医療系英単語の発音

【第139回】医学論文を音読!「ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬」の回

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回は ジャーナルに掲載されている医学論文の TAKE-HOME MESSAGE を音読し、英語の発音力を向上させる練習 をしていきます。

論文のトピックは 腎機能障害が顕著なHFrEF(ヘフレフ・心不全)患者におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬の効果 というものです。

医療英語の発音を一緒に練習しましょう!

 

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で12分54秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

今回音読する論文の文章

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

今回音読していく論文の文章はこちらです。

 

◆ 今回の練習題材 TAKE-HOME MESSAGE

当研究では、RALES試験とEMPHASIS-HF試験の個々の患者データをプールし、HFrEFと顕著な腎機能障害を有する患者におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRAs)の効果を評価した。推算糸球体濾過量(eGFR)が30mL/min/1.73m²未満に低下した患者では、eGFRが低下していない患者に比べ、主要転帰である心血管死と心不全による入院のリスクが高かった。

  • This study pooled individual patient data from the RALES and EMPHASIS-HF trials to assess the effects of mineralocorticoid receptor antagonists (MRAs) in patients with HFrEF and significant kidney dysfunction. Patients who experienced a decline in estimated glomerular filtration rate (eGFR) to less than 30 mL/min/1.73 m² had a higher risk of the primary outcome of cardiovascular death and hospitalization for heart failure than those without eGFR deterioration. 

 

キーワードの発音練習

今回、発音の難しい難ワードとして、

・ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRA)

・推算糸球体濾過量(eGFR)

があります。

まずこのふたつを最初に発話練習しましょう!

 

Dr.サトシ

英文を読むときは、

いきなり文章をどんどん読むのではなく、

長い名詞の塊を先に練習してから文に乗せると

上手くいくんだぜ!

 

◆「ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬」の発音練習

・mineralocorticoid /mìnərəl(oʊ) kɔ́ːrtɪkɔ̀ɪd/ ネラルコーティイd

・receptor/riséptər/ プタァ

・antagonists /æntǽɡ(ə)nɪst/  エンタァゴニスt

「ミネラルコルチコイド」は「ミネラル “コーティ” コイド」と読みます。

★ 拮抗薬、アンタゴニストの「ア」と「タ」の母音は /æ/ です。口を縦横どちらにも開き、「エとアの中間音」で発音します。

 

推算糸球体濾過量(eGFR)の発音練習

・estimated /éstəmèɪtəd/ スティメイデッ 推定の

・glomerular /gləmérələr/ グロルラァ 糸球体の

・filtration rate /fɪltréɪʃən reɪt/ フィltレイション レイt  濾過量。

★「糸球体の」glomerular は “メ” を強く読みます!そのためには最初の「グロ」を低音で始めないと「メ」を強く発音できません。「グロ」を極めて低い声で発声し、「メ」で先生の通常の声の高さに戻してください。その後「ルラァ」はまた低音に下げます。

 

リズムを取りながら文で音読

 

全ての音を同じ音量で読む日本語と違い、英語は強く読むべき音は強く、そうでない音は弱く、声量のメリハリをはっきりと付けながら発音する言語 です。

英語のように強弱を織り交ぜて話す不規則な言語を stress-timed langage、音節言語と呼びます。

「自分の英語はどうもカタカナっぽい」と悩まれている先生は、日本語を話す時と同じように、全音同じ声量で英語を読まれていることがとても多いです。

カタカナっぽくしないようにするために、以下の英文を、私が太字で書いている部分ははっきり・音程高く、細字にしている部分はぼそぼそ・音程低く、音読していきましょう!

 

当研究では、RALES試験とEMPHASIS-HF試験の個々の患者データをプールし、HFrEFと顕著な腎機能障害を有する患者におけるミネラルコルチコイド受容体拮抗薬(MRAs)の効果を評価した。

  • This study pooled individual patient data from the RALES and EMPHASIS-HF trials to assess the effects of mineralocorticoid receptor antagonists (MRAs) in patients with HFrEF and significant kidney dysfunction. 

◆ RALES 今回は試験の名称ですが、異常な呼吸音、「ラ音」と同じ綴り、同じ発音です。/reɪl/ レイオ、または /rɑːl/ ラール と読みます。今回のポッドキャストでは /reɪl/ レイオで発音しています。

 

推算糸球体濾過量(eGFR)が30mL/min/1.73m²未満に低下した患者では、eGFRが低下していない患者に比べ、主要転帰である心血管死と心不全による入院のリスクが高かった。

  • Patients who experienced a decline in estimated glomerular filtration rate (eGFR) to less than 30 mL/min/1.73 m² had a higher risk of the primary outcome of cardiovascular death and hospitalization for heart failure than those without eGFR deterioration. 

◆ deterioration /dɪtɪ́riərèɪʃən/  ディティリオレイション。「悪化」を意味する重要語です。

◆ 30 mL/min/1.73 m²  “thirty milliliters per minute per one point seventy three square meters” と読みます。ミリメーターは リータァズ /mɪ́ləlı̀ːtərz/、平方メートルは スクウェアミータァズ と発音します。どちらも前に付く数字が1以外の時は、複数形の「ズ」を付けることを忘れないように気を付けます。

 

今回の内容をポッドキャストでもどうぞ!

Dr.サトシ

ラジオは通常速度で12分54秒だよ。
早く聞きたいあなたは倍速などでどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回は、医学論文のTAKE-HOME MESSSGE を使って英語の発音を解説させていただきました。

「ミネラルコルチコイド受容体拮抗薬」

mineralocorticoid receptor antagonists

ネラルコーティコイd プタァ  エンタァゴニスt

「推算糸球体濾過量(eGFR)」

・estimated glomerular filtration rate

スティメイデッ グロルラァ フィltレイション レイt

と発音します。

また、メートル、リットルなどの単位は、s は書かれていませんが、数字が1以外の時は常に複数形 s が伴われるので、気を付けて音読してみていただければと思います。

一緒に練習してくださった皆様、お疲れ様でした!

ポッドキャストや↓のメルマガで医療英語の学習コンテンツを公開していますので、良かったらフォローしてみてください。

また一緒に英語学習しましょう!

 

-医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

【第72回】発音に要注意!parameter は「パラメーター」じゃないですよ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   発表練習や論文音読の際、多くの …

「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   【mg/m2】 …

【第115回】3つのアの練習- gram と drug のアは違う音です!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回のポッドキャストでは、 ミリグラム(milligram)と「英語の3つのア」 の発 …

【第140回】「et al.」どう発音する? アメリカ英語とイギリス英語でこんなに違う!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     論文を読まれている時に見かけられる「et al.」、英語でどう発音するか、ご存知でしょ …

【第116回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の音読練習 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ジャーナルに掲載されている医学論文の TAKE-HOME MESSAGE を口 …

最新記事

  1. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  2. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  3. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  4. 【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?
  5. 【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2
  6. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  7. 【第93回】ハリソン内科学のポッドキャストで発音練習!
  8. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  9. 【第95回】Does の発音は「ダズ」ではなく、Didも「ディド」じゃない
  10. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  11. 「カンファレンス」英語で言える?【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【1】
  12. 【胆嚢】ネイティブの『gallbladder』をリスニングチャレンジ!
  13. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【発音調べる編】
  14. 【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ
  15. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現
  16. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  17. 【第106回】座長の英語例文「セッションを予定の時間で進行させる」
  18. 【動画】多変量解析の英語の発音をわかりやすく
  19. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  20. 【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習
  21. 【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?
  22. 【第53回】fully と free を悩まずに聞き分ける方法
  23. 【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由
  24. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  25. zoom レッスンの始め方
  26. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  27. 【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ
  28. “f”と “v” の発音のコツ【ERとフレンズで解説】
  29. 40代ずぼら英会話【5】ドラマで英語学習2:ガチでやるならディクテーション
  30. 【医療者の英語表現】「末期」は terminal だけじゃない! ネイティブは〇〇をよく使う
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。