイティブが発音すると center は「セナー」、winter は「ウィナー」、mental は「メノー」となることも合わせてご紹介しました。

この記事とポッドキャストがお役に立てれば幸いです。

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第105回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 小学5年生の男の子へ「サッカー」を使って英語を勉強してもらう 個別レッスンの一 …

【第109回】 “sit” (座る)を日本人が発音すると “shit” に聞こえます

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は “sit”(座る)は全英単語の中で日本人が最も発音に注 …

【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 英語の濁音は頻繁に清音化する っていうお話 です。 この間、ある先生から「na …

【第134回】あなたの「舌力」は何点?英会話の「舌が回らない」解決方法まとめ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     皆さんは英語を話す時、「舌が回らない」「LやRが上手く発音できない」と感じたことはあり …

【第14回】「基礎代謝」と「メタボリックシンドローム」の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、多くの日 …

最新記事

  1. 【第97回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン1
  2. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  3. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  4. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  5. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  6. 【第47回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 前編
  7. ネイティブの『ワクチン』の発音をリスニングチャレンジ!
  8. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  9. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  10. 【第92回】二つのウの練習- pull と glucose のウは違う音です!
  11. 【第87回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 1
  12. 【ERで学ぶ医療英会話】開放骨折の緊急対応1【英語丸ごと解説】
  13. 【第119回】”長い英文(英語のかたまり)” を自然に発音するコツ
  14. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  15. 【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法
  16. 【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います
  17. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  18. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  19. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  20. 「アナフィラキシー」「挿管」「気管切開」ERで英語学習しましょう
  21. 【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし
  22. 【医療の英会話】「〇〇先生を呼ぶ、来てもらう」ネイティブはどう言う?
  23. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  24. 英検1級受験記【6】The Early Solar System「初期の太陽系」
  25. 【第121回】診療英会話〜検査終了後の「着替えてください」どう言う?
  26. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
  27. 【第22回】医療的文脈での「his system」意味と使い方
  28. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  29. 【第111回】診療英会話〜妊娠高血圧症疑いの妊婦さんとその夫とお医者さん
  30. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。