医療系英単語の発音

通じないカタカナ医学英語 まとめ【2】

投稿日:2018年12月26日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、

アクセントの位置が間違っているカタカナ医学英語 

を6つまとめて、正しい発音をご紹介していきます!

 

英語はアクセント(はっきり発音する音)の場所を間違えると一気に通じなくなる ということ、ご存じでしょうか?

「ドレナージ」や「検体」などの基本ワードも入っているので、ぜひチェックしてみてください!

 

Dr.ゴリラ

それでは行ってみよー!

 

 

1. ノデュール 小結節

 

正しい発音

nodule /náːdʒuːl/  ジュウ(デュウでもOK)

 

結節は デュー ではないです。

 

最初の音にアクセントを置いて、

ジュウ

です。

 

医療ドラマ ER から、ネイティブの発音を聞いてみましょう!

 

「気になる結節があるんですよ。」

” Well, we found some abnormal ジュウズ that are concerning. “

 

Dr.ゴリラ

ほんまやー!

nodule は ジュウ なんや!!

 

 

2. ドレナージ 

 

正しい発音

drainage /dréɪnɪdʒ/  ドゥレイネジ

 

ドレナー ではなく、ドゥレイネジ です!

 

エイミ

レの音にアクセントを置きましょう!

 

 

3. スピシーマン、スペーシマン 検体

 

正しい発音

specimen /spésəmɪn/  セメン

 

確かにスピシーマンっぽいつづりです!

でもアクセントの位置は シー ではありません。

 

pe を強く読んで、セメン です。

ドラマ FRIENDS から、音声を聞いておきましょう!

 

サンプルは部屋の中。」

” My スセメン’s in the room. “

 

 

4. コホート

 

正しい発音

 

ホー じゃないんです。

 

コにアクセントで、

ホーt 

です。

 

この単語のお話をした先生みなさん、「えー! アクセント、コ なんですか??」と、びっくりされます。

ホーなのか ホーt なのかで、音がまったく違ってしまいますね。

アクセントの位置、すごく大事です!

 

 

5. インフォームドコンセント

 

正しい発音

informed consent /ɪnfɔ́ːrmd kənsént/  インフォームd コンンt

 

この言葉は一般にもかなり浸透していますが、アクセントの位置が思い切り間違っています。

問題はコンセントにあります。

ンセント ではなく、コンント です。

ストレス音は セ !

 

ER からネイティブの発音をどうぞ!

 

「ハリスさん、息子さんの治療の同意書にサインをお願いします。」

” Mr. Harris, I need you to sign this コンンt for medical treatment for your son.”

 

 

6. カダバー 手術研修に使う遺体

 

正しい発音

cadaver /kədǽvər/  ダァ ヴァ

 

真ん中の ダ に強勢を置いて、

ダァ ヴァ

と発音します。

 

リアルでは使うことの少ないワードかもと思いますが、外科医の先生と

カダバはどう発音するんだろう?

と最近盛り上がりましたので、入れてみました!

 

そして、医療ドラマにもちょくちょく出てくるんですね。

こちらは グレイズアナトミー からどうぞ!

 

オペの練習はやってきたし、」

” You practice on カダァヴァズ, “

 

ドラマに出てくるということは、英語ネイティブの一般の人は  ダァヴァ

がなんのことなのか、結構わかるのかもしれませんね。

 

 

【動画】nodule、specimen、consent を発音してみよう!

それでは、6つのうちの3ワードを練習してみましょう!

発音は 自分の身体を使って練習しないと絶対に上達しない ので、ぜひ一緒に発音してみてくださいね!

 

 

 

この記事のまとめ

今回は、アクセントの位置に気を付けたい医学英語・統計英語 を6つまとめました!

 

◆ drainage  ドゥレイネジ

◆ nodule  ジュウ

◆ specimen  ス セメン

◆ cohort  コウ ホーt 

◆ informed consent  インフォームd コンンt

◆ cadaver  カ ダァ ヴァ

 

ほかにも、アクセントの位置の落とし穴 は実はたくさんあります。

この記事の下にある無料メルマガ「メディカル英語講座」でほかの要チェックワードも紹介していますので、良かったら登録してみてください^^

不要になればいつでも登録解除できます!

 

それでは今日はここまでです!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

興味のある方はこちらもぜひどうぞ!

【腹腔鏡】の正しい発音を知ろう!

 

 

-医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

【第115回】3つのアの練習- gram と drug のアは違う音です!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回のポッドキャストでは、 ミリグラム(milligram)と「英語の3つのア」 の発 …

【第92回】二つのウの練習- pull と glucose のウは違う音です!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     当記事でご紹介しているポッドキャストは、個別レッスンを受講してくださっている生徒さんの …

【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今日は、異型〇〇 …

【タキサン系薬剤3種類】を英語で正しく発音しよう!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   この記事では、タ …

通じないカタカナ医学英語 まとめ【1】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、 母音( …

最新記事

  1. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  2. 保護中: TOEIC Part2 Q12
  3. 英検1級受験記【3】英作文・エッセイの「難キーワード」まとめ No. 2
  4. 保護中: TOEIC Part2 Q10
  5. 保護中: TOEIC Part2 Q24
  6. 【生徒さんの声】英語の口述発表猛特訓!成長が実感できた5週間でした
  7. 【第1回】t と s がくっ付く英語の発音のはなし
  8. コロナウイルス関連の論文が検索できる!『ludwig』を使いませんか
  9. 保護中: TOEIC Part2 Q25
  10. 英検1級【7】大谷翔平さんと水原一平さんの米報道に学ぶ英語表現
  11. 【第74回】生徒さんからの最近の質問まとめ 2022 【1】
  12. 【85回】nausea はノージアかノーシアか? 英語の濁音は清音化する
  13. “f”と “v” の発音のコツ【ERとフレンズで解説】
  14. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
  15. “th” の発音のコツ【ER・プリズンブレイク・グレイズアナトミーで解説】
  16. 「mEq」ミリイクイバレント を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  17. 「結果を踏まえると」【ER】症例検討会の英語表現 発音も解説【4】
  18. 保護中: TOEIC Part2 Q26
  19. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  20. 【リンパ腫】リンフォーマを英語で正しく発音するコツ
  21. 保護中: TOEIC7-1 Part3 Q35 1W3
  22. 保護中: TOEIC Part2 Q14
  23. zoom レッスンの始め方
  24. 【第32回】”inflammatory” は「インフラマトリー」ではありません
  25. 【第118回&120回】英検準1級のリスニング問題演習 5
  26. 【第70回】そのカタカナ英語、通じません! “デュアルエナジーCT” の発音練習
  27. 【第59回】白い巨塔「アメイジング・グレイス」の歌詞の意味 ~讃美歌に学ぶ西洋文化
  28. 【第62回】can と can’t がどうしても同じに聞こえる時
  29. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【7】NHKラジオビジネス英語学習法
  30. 「同意する」の consent、英語でちゃんと読めますか?
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。