あれこれ ポッドキャスト

【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2

投稿日:

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回は「スタンフォード式人生を変える運動の科学(原題:The Joy of Movement)」という2020年発刊のベストセラー本を日本語と英語で交互に読み、英語学習していく記事の続きです。

最初の記事はこちら

この本から ネイティブの一流研究者がどんな英語表現を使って研究結果を伝えるのか というようなところを、書籍の中のごく一部にはなりますが皆さんにシェアできたらなと思っています!

Dr.レン

ラジオは通常速度で14分37秒だよ。
大事なところだけ聞きたいあなたは 01:45 からどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

 

一日の平均歩数が〇歩を切ると人は鬱傾向になる

エイミ

こんにちは!

医学英語発音コーチのエイミです。

 

前回の記事 では本書から「運動と内因性カンナビノイドという脳内物質との関わり」について書かれている箇所を主に取り上げ、いくつかの英語表現をご紹介しました。

次がこの書籍から今回ご紹介する最後の箇所です。

本書には歩数とうつ病や不安症との関わりについての興味深いデータが掲載されており、なんと「一日の平均歩数が〇歩を切ると人は鬱傾向になる」という数値があるそうです。

少し長いですがこの部分を日本語と英語で読んでいきます。

英語の勉強をしましょう!

 

そのほかアメリカとイギリスの研究では、適度に運動をしている成人たちに一定の期間、座っている時間の多い生活をしてもらい、健康状態が悪化するかどうかを観察した。 

Other experiments in the U.S. and the UK have forced moderately active adults to become sedentary for a period of time, only to watch their well-being wither. 

● sedentary /séd(ə)ntèri/ (形)   座りっぱなしの。

● well-being    健康で安心なこと。

● wither (動) 衰える。弱まる。

● watch A do   Aがdoするのを観察する。

↑この文章からは

“この研究では誰々に(嫌なことを無理に)~してもらった。人に~させた。”

The experiments have forced SB to do. 

の表現に注目したいと思います。

force(強いる)という動詞を使っていることで研究の性質が大変わかりやすく、この表現には筆者の人間味や感性の豊かさを感じられるように思います。

 

普段運動している人たちが2週間ほぼ座りっぱなしの生活をしたところ、不安や疲労感や敵愾心が強まった。

Regular exercisers who replace physical activity with a sedentary activity for two weeks become more anxious, tired, and hostile. 

● anxious /ǽŋ(k)ʃəs/(形)不安で。

● hostile /hɑ́ːst(ə)l/(形)他者への不満や攻撃性がある。敵愾心がある。

また無作為に選んだ成人を対象に1日の歩数を減らしたところ、88%の人たちに気分の落ち込みが見られた。

When adults are randomly assigned to reduce their daily step count, 88 percent become more depressed. 

↑こちらは最後の一文がとても勉強になります。

“無作為に選んだ誰々に~してもらったところ。~してもらうために誰々を無作為に選んだところ。”

When SB are randomly assigned to do, 

“(結果として)Xパーセントの人に(さらに)~の兆候が見られた。”

X percent become (more) adj. 

 

座りっぱなしの生活では、1週間もしないうちに人生の満足度は31%も低下した。

Within one week of becoming more sedentary, they report a 31 percent decline in life satisfaction. 

毎日の平均歩数が5649歩を切ると、不安や気分の落ち込みなどの症状が現れた。

The average daily step count required to induce feelings of anxiety and depression and decrease satisfaction with life is 5,649. 

● induce  <ある症状など>を誘発する。引き起こす(cause)。

● anxiety/æŋzá(ɪ)əti/   不安感。anxious の名詞形。

↑こちらからは

“~が現れる、みられるのに必要な X の平均値は A だ。”

 The average X required to do is A. 

という表現が私は気になりました。

 

一方、平均的なアメリカ人の1日の歩数は4774歩、世界の平均は4961歩という状況だ。

 The typical American takes 4,774 steps per day. Across the globe, the average is 4,961.

↑”世界の平均は~だ。” が

Across the globe, the average is…

なのは響きがとてもかっこいいですね。

Across the ~, the average is… でいろいろ使えそうです!

 

ということで、1日5649歩を切ると不安や鬱の症状が強まるそうなので、出来るだけ毎日6000歩くらいは歩いた方が良いようですね。

ご紹介した英語表現で皆さんのお役に立ちそうなものがありましたらぜひ使ってみてください。

 

ポッドキャストでも一緒に学習しましょう!

 

Dr.レン

ラジオは通常速度で14分37秒だよ。
大事なところだけ聞きたいあなたは 01:45 からどうぞ!

 

アップルポッドキャスト、グーグルポッドキャストからも「エイミ」で検索!

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/

(アイコンをクリックで登録画面へ移動します)

 

 

今回のまとめ

今回はスタンフォード大学の研究者であるケリー・マクゴニガルさんの「スタンフォード式人生を変える運動の科学(The Joy of Movement)」を日本語と英語で交互に読み、英語学習をしていきました。

注目した英語表現をまとめます。

・これらの研究では、適度に運動をしている成人たちに一定の期間、座っている時間の多い生活をしてもらった。(望まないことを強制的にしてもらった。) 

These experiments have forced moderately active adults to become sedentary for a period of time.

・無作為に選んだ成人を対象に1日の歩数を減らしたところ、88%の人たちに気分の落ち込みが見られた。

When adults are randomly assigned to reduce their daily step count, 88 percent become more depressed. 

・毎日の平均歩数が5649歩を切ると、不安や気分の落ち込みなどの症状が現れた。

The average daily step count required to induce feelings of anxiety and depression and decrease satisfaction with life is 5,649. 

・世界の平均(1日歩数)は4961歩だ。

 Across the globe, the average is 4,961.

 

今回この著書を英語原本で読んでみて、日本人の科学者や研究者の先生方に参考にして頂ける英語表現がたくさん出てきているんじゃないかなと感じました。

私はこういった本が結構好きなので、またそのうちに別の本も英語原本と照らし合わせてみようかなと思います。

それではまた一緒に英語学習しましょう!

 

 

-あれこれ, ポッドキャスト

執筆者:

関連記事

【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、アルファ …

【第14回】「基礎代謝」と「メタボリックシンドローム」の発音練習

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今回は、多くの日 …

【第129&130回】英検準1級のリスニング問題演習 6

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     今回は英検準1級のリスニング問題パート1解説シリーズ6回目です。 リスニング地力を上げ …

驚異の開封率!?『平均開封率70%』は読者の皆さんのおかげです

  エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   私は2019年11月半ばに 医学英語のメルマガ講座 を始め、今で丸5カ月が経ちました。 はじめは「読んでくださる方が …

【第24回】オーストラリア英語の聞き取り練習(TOEICとERで解説)

この記事が役に立ったら、フォローお願いします!/ (アイコンをクリックで登録画面へ移動します)     エイミ こんにちは! 医学英語発音コーチのエイミです。   今日は オースト …

最新記事

  1. 【第76回】日本人にとって英語習得はどれくらい大変なのか!
  2. 40代ずぼら英会話【5】ドラマで英語学習2:ガチでやるならディクテーション
  3. エブリデイLISTENING スタート前のご案内
  4. 英検準1級をS-CBT形式で受験してみた!当日の流れと注意点まとめ
  5. 【第101回】医療の英語表現〜解放骨折とCT撮影
  6. 【第12回】EKG、MI、DVT…英語の略語を発音するコツ
  7. 英検1級受験記【5】エピジェネティクス ~「後天的遺伝子修飾」とは?
  8. 【第54回】全然違う音なんやで! She と See の発音方法を1分で解説
  9. 【動画】「Good morning / afternoon / evening」の発音をわかりやすく
  10. 「英語はたくさん聞けば慣れる」なんて嘘。ドラマの英語学習は【第1話だけ】でいい!
  11. 【第44回】ネイティブのぼそぼそ発音を「逃亡者」を観ながら解説していきます
  12. 【第26回】「大動脈瘤の最先端治療を行っています」ER で発音練習
  13. 【第74回】生徒さんからの最近の質問まとめ 2022 【1】
  14. 【第83回】全身麻酔の説明・問診・声掛け、英語でどう言う?
  15. 【学会レポ】留学せずに英語でスラスラ発表している人がやっていること【子音編】
  16. 【第104回】英語でチャット〜ポッドキャスト配信アプリのスタッフさんと
  17. 【第82回】スタンフォード大学研究者の著書から学ぶ発表に役立ちそうな英語表現 2
  18. おっさん頑張れ!40代ずぼら英会話【3】「漫画で英語学習」はこうすれば上手くいく
  19. 【学会レポ】Vol. 8「発音ミス続出の英単語 まとめ」
  20. 【生徒さんの声】スウェーデンの人たちと医療について語り合いたい!
  21. 【第64回】「モーニングサービス」は朝食じゃないよ!キリスト教用語です
  22. 【第100回】英検準1級のリスニング問題演習 2
  23. 「オーバーシュート」は通じる?「感染爆発」英語でどう言う?
  24. 40代ずぼら英会話【6】海外ドラマで英語学習3:しんどい時は手抜きでOK!
  25. 【第84回】iPhoneの「Live Text」で大量の英語表現をメモアプリに保存する方法
  26. 【第61回】英語で「は?」と聞き返されても気にしない。受け止め方と対処法
  27. 【第108回】診療英会話〜穿刺の治療方法を説明する
  28. 【学会レポ】Vol.11 英語が上手い人はみんなやっている! 発音全体を底上げする発声法
  29. 【第52回】5分で「カテーテルを入れる」の英語発音をマスター!動詞はアレを使います
  30. 【第69回】”英語喉” KAZ先生の「喉ブレーキをかけない」の意味を解説
医学英語発音コーチ
エイミ
発音、リスニング、医療英会話、TOEIC、英検の指導・対策が得意分野。20代後半になってから英会話習得をスタートし、最初は「センキュー」以外一言も話せない英語音痴だった。日本人にとっての理解しやすさを追求した解説と「トレーニングは楽しく!!」が信条。University of Baguio, Associate in Hotel and Restaurant Management卒。TOEIC 935点。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ。