ラジオ

【第11回】医学のトップジャーナル「NEJM」で発音練習!!

投稿日:

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、第9回ラジオで行ったTEDを使った医学英語の発音練習が人気だったため、その続編として「NEJM で発音練習」のラジオを録ってみました!

医学のトップジャーナルの一つ、The New England Journal of Medicine(ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン)の週間サマリーの音声を10秒ほど使い、みっちり発音練習をしていきます。

 

今回はかなりマニアックな内容になりました。

お医者様はじめ、医療関係者の皆様にはきっと楽しんでいただけるのではないかと思いますので、次の中からお好きなサービスで、ぜひお聞きになってみてください。

それでは行ってみましょう!!

 

Dr.サトシ

通常速度で18分35秒だ。

早く聞きたいアナタは倍速もできるが、

今回はもったいないので出来たら通常速度で!!

 

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

July 23, 2020 の週間サマリーを使っています

 

今回のラジオでは、NEJM の2020年7月23日分の音声を発音練習に使いました。

 

エイミ

ニューイングランド・ジャーナル・

オブ・メディシンの週間サマリーの音声は、

NEJM のホームページ、

またはNEJM のポッドキャストから

無料で聴くことが出来ますね!

 

Dr.サトシ

「普段から英語学習を兼ねて

NEJM は聞いているよ」

という先生はたくさんおられることと思う。

僕も外科医なので聞いているけど、

普段は内容を耳で追っているだけなんだよね。

でもそれだけじゃもったいない!

発音とリスニングの自主練にも

めっちゃ使えるので、

ぜひぜひ活用していきましょう!!

 

今回練習していく音声は以下です!

 

Welcome, this is The New England Journal of Medicine.

I’m Dr. Michael Buro. 

This week, July 23rd 2020, we feature articles on

postexposure influenza prophylaxis,

growth stunting and intestinal microbiota, … 

 

(ようこそ、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンです。

Dr. マイケル・ビューローがお届け致します。

今週、2020年7月23日は、以下の論説を取り上げます。

インフルエンザ暴露後予防投与、発育阻害と腸内フローラ、…)

 

エイミ

この後、この文はまだまだ続くのですが、

今回のラジオでは一旦ここまでとしました。

一度にやり過ぎると疲れますから…。

そしてこれだけでも

十分たくさんの学習ポイントがあったと思います!

 

Dr.サトシ

twenty-third(23日)の発音は

何気にかなり難しいし、

postexposure(暴露後)の

post の発音は「ポスト」じゃない

って話はドクターなら知っといた方がいいと思うな!

「post 何とか」という単語、

医学ではものすごくよく使うからね。

 

【外しちゃいけないコツ】「小刻みに」「少しずつ」!

エイミ

最後に、ネイティブの音声を使って

発音練習をする時に

外しちゃいけないコツがあるので

それをぜひお伝えしたいと思います。

それは…

先へ先へとどんどん進まないこと!!!

 

Dr.サトシ

普段ポッドキャストを聞く時には

内容をずっと追っているから、

つい、発音練習もそうすればいいかな?

と思っちゃうけど…

それじゃダメなんだ?

 

エイミ

私は、日本人にとっての英語の発音は

細部にこだわることが命だと思ってます。

ざっくりした練習で

上達された方を、私はこれまで

見たことがありません。

長い単語なら、1単語でも3分割くらいして

ちょうどいいくらいです。

小刻みにジリジリと

ネイティブの発音をよーーく聞いて、

真似をしてみてください!

 

Dr.サトシ

どれくらいジリジリやるのかは、

今回のラジオを聞いてもらったら

良くわかってもらえると思う…!

ほんっまにジリジリやから!!

でも、本当に発音良くしたいなら

『急がば回れ』なんだよね…!!

 

それでは、NEJM で一緒に発音練習していきましょう!!(^^)

 

 

1.Anchor

2.Apple Podcasts   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

Dr.サトシ

エイミのふわっとメディカルエイゴでは、

あなたからの

医学英語のあれこれに関するお悩みや質問待ってるぜ!

サイトもラジオも、あなたのお声で、

次の新しい回が増えていきます!

ご質問にはラジオでお答えしていくので

メルマガへの返信でどしどし送ってくれよな!!

-ラジオ

執筆者:

関連記事

【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   第二回目のラジオのトピックは、「自然に任せる」って英語でどう言う? です。 医療ドラマ ER から、医療者なら押さえ …

【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、リスニン …

【第6回】「助動詞が上手く使い分けられないのですが、どうしたらいいですか?」could 編

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「可能性を表す助動詞 would、could、may の使い分 …

【第12回】「EKG」「MI」「DVT」…英語の略語を発音するにはコツがありますよ!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、アルファ …

【第18回】「胸膜」の発音を出来るだけネイティブに近づけてみようの回

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、「胸膜」 …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  3. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  4. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  7. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  8. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  9. 「基礎疾患」英語でどう言う? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【2】
  10. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  11. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  12. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  13. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  14. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  15. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  16. ガクトはなぜ英語の発音が上手いのか?その理由は彼の「発声」にあります!!
  17. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  18. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  19. 【学会レポ】Vol. 7 ourの発音は『アー』の巻
  20. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。