医療ドラマ英会話

「血圧が高いことに注意を払うべきでした」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【3】

投稿日:2020年3月22日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

この記事は、医療ドラマ ER の ケースカンファレンス(症例検討会)のシーン から、英語表現と発音を皆さんにご紹介する記事の3つ目です。

(最初の記事はこちらです。)

今回は、質疑応答セッションでのドクター同士の会話の続きです!

 

「もっと注意すべきでした」の英語をリスニング!!

 

このカンファは、

救急科にて緊急帝王切開をした妊婦さんが子癇前症(妊娠高血圧症候群)であり、お産直後に出血多量で亡くなってしまった

という深刻なケースに関するものです。

 

前回ご紹介したのは、担当医のグリーン先生が、別のドクターから「妊婦は血圧が高かった(なのになぜ子癇前症を疑わなかったのか)」と問われ、「血圧が高かったのは一度だけだったんです」と言い返したところまででした。

 

 

 

エイミ

それではまた

続きの聞き取りにトライ してみましょう!

今回もちょっと難しめな表現ですが、

たとえミスを認める発言であったとしても

こんな風に言えると知的だな

と感じる、プロフェッショナルなフレーズです!

 

 

【1回目】「もっと注意すべきでした」をリスニングチャレンジ!!

質問者:You should’ve taken her again in 6 hours.

6時間後にもう一度(血圧を)測るべきだったでしょう。

Dr. グリーン:My index ーーーーーーーーーーーー.

もっと注意を払うべきでした。

 

 

このグリーン先生の

潔くミスを認める一言は、

日本人にはなかなか思いつかないタイプの英語表現だと思います。

 

私たちが「もっと注意するべきでした。」と言おうとすると、ほとんどの場合、I を主語にすると思います。

(そして I を主語にすることももちろん間違いではありません。)

 

ここで Dr. グリーン は ” My index ” (私の指数、能力)から文を始めていて、直訳すれば「私の疑い指数はもっと高くあるべきでした」という感じになります。

My index の後は、どう続いているでしょうか?

 

エイミ

ここでもう一度、聞いてみましょう。

スローにしたので、

最初より少し聞き取りやすいです!

 

 

【2回目】スローで聞き取りに再トライ!

質問者:You should’ve taken her again in 6 hours.

6時間後にもう一度(血圧を)測るべきだったでしょう。

Dr. グリーン:My index ーーーーーーーーーーーー.

もっと注意を払うべきでした。

 

 

 

それでは、答えです!

 

 

【3回目】「もっと注意すべきでした」の答え合わせ

質問者:You should’ve taken her again in 6 hours.

6時間後にもう一度(血圧を)測るべきだったでしょう。

Dr. グリーン:My index of suspicion should’ve been higher.

もっと注意を払うべきでした。

 

 

グリーン先生の「もっと注意を払うべきでした」は、

” My index of suspicion should’ve been higher. “

でした!

 

直訳すると

自分の疑い能力指数はもっと高くあるべきだった

という表現で、当時の判断を深く後悔していることが感じられます。

 

私は時々「英語を話すと、主語が I と You ばかりになってしまう」というお悩みを聞くことがあるのですが、そういう方は、このような言い回しを一つずつ取り入れて、使ってみるのはどうでしょうか。

 

エイミ

たとえ学会発表であっても、

人間同士の会話なので

I や You がよく主語になるのは

なにも悪いことではないと私は思います。

ただ、よりプロフェッショナルな表現を

目指される意欲的な方は、

ぜひこういうものも取り入れてみましょう!

 

それでは、最後に発音解説です!

 

 

【発音解説】グリーン先生はこう言っています!

Dr. グリーン:My index of suspicion should’ve been higher. 

もっと注意を払うべきでした。

◆ 解説【音声48秒】

 

 

今回のまとめ

今回は、「(ある危険因子に対して)私はもっと注意を払うべきでした」「もっと慎重になるべきでした」と自己反省を述べる時の、プロフェッショナルな英語表現の一つをご紹介しました。

 

My index of suspicion should’ve been higher. 

直訳:自分の疑い能力指数はもっと高くあるべきでした 

意味:(血圧が高いということに)もっと注意を払うべきでした。

 

それでは、今日はここまでです!

 

エイミ

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第102回】診療英会話〜再診患者さんへ「どうですか」英語でどう言う?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は「ER の …

【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診2【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   英語も頑張るドク …

【第126回】医療の英語表現「胆嚢」「カローの三角」をドラマで学習しよう!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は、胆嚢手術においての指標となる三角形「カローの三角」とその三片の部位の英語表現 …

「そのため、~(病名)だと考えました」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【2】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

最新記事

  1. 【ERで学ぶ医療英会話】頭部と頸部の触診1【英語丸ごと解説】
  2. 「ソーシャルディスタンス」英語でどういう? 新型コロナ関連の英語表現&発音まとめ【3】
  3. 【第128回】英語「コッホの三角」「ファロー四徴症」「紹介状」の正しい発音
  4. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  5. 保護中: TOEIC Part2 Q24
  6. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  7. 【生徒さんの声】スウェーデンの人たちと医療について語り合いたい!
  8. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  9. 【第6回】”could” の使い方
  10. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  11. 【第38回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【2】
  12. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【5】ディクテーション学習の失敗談・成功談
  13. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q38 2W1
  14. 【英語の発表例文】「(みんな知っての通り)~ですので」を自然に言う方法
  15. 通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】
  16. 【第103回】品詞に注目すればネイティブっぽく英語が話せる
  17. 【第25回】英語の発音はサザン桑田佳祐さんを真似れば最強
  18. 【側方】ネイティブの『lateral』 の発音を真似してみよう!
  19. 「集団免疫」英語でどう言う? 発音&聞き取りが難しめなので解説します
  20. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  21. 保護中: TOEIC Part2 Q25
  22. 【学会レポ】Vol. 10 使わないと不自然!「えー」「それでは」「さて」を英語でも言おう
  23. 【第67回】ER 鉄パイプ貫通治療シーンから英語学習 後編
  24. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  25. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  26. 【第35回】「コックス比例ハザードモデル」 の英語発音のコツ
  27. mmHg の英語の読み方とネイティブの発音【ERで解説】
  28. 【学会レポ】Vol. 6 At firstは「まず」ではない の巻
  29. 【第48回】五十嵐カノア選手の五輪英語インタビューが勉強になり過ぎる 後編
  30. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。