【ボディ】例文と発音

【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】

投稿日:2019年4月7日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

英語発音コーチのエイミです。

 

発表の中で重要なデータなどを示す時、この部分、重要です! と、英語でも伝えられていますか?

今回は、ネイティブおすすめの強調表現を6つ、発音のポイントと一緒にご紹介します!

 

 

【名詞の強調】draw your attention to を使う

 

直球で「ここに注目してください!」と分かりやすく伝える表現です。

このフレーズは、draw のローの部分で口の奥に空間を作り、口の奥の方を広く使って発音すると、良く伝わります。

 

 

例文

Now, I’d like to draw your attention to the sudden decrease in values at this point.

ここでは、この地点で数値が急降下していることに注目していただきたいと思います。

 

フレーズの使い方のポイントとしては、draw your attention to の後に入れられるのは名詞だけ ということです。

つまり、「〇〇に注目してください」はこのフレーズで対応できますが、「SがVであることに注目してください」と言いたい時には、別の言い方が必要になります。

 

【文章の強調】emphasizeなどを使う

 

何々がナニナニであること に注目してもらいたい場合には、この2つのフレーズが便利です。

that節を使う長い文章を口にする時は、区切る場所を意識しましょう。

途中で区切る場合は、〜is, / that〜 と、be動詞まで that以下 をそれぞれひとまとめにして発音します。

~is that, / ~ は、不自然で通じにくくなります。

接続詞のthatは 早口+小声 がセオリーなので、ほとんど聞こえないくらいで構いません。

 

例文

I’d like to emphasize that values begin to fall at this point.

この時点で数値が下がり始めていることを強調したいと思います。

 

The important point here is that there were no cases at all of dragged disks.

ここで重要なことは、牽引乳頭の症例が皆無だったことです。

 

 

 「If」を使う

 

3つ目は、ifを使う強調表現です。

このifは、「これを見たら、ほら、こうなっているでしょう?」というニュアンスで使われます。

 

例文

If we look at the graph on the right, we can see a significant improvement in recovery times.

右の図を見ていただくと、回復までの期間に顕著な改善を認めることができます。

 

右のグラフ、左のグラフの表現は、the right graph、the left graph よりも、

・the graph on the right
・the graph on the left

と表現すると自然です。

 

right 、left は R L の発音を間違えるとかなり通じにくくなるので要注意です。

RなのかLなのか、意識して発音するようにしましょう!

 

 

疑問形を使う

 

最後は、疑問形を使ってオーディエンスの意識を引きつける強調表現です。

「〜でしょうか?」と言われると、つい気になって、顔を上げて話を聞いてしまいますね。

とても効果的なフレーズですので、ここぞというところでぜひ使っていきましょう。

 

疑問文は、形によって 語尾のトーンを上げるか、下げるか が決まっています。

 

疑問文の語尾のトーン

【be動詞・一般動詞で始める疑問文(答えはYESかNO) → 上げる】

Are you a doctor? ⤴
Do you have a reservation? ⤴

【What / When / Why / Where / Howなどを使う疑問文 → 下げる】

When did you arrive? ⤵
What time’s good for you? ⤵

 

YES/NO疑問文は上げるWH疑問文は下げるが基本ですので、下の例文はどちらも下げて発音します。

 

例文

OK, what does this result tell us about the device?

では、この結果は、この機器について我々に何を示しているのでしょうか?

 

So, what can we conclude from this result?

では、我々はこの結果からどんな結論を導くことができるでしょうか?

 

 

まとめ

今回は、「ここ、重要です!」を英語で伝えるための表現をご紹介しました。

使うフレーズを決めたら、そこで安心せず、声に出して何度も練習することが大切です。

カタカナ発音ではどうしても伝わりにくくなることがありますので、今回お伝えした発音のポイントを意識しながら、音読をしてみてください。

そして、発音は大事ですが、完璧でなくても大丈夫!

 

エイミ

原稿を見ずに口から出せるようになるまで

心を込めて練習しましょう。

一番大切なのは「心」です!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

-【ボディ】例文と発音

執筆者:

関連記事

【動画】First を正しく発音するコツ

エイミ こんにちは! 英語発音コーチのエイミです。   発表の流れや、手術の手順など、なにかの順序を説明する時には、   First,  はじめに、 Next,  次に、 Thir …

【英語の発表例文】「(みんな知っての通り)~ですので」を自然に言う方法

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   発表の中で、業界 …

【英語の発表フレーズ】ネイティブが使う talk about 以外の5つの表現

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   一度の発表の中で …

【英語の発表 例文】人の心を掴む疑問形、使ってますか?

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   プレゼンスキルと …

 

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  3. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  4. mmHg を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  5. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  6. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  7. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  8. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  9. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  10. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 日本の「ソーシャルディスタンス」使い方は正しい? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【3】
  13. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  14. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  15. 【学会レポ】座長編 英語例文「演者への謝辞とフロアへの質問呼びかけ」
  16. 「オーバーシュート」は通じる?「感染爆発」英語でどう言う?
  17. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  18. 【医療者の英語表現】「血がサラサラ」「ドロドロ」どう言えばいい?
  19. 「集団免疫」英語でどう言う? 発音&聞き取りが難しめなので解説します
  20. 【英語の発表】「ここ、重要です!」の英語表現6つ【発音のコツ付き】
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。