ポッドキャスト

【第55回】患者さんへ術後の回復過程説明を英語で 前編

投稿日:2021年10月5日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今日は、肝胆膵外科のアメリカ人の先生が膵頭十二指腸切除の術後リカバリーについてお話しされている動画 から英語フレーズをご紹介していきます。

外来や入院で外国人の患者さんを受け持たれている先生には参考になる表現もあるかと思います。

発音と英語表現を一緒に学習していきましょう!

 

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で15分34秒だよ。

大事なところだけ聞きたいあなたは2分55秒地点からどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

「術後の回復にはどのくらいかかる?」への最初の一言

今回ご紹介する動画のタイトルはこちらです。

The Whipple Procedure Explained: Dr. Emily Winslow

(エミリー・ウィンスロー医師によるウィップル手術の説明)

 

ウィップルは膵頭十二指腸切除術(pancreaticoduodenectomy)の別名ですね。

 

Dr.サトシ

ERのシーズン1にもちらっと

“ウィップル” 出てくるで~

 

患者さんの訴えを軽視し、重大な疾患を見逃したレジデントのベントン。モーゲンスタン部長は彼の不注意をいさめた後、「これからウィップルをやる。助手に入るか?」と難しい手術を勉強する機会を与えます。

モーゲンスタン部長がいけてる上司でめっちゃカッコいい場面。

 

さて、動画の中でエミリー先生が術後の回復について話されているのは 3:30 からになります。

最初にこのような質問がテロップで出ます。

How long is the recovery from a Whipple procedure?

この「ウィップル手術からの回復にはどのくらいかかりますか?」という質問へのエミリー先生の最初の一言、聞いていきましょう。

 

【聞き取りチャレンジ】「患者さんから”回復”について質問された時には…」

Recovery, when patients are asking about recovery, I think it’s very important to _______ ____ ____ _____ ___ _____.

そうですね。”回復” について患者さんから質問を受けた時には、________________とても大切だと私は思っています。

 

はい、エミリー先生の最初の一言はこんな感じです。

何と言っているかわかりましたか?

ブランク部分に入るのは全部簡単な英単語です。

一度でわからなくても大丈夫なので、何度か繰り返しトライして考えてみてくださいね。

考えていただいたら、答えをどうぞ!

 

 

 

 

◆ 答え 

Recovery, when patients are asking about recovery, I think it’s very important to understand what they mean by that.

そうですね。”回復” について患者さんから質問を受けた時には、患者さんがどういった意味で “回復” と言われているのかを理解することがとても大切だと私は思っています。

 

ということで、エミリー先生の最初の一言は

When patients are asking about recovery, I think it’s very important to understand what they mean by that.

ウェン ペイシェンツ ア エァスキン ァバウ リヴァリィ, アイ シンk イッツ ヴェリー インポーtn  t ワッゼイ ミーン バイ ザァ. 

でした。

そうですね。まずは定義のすり合わせ。

大事ですよね…!

では続きを聞いていきましょう。

 

「医学的な回復」と「一人一人にとっての回復」

 

When patients are asking about recovery, I think it’s very important to understand what they mean by that.

「”回復” について患者さんから質問を受けた時には、患者さんがどういった意味で “回復” と言われているのかを理解することがとても大切だと私は思っています。」

の続きです。

 

【聞き取りチャレンジ】「医療的な定義での回復は…」

The medical definition of recovery is generally when people are otherwise able to return to normal activity. However, your personal recovery will depend on what your baseline activity is, and what your heath is otherwise.

医療的な意味での「回復」は、一般的には、なんらかの方法で普段の生活が可能な状態に戻れることを言います。ですが、お一人お一人にとっての「回復」というのは、いつもの生活の程度や、身体の他の部分(今回の手術部位以外)の健康具合によって定義が異なるものです。

So, I’ll explain the recovery as best I can in those terms.

ということで、出来るだけ、そういった観点で(パーソナルな目線に立って)お話ししていければと思います。

◆ as best I can  できるだけ上手く

◆ in those terms   そういった観点で

 

エミリー先生の術後の回復過程についての説明はこのように続きます。

英語表現に注目してみましょう。

大きな手術などの後、「ふだんの生活に戻る」「これまで通りの生活が出来るようになる」のような表現をすることがあります。

この “ふだんの生活” “これまで通りの生活” に「ノーマル・アクティビティ」「ベースライン・アクティビティ」といった英語表現が使われています。

return to normal activity

● your baseline activity

発音面では、おなかに重心を預けて声を出し、肩と喉はできるだけだらだらとリラックスして、楽~に声を出すことを心がけてみましょう。

ストレス(アクセント)で大きく声の山を作り、それ以外では声を小さく、低く発声します。

● The medical definition of recovery is generally…

ディカル デフィシュン ォf リヴァリィ ィz ジェネラリィ…

全部の音をハキハキ話さない。

強勢音節だけはっきり発声し、あとは適当に流します。

 

ラジオでは、エミリー先生の発音を私がゆっくりめに繰り返し、少しずつ英語学習していきます。

大事なところだけ聞きたいあなたは2分55秒地点からどうぞ!

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は、ネイティブのお医者さんが「術後の回復にはどのくらいかかりますか?」という質問に答えられている動画から序盤の英語フレーズをご紹介しました。

Recovery, when patients are asking about recovery, I think it’s very important to understand what they mean by that.

“回復” について患者さんから質問を受けた時には、患者さんがどういった意味で “回復” と言われているのかを理解することがとても大切だと私は思っています。

The medical definition of recovery is generally when people are otherwise able to return to normal activity. However, your personal recovery will depend on what your baseline activity is, and what your heath is otherwise.

医療的な意味での「回復」は、一般的には、なんらかの方法で普段の生活が可能な状態に戻れることを言います。ですが、お一人お一人にとっての「回復」というのは、いつもの生活の程度や、身体の他の部分(今回の手術部位以外)の健康具合によって定義が異なるものです。

So, I’ll explain the recovery as best I can in those terms.

ということで、出来るだけ、そういった観点で(パーソナルな目線に立って)お話ししていければと思います。

 

次のポッドキャストではこの続きをご紹介していきたいと思います。

また一緒に英語学習しましょう!

 

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第6回】”could” の使い方

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、メルマガ読者様からいただいた英語学習のお悩み、「可能性を表す助動詞 would、could、may の使い分 …

【第54回】全然違う音なんやで! She と See の発音方法を1分で解説

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は she( …

【第20回】ネイティブの「When do l」は聞き取りがめっちゃ難しいの巻

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は、アメリカ …

【第70回】そのカタカナ英語、通じません! “デュアルエナジーCT” の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は先日生徒さんから練習リク …

【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   前からやってみたかった声のメディア、ラジオを始めました! 第一回目のトピックは、t と s がくっ付く英語の発音のは …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  13. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  14. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  15. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  16. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。