ポッドキャスト

【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説

投稿日:2020年10月8日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、多くの日本人が聞き取れない、発音できない超基礎単語「there’s(there is)」の発音練習 を、ラジオで行っていきます。

私の生徒さんにも、「there’s」が聞き取れない、うまく発音できないで、特訓される方がとても多くおられます。

読者さんの中には「あー、there に th の音が入るから難しいってことかな?」と思われる方がいらっしゃるかと思うのですが、今日は「th」の発音練習とかではありません。

むしろ th なんかできなくてもこれが出来たら通じますよ、という、英語のリズム のお話になります。

 

Dr.ナミ

今日は通常速度で17分22秒ニャ。

早く聞きたいアナタは倍速などでどうぞ!!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

エピソードの概要を以下にまとめました。

ざっとチェックしてからラジオを聞いていただくと、より楽しんでいただけるかと思います!

 

英語の音は、「谷→山→谷→山」の波形リズム!

 

英語は、「はっきり発音する大きな音(強勢音節)」と、「ほとんど聞こえない小さな音(無強勢音節)」を組み合わせて話す言語です。

山から谷へ声を落とし↓、谷からまた山へ盛り上げ↑、また落とし↓、また盛り上げ↑…という感覚で、声で波形を描くようにつないで話します

 

対して日本語は、すべての音を同じ大きさで話す言語です。

この部分が日本語と英語の音声的な非常に大きな違いとなっています。

 

 

Dr.ナミ

Rの発音、Lの発音、thの発音

みたいなことの前に、

英語のリズムに乗れるかどうか

大小の音の強さを混ぜて話せるか

っていうのが

めちゃくちゃ大事なんニャ!!

 

私は強勢音節を「山」、無強勢音節を「谷」と表現しながら発音をお教えするのですが、「there’s」はほとんどの場合「谷」の部分になるんです。

 

エイミ

「谷で発音する」ということは、

つまり、

小さく低い声でボソッと発音するんです。

ネイティブがthere’sを「ゼアズ」と言うことは

(わざと強調する場合を除き)

ほとんどありません。

だからリスニングしていても聞こえないんです!

 

 

「there’s」の発音練習【1】

 

Dr.ナミ

ということで、さっそく練習ニャ!

最初の課題は、「ER」 から

“There’s no way to know.”

「まだ何とも言えません」

というドクターの台詞ニャ。

めっちゃ速いのでよーーく聞いてニャ!

 

 

男性患者:先生は(肺の影を)何だと思いますか?

What do you think it is?

Dr. ルイスまだなんとも言えません。まずは気管支鏡検査を受けて頂いて、必要であれば組織も取って調べてみないと。

There’s no way to know. You have to undergo a bronchoscopy and possibly exploratory surgery before we know for sure.

【ネイティブの発音】

 

There’s no way to know. の発音を文字にすると、

ゼz ノウ ウェイトゥノウ.

という感じになっていること、わかりますか?

最初の「there’s」、「ゼ」しか聞こえないくらいの話し方ですよね。

 

エイミ

ラジオでこの部分を一緒に練習しますよ!

 

Dr.ナミ

弱~く、低~く発音するニャ。

こんなんじゃ人に聞こえないのでは…?

と心配する人が多いけれど、

それで大丈夫!!

それが英語の発音ニャ!

 

 

「there’s」の発音練習【2】

 

エイミ

次は、

“There’s a good chance that—.”

「~の可能性は高いです」

という台詞です。

ニーマンピック病末期の男の子の

手術を望むお母さんに

「手術に耐えられない可能性がある」

と伝えるシーンから、

もう一つ「there’s」を練習します。

 

 

母親:私とわかって手を握ってくるのよ。出来ることは何でもしてやりたいの。

He squeezes my hand. He understands me. That means everything that can be done should be done.

Dr. チェンそうですね。でも、ケニス君が手術に耐えられる可能性は低いんです。

Yes, but… there’s a good chance that Kenneth won’t survive the operation.

【ネイティブの発音】

 

There’s a good chance. の発音を文字にすると、

ゼz ア グッ チャンス

という感じになっています。

最初の「there’s」の速さ、低さ、意識して出来るだけ真似をしてみましょう!

 

それでは、一緒に発音練習していきましょう!!

 

 

1.Anchor

2.アップルポッドキャスト   

「エイミ」で検索してください!

3.Google Podcasts

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

 

今回のまとめ

日本人は、「there’s ~~」と言う時にしっかり

「ゼアズ」

と言ってしまう方が多いのですが、それでは英語らしい話し方になりませんし、そのように発音し続けていると、リスニングする時にもネイティブの「there’s」がいつまで経っても聞き取れないです。

英語は音に強弱をはっきりつけ、山を描いて発音する言語です。(専門的には Stress-timed langage、強勢拍言語 と言います。)

「there’s」という部分は、基本的に「谷」で発音します。

ここをしっかりマスターしていくと、英語らしい発音が出来るようになっていきます。

 

 

-ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第124回】”transcatheter”(経カテーテル)の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は transcatheter、経カテーテル の発音練習 をしていきます。 tra …

【第116回】医学論文の TAKE-HOME MESSAGE で英語の音読練習 2

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は ジャーナルに掲載されている医学論文の TAKE-HOME MESSAGE を口 …

【第11回】医学のトップジャーナル「NEJM」で発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、第9回ラ …

【第45回】五輪カナダ人レポーターが英語で熱くコンビニを語る 前編

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日私は、オリン …

【第72回】発音に要注意!parameter は「パラメーター」じゃないですよ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)   エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   発表練習や論文音読の際、多くの …

最新記事

  1. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  2. 【第73回】ER の診察英会話 初診診療での英語表現と発音
  3. 【第113回】”Why don’t you” の発音は「ホワイドンチュー」ではありません!
  4. 【第33回】electorocardiogram(心電図)を英語らしく発音する方法
  5. 【第28回】「針を反時計方向に90度回す」の発音練習
  6. 【ERで学ぶ医療英会話】緊急分娩対応 1 【英語丸ごと解説】
  7. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  8. 【生徒さんの声】英語発音改善アプリ「ELSA Speak」でスコアアップ!
  9. 【第105回】小学5年生の生徒さんへのサッカー英会話レッスン2
  10. 『新型コロナウイルス』『隔離』の英語の発音は?
  11. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2
  12. 【第77回】グレイズ・アナトミーのパーキンソン病 DBS手術から英語学習
  13. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  14. 【第62回】can と can’t がどうしても同じに聞こえる時
  15. 【第57回】”girl” を一発で Siri に認識させる発音のコツを1分で解説
  16. 【医療の英会話】「症例数は多くない」ネイティブの英語表現を聞いてみよう!
  17. 【第5回】「どうして?」を “What?” で表現する英語
  18. S先生のTOEICスコアが855点に大幅アップ!!
  19. 【ERで診療英会話】「ちくっとします」「針入りました」点滴時ネイティブはどう言う?
  20. 【医療者の英会話】「上を向いてください」ネイティブはなんて言う?
  21. pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!
  22. 【第86回】of の前後が長い時の切り方。リンキングなしで自然に発音するコツ
  23. 【第37回】大動脈解離の術後ブリーフィングを ER で練習【1】
  24. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  25. 英検1級受験記【2】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 1
  26. 【第132回】exit を「エグジット」と言わないで!子音連続の発音練習
  27. 英検準1級にS-CBT形式で一発合格!合格のカギと注意点を聞いてみた!
  28. 【第51回】キング・カズこと三浦知良選手のレジェンドな半生を英語で
  29. 【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する
  30. 【学会レポ】Vol. 5 that節はどこで切る? の巻
エイミ
医療英会話の発音とリスニングの専門家。ER先生。舌トレ先生。英検先生。
20代後半から英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!」が信条。ERが大好き。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。