医療系英単語の発音

通じないカタカナ医学英語 まとめ【2】

投稿日:2018年12月26日 更新日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

エイミ

こんにちは!

学会英語発音コーチのエイミです。

 

今回は、

アクセントの位置が間違っているカタカナ医学英語 

を6つまとめて、正しい発音をご紹介していきます!

 

英語はアクセント(はっきり発音する音)の場所を間違えると一気に通じなくなる ということ、ご存じでしょうか?

「ドレナージ」や「検体」などの基本ワードも入っているので、ぜひチェックしてみてください!

 

Dr.ゴリラ

それでは行ってみよー!

 

 

1. ノデュール 小結節

 

正しい発音

nodule /náːdʒuːl/  ジュウ(デュウでもOK)

 

結節は デュー ではないです。

 

最初の音にアクセントを置いて、

ジュウ

です。

 

医療ドラマ ER から、ネイティブの発音を聞いてみましょう!

 

「気になる結節があるんですよ。」

” Well, we found some abnormal ジュウズ that are concerning. “

 

Dr.ゴリラ

ほんまやー!

nodule は ジュウ なんや!!

 

 

2. ドレナージ 

 

正しい発音

drainage /dréɪnɪdʒ/  ドゥレイネジ

 

ドレナー ではなく、ドゥレイネジ です!

 

エイミ

レの音にアクセントを置きましょう!

 

 

3. スピシーマン、スペーシマン 検体

 

正しい発音

specimen /spésəmɪn/  セメン

 

確かにスピシーマンっぽいつづりです!

でもアクセントの位置は シー ではありません。

 

pe を強く読んで、セメン です。

ドラマ FRIENDS から、音声を聞いておきましょう!

 

サンプルは部屋の中。」

” My スセメン’s in the room. “

 

 

4. コホート

 

正しい発音

 

ホー じゃないんです。

 

コにアクセントで、

ホーt 

です。

 

この単語のお話をした先生みなさん、「えー! アクセント、コ なんですか??」と、びっくりされます。

ホーなのか ホーt なのかで、音がまったく違ってしまいますね。

アクセントの位置、すごく大事です!

 

 

5. インフォームドコンセント

 

正しい発音

informed consent /ɪnfɔ́ːrmd kənsént/  インフォームd コンンt

 

この言葉は一般にもかなり浸透していますが、アクセントの位置が思い切り間違っています。

問題はコンセントにあります。

ンセント ではなく、コンント です。

ストレス音は セ !

 

ER からネイティブの発音をどうぞ!

 

「ハリスさん、息子さんの治療の同意書にサインをお願いします。」

” Mr. Harris, I need you to sign this コンンt for medical treatment for your son.”

 

 

6. カダバー 手術研修に使う遺体

 

正しい発音

cadaver /kədǽvər/  ダァ ヴァ

 

真ん中の ダ に強勢を置いて、

ダァ ヴァ

と発音します。

 

リアルでは使うことの少ないワードかもと思いますが、外科医の先生と

カダバはどう発音するんだろう?

と最近盛り上がりましたので、入れてみました!

 

そして、医療ドラマにもちょくちょく出てくるんですね。

こちらは グレイズアナトミー からどうぞ!

 

オペの練習はやってきたし、」

” You practice on カダァヴァズ, “

 

ドラマに出てくるということは、英語ネイティブの一般の人は  ダァヴァ

がなんのことなのか、結構わかるのかもしれませんね。

 

 

【動画】nodule、specimen、consent を発音してみよう!

それでは、6つのうちの3ワードを練習してみましょう!

発音は 自分の身体を使って練習しないと絶対に上達しない ので、ぜひ一緒に発音してみてくださいね!

 

 

 

この記事のまとめ

今回は、アクセントの位置に気を付けたい医学英語・統計英語 を6つまとめました!

 

◆ drainage  ドゥレイネジ

◆ nodule  ジュウ

◆ specimen  ス セメン

◆ cohort  コウ ホーt 

◆ informed consent  インフォームd コンンt

◆ cadaver  カ ダァ ヴァ

 

ほかにも、アクセントの位置の落とし穴 は実はたくさんあります。

この記事の下にある無料メルマガ「メディカル英語講座」でほかの要チェックワードも紹介していますので、良かったら登録してみてください^^

不要になればいつでも登録解除できます!

 

それでは今日はここまでです!

 

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!!!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

興味のある方はこちらもぜひどうぞ!

【腹腔鏡】の正しい発音を知ろう!

 

 

-医療系英単語の発音

執筆者:

関連記事

「基礎疾患」英語でどう言う? 新型コロナ関連の英語表現&発音 まとめ【2】

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   この記事は、新型 …

「mEq」ミリイクイバレント を英語で正しく読もう!【ERで解説】

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今 …

penis の発音はペニスではないという真面目な話

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、泌尿器科 …

pn か ps で始まる医学英語は「P」読まない!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 学会英語発音コーチのエイミです。   今回は、「サイレ …

「ソーシャルディスタンス」英語でどういう? 新型コロナ関連の英語表現&発音まとめ【3】

  この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   こ …

  1. 【英語でスライド作成】おすすめ書体はArial、Segoe、Helvetica
  2. penis の発音はペニスではないという真面目な話
  3. 【学会レポ】質疑応答編 英語の例文「最初の一言」
  4. 【学会レポ】座長編 英語例文「セッションを始める」
  5. 【ドラマでわかる】「ウォウ」と「ワオ」の使い分け
  6. 「nm、mm、cm、mm3、μm」の英語の発音をわかりやすく
  7. 【第13回】「There’s」は「ゼアズ」ではありません! ネイティブの発音を解説
  8. 【学会レポ】Vol.13 発表は「1分100ワード」で話せ
  9. 【第17回】知ってる?「Didn’t」の発音は「ディドゥント」じゃないっていう話
  10. 「少し前に来て」「後ろに下がって」「上に上がって」「下に下がって」を英語で
  11. 【L、dL、mL、µL】を英語でちゃんと発音するコツ
  12. 【学会レポ】質疑応答編 英語例文「答え方に困った時の一言」
  13. 【医療者の英語表現】「~の疑いがある」ネイティブはどう言う?
  14. 【学会レポ】座長編 英語の例文「質疑応答をコントロールし、セッションを締めくくる」
  15. 【atypical】を アティピカル と読んでいる人、間違ってますよ!
  16. 【食道の英語】「エソファーガス」が通じないのはなぜ?
  17. 大静脈【vena cava】の発音は「ベナカバ」じゃない!
  18. 「mg/m2」を英語で正しく読もう!【ERで解説】
  19. 【第42回】as は「アズ」じゃない! as as 構文の発音のコツ
  20. 【第31回】アーテリーではない「artery(動脈)」
医学英語・学会英語発音コーチ
エイミ
英語の発声・発音改善の専門家。日本人にとっての理解しやすさを追求した音声解説と、「トレーニングは楽しく!!」が信条。英語は読み書きもできず、センキュー以外何も言えなかったところから習得をスタート。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 915点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。