ポッドキャスト 医療ドラマ英会話

【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2

投稿日:2022年12月2日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回は The Resident というアメリカの医療ドラマの第一話 で英語学習していくシリーズ2回目です。

ラジオの音声は、個別レッスン受講生さんへレッスン後にお渡ししている復習用の音声です。

英語の表現と発音どちらも解説していきますので、気になったところだけでも読んで(聞いて)みてくださいね!

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で09分07秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

The Resident とは?

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

「The Resident 型破りな天才研修医」は、2018年1月21日からアメリカで放送されている医療ドラマです。

私はある先生からこの作品をご紹介いただき、

 

生徒さん

僕、これで英語学習してみたいのですが。

 

という流れがあって、そこで初めて鑑賞しました。

主人公は天才レジデントのコンラッド・ホーキンス(Conrad Hawkins)。

実力はあるけれども性格に難のある(口の悪い)若い男性ドクターです。

 

 

物語は、コンラッドが勤務するチャスティン・パーク記念病院へ一人のインターンがやってくるところから始まります。

インターンの名前はデボン(Devon)。インド系アメリカ人の男性です。

 

 

前回第78回のラジオでは、コンラッドとデボンが初めて出会って言葉を交わす場面をご紹介しました。

その中でデボンはイェールとハーバード両方の卒業資格を持っている学歴エリートであるということが語られました。

今回はコンラッドがデボンに対して「経歴は見たぞと言った続きから聞いていきます。

「経歴は見たぞ。お前の筆頭論文は19本、国家試験のスコアは267。ちなみに俺は280だけどな。」

それでは始めましょう!

 

まずはリスニングにチャレンジ! 

勤務初日の朝、デボンは指導医となるコンラッドと施設内で対面しますが、「ネクタイは要らないから外せ」「お前はハーバード出のくせにそんなこともわからないのか?」としょっぱなから散々な言葉をかけられます。

今日は続きのコンラッドの長台詞を学習していきます。

まず出来るだけ頑張って聞いてみましょう!

 

◆ リスニングチャレンジ「第一試験の成績は俺の方が上だ」

コンラッド:Nineteen ________, step one score two-sixty-seven. ____ two-eighty, by the way.

通りがかりの医療従事者:Dr. C.

コンラッド:______ class, _____ all the rules, and you think that puts you at ________. It doesn’t. (It) just _____ you ________ to unlearn than the guys who weren’t paying attention.

 

いかがでしょうか。

今回はおそらく聞き取りはかなり難しいです。

ただ、入る単語はすべて簡単な単語ばかりです。

どうやらコンラッドは、優等生のデボンに「優等生で上手くいくのは学校生活までだ。現実の職務はそれじゃやっていけないので覚悟するように」と言いたいようですね。

まずは聞こえる部分からだけでも良いので、何を言っているのか考えてみましょう。

 

下で答え合わせをしましょう!

 

 

◆ 答え

コンラッド:お前の筆頭論文は19本、国家試験のスコアは267。ちなみに俺は280だけどな。

Nineteen first authors, step one score two-sixty-seven. I got two-eighty, by the way.

通りががりの医療従事者:よう、C先生。

Dr. C.

[二人でこぶしをぶつけて挨拶をする。]

コンラッド:成績はクラスで一番、ルールは全て守る、お前はそれが自分の強みだと思ってるんだろうが、それは違うぞ。授業をまともに聞いていなかったやつらより忘れないといけないことが多いだけだ。

Top of your class, followed all the rules, and you think that puts you at an advantage. It doesn’t. (It) just means you have more to unlearn than the guys who weren’t paying attention.

 

★詳細解説★

● Nineteen first authors, step one score two-sixty-seven. I got two-eighty, by the way.

・first author  共同著作(ここでは医師による論文)の第一著者。

・step one   米国医師国家試験(USMLE、United States Medical Licensing Examination)の一次試験のこと。3桁の点数採点式でしたが2022年1月以降は採点中止となり、合格か不合格かのみの通知となったようです。当ドラマ第一話は2018年に放送されています。

 

● Top of your class, followed all the rules, and you think that puts you at an advantage. It doesn’t.

・put 人 at an advantage   ~を有利にする。アドバンテージのある状況に置く。

・advantage   発音面から、T音が発音されず、アドヴァニッヂ のように聞こえています。アドバンテージではありませんので注意します。

 

● (It) just means you have more to unlearn than the guys who weren’t paying attention.

・主語の It は発音が省略されています。英会話では主語の発音省略が非常に多くあります。

・have のH音も発音されず、アヴ のような音に聞こえます。Just means you have → ジャスミンジュウアヴ。

・unlearn   「覚えたことを意識的に忘れる」という意味の動詞です。

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

 

Dr.ゴリラ

ラジオは通常速度で09分07秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は The Resident 第一話 から、レジデントのコンラッドとインターンのデボンが初対面を果たす場面の英語学習第2回目をご紹介しました。

★発音面の学習ポイント

● advantage が advanage(アドヴァニッヂ)のように発音されている。

● It just mean… が Jusmean(ジャスミン)のように発音されている。(主語 It の脱落  + just の t脱落 + mean はミーンと伸ばさないことがあります)

★表現面の学習ポイント

● Nineteen first authors  19本の筆頭論文。  

● step one score two-sixty-seven   米国医師国家試験の第一試験スコアが267点。

● put 人 at an advantage   ~を有利にする。

● unlearn(動詞)  覚えたことを意識的に忘れる。

 

このシーンからの学習分はまだ続きがあります。

別の機会に記事とラジオでご紹介できればと思っています。

それではまた一緒に英語学習しましょう!

【第89回】The Resident 第一話で英語学習 3 はこちら>>

 

-ポッドキャスト, 医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この間ある先生か …

【第86回】of の前後が長い時の切り方。リンキングなしで自然に発音するコツ

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は 英会話で前置詞 of の前後がどうも言いにくい時、どこで切って話せばいいの …

【第61回】英語で「は?」と聞き返されても気にしない。受け止め方と対処法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は英語を話し …

【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、米ドラマ …

【第70回】そのカタカナ英語、通じません! “デュアルエナジーCT” の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は先日生徒さんから練習リク …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  6. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  7. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  10. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  11. “濃厚接触者” 英語でどういう?新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【4】
  12. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  13. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  14. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  15. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  16. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  17. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  18. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  19. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。