医療ドラマ英会話

【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応4【英語丸ごと解説】

投稿日:2019年7月30日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

ドラマ「ER 緊急救命室」から、医学英語の表現と発音を少しずつ解説しています。

今回は、ファーストシーズン第1話の28:36から29:03までです。

この赤ちゃん出産シーンは勉強しどころがたくさんあるので、記事を5つに分けました。こちらは4つ目です。

 

一つ目の記事はこちら。

二つ目の記事はこちら。

三つ目の記事はこちら。

 

音声は、ドラマの発音に忠実に、私の声で「自然な速さ→ゆっくり」で発音しています。

参考に聞いてみてください!

 

Dr.レン

ERのDVDとか持ってる人は、

できれば実際にドラマのこのシーンを観ながら

記事を読むのがおすすめだよ。

 

Dr.サトシ

ドラマ観ながらだと、勉強になる度200%保証 だぜ!

 

いざ分娩へ。「アマナ」を聴き取って、意味を掴め!

 

グリーン先生:(ナースへ)産科のレジデントは?

Where’s the OB resident?

 

ナース:オンコールです。(手術用ガウンを着ていないグリーン先生を見て)ガウンが要るでしょう?

They’re on call, doctor. You wanna a gown?

 

グリーン先生:もう時間がないな。なんとかこの子を取り上げる。

I don’t think I’m gonna have time. I’m gonna catch this one any way I can.

ァドンシン アイマナ ヘァヴタァイム。アマナ キャアッチ ディスワン エニウェイアイキャン。 

 

単語&フレーズ&発音チェック

● catch this one この赤ん坊を取り上げる。「医師などが赤ちゃんを取り上げる」はふつうは「deliver」ですが、ここではカジュアルに「catch」を使っています。

● I’m gonna 「I’m going to」の省略形。ふつうは「アムガナ」のように発音しますが、さらにGも省略して「アマナ」になることがあります。ここでは「アマナ」と言っています。

 

エイミ

つまり、

アムゴーイントゥ」と聞こえても、

アムガナ」と聞こえても、

アマナ」と聞こえても、

ぜんぶ「I’m going to」のことです。

 

Dr.サトシ

英語って省略しすぎ。

 

● any way I can なんとかして。自分にできることをして。

 

 

みんなで妊婦さんに声かけ。決まり文句は「ユァガナビージャスッファーイン」

[小児科医のロス先生が処置室へ入ってくる。]

 

ロス先生:おお、本当だ!(妊婦へ) 大丈夫ですよ、おおきく息を吐いてくださいね、大きく。

No kidding. All right, dear, you’re gonna be just fine. You just have to blow. OK? Blow.

ノウキディン。オーライ、ディア ユァガナビージャアスッファイン。ユジャスッハフタ ブロウ、オウケイ?ブロウ。

 

 

ナース:(妊婦へ)大丈夫です、心配いりませんよ。

It’s OK ma’am. You’re going to be just fine.

 

 

単語&フレーズチェック

● No kidding. kidding は「冗談」。「冗談じゃないんだな」「本当なんだな」のような意味合い。ロス先生は「突然妊婦が駆け込んできて、もう生まれます」という連絡を受けてやってきて、「本当だ!」と言っているのだろうと思います。

● dear 愛情を込めた呼びかけの一つ。恋人を「ハニー」と呼ぶのと同じ部類の言葉。日本人としてはびっくりしますが、ERでは今初めて会った患者さんにも「dear」が時々使われます。

● You’re gonna be just fine. 「全く心配ないですよ」。

 

 

カーター先生からグリーン先生へ選手交代。「交代する」は英語で?

グリーン先生:(赤ちゃんの頭を押さえたまま固まっているカーター先生へ)よし代わろう。よしオッケー。(妊婦へ)さぁ、次の呼吸でいきみますよ。

OK, OK let me take over. There we go. OK ma’am, we’re gonna push on the next one, OK?

オウケイ オウケイ レッミーテイコウヴァー。ゼェアウィゴウ。オウケイメァム、ウェァ ガナプッシュ アン ザ ネクスッワン、オウケイ?

 

フレーズチェック

● take over 交代する。引き継ぐ。意味は丸暗記せず、take「受け取る」→ over「(前任者の位置を)越えて」 というニュアンスで理解しましょう。

● There we go. 自分と誰かが何かをうまく終えた時に使う表現。「よし」ぐらいの意味。

● We’re gonna push on the next one. この「next one」は、次の呼吸、次のタイミング、のような感じでしょう。pushで「いきむ」。

 

 

今回のまとめ

【主な単語&フレーズ&発音】

● I’m gonna 「I’m going to」の省略形。「アムガナ」または「アマナ」と発音する。

● dear 愛情を込めた呼びかけの一つ。今初めて会った患者さんにも「dear」が時々使われる。

● You’re gonna be just fine. 「心配いりません、すべて上手くいきます」という意味の決まり文句。

● take over 交代する。引き継ぐ。

● push いきむ。

 

エイミ

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-医療ドラマ英会話

執筆者:

関連記事

【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は The Resident というアメリカの医療ドラマの第一話 で英語学習してい …

「結果を踏まえると」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【4】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   この記事は、医療 …

【第111回】診療英会話〜妊娠高血圧症疑いの妊婦さんとその夫とお医者さん

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ER から 妊娠高血圧症(preeclampsia)疑いの妊婦さんと、主張の強 …

【第90回】「あれどうだった?」英語でどう言う? 海外ドラマで英語学習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     この記事では 「あれ、どうだった?」「上手くいった?」 と英語で言いたい時、ネイティブ …

【ERで学ぶ医療英会話】胸部X線の所見説明1 【英語丸ごと解説】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   ドラマ「ER 緊 …

最新記事

  1. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  2. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  3. 私が5000時間の英語学習を続けて思う「仲間の大切さ」 1
  4. 【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?
  5. 【第88回】The Resident 型破りな天才研修医 第一話で英語学習 2
  6. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  7. 【第93回】ハリソン内科学のポッドキャストで発音練習!
  8. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  9. 【第95回】Does の発音は「ダズ」ではなく、Didも「ディド」じゃない
  10. 【第81回】TOEIC公式「800+」の解説に疑問があり、公式に問い合わせた話
  11. 「カンファレンス」英語で言える?【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【1】
  12. 【胆嚢】ネイティブの『gallbladder』をリスニングチャレンジ!
  13. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【発音調べる編】
  14. 【第30回】「多変量解析」multivariate analysis の発音のコツ
  15. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現
  16. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  17. 【第106回】座長の英語例文「セッションを予定の時間で進行させる」
  18. 【動画】多変量解析の英語の発音をわかりやすく
  19. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  20. 【第27回】「外筒を大静脈から肝静脈へ挿入する」を発音練習
  21. 【第2回】「延命措置」「自然に任せる」英語でどう言う?
  22. 【第53回】fully と free を悩まずに聞き分ける方法
  23. 【第4回】antibiotics が「アナ」バイアディクスになる理由
  24. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  25. zoom レッスンの始め方
  26. 40代で始めた「学び直し英会話」10年続いたので振り返ってまとめてみた
  27. 【第49回】オーバーイージーとは? 英語圏の「目玉焼きの焼き加減」4つ
  28. “f”と “v” の発音のコツ【ERとフレンズで解説】
  29. 40代ずぼら英会話【5】ドラマで英語学習2:ガチでやるならディクテーション
  30. 【医療者の英語表現】「末期」は terminal だけじゃない! ネイティブは〇〇をよく使う
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。